新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
ロボットによる自動化の進化と新産業への適応【第2回】
デジタルクロス
|
これまでのロボットは主に、産業用ロボットとして登場し発展してきた。最初の産業用ロボットは、1960年にエンゲルバーガー氏が率いる米ユニメーションが実用化した「ユニメート」だと言われている。
4Picks
スマイルロボ、NEDO STS事業に採択! 食器を下げられるロボットの開発加速!
マッシュメディア
|
元Googleのロボットエンジニアにより設立されたスマイルロボティクス株式会社は、「モバイルマニピュレーター型自動下膳ロボット」の開発に取り組んでいる。 そしてこのたび、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開
5Picks
ペンシルベニア州立大が自己修復するソフトロボット用材料! イカのタンパク質を模倣
マッシュメディア
|
ソフトロボットのアクチュエータは、繰り返しの運動に耐え、摩耗が修復しやすいものが求められている。 こうしたなかペンシルベニア州立大学の研究チームは、イカに含まれるタンパク質を模倣して、自己修復可能な材料を開発した。
2Picks
【きょうのセール情報】Amazonタイムセールで、1,000円台のクリップ式で着脱簡単な車用スマホホルダーや9ポケットの着脱する仕切り付き多機能収納ボックスがお買い得に
ギズモード・ジャパン
|
Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2020年8月3日は、1,000円台のクリップ式で着脱簡単な車用スマホホルダーや9ポケットの着脱する仕切り付き多機能収納ボックスなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。
41Picks
感染心配せずコミュニケーション 衣装付きロボットをレンタル
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染の心配をせずにコミュニケーションができる、家庭用のロボットとその衣装をレンタル…
20Picks
マスク転売規制を廃止へ 品薄改善で来月中にも
テレ朝news
|
政府は、品薄の状態が改善されたとしてマスクの転売規制を廃止する方針を固めたことが分かりました。  新型コロナウイルスの影響で品薄が続いていたマスクについて政府は、3月から家庭用、医療用、産業用のそれぞれで購入した値段よりも高値で転売する行為を法律で禁止しました。その後、マスクの供給量が増えて1枚あたりの価格は最安値で7円にまで下がりました。政府関係者によりますと、こうした状況を受けて転売規制...
3Picks
IIoTを巡る覇権争い、正しいプラットフォームの選択に必要な考え方
MONOist
|
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第5回では、数多くの参入企業がある≪IIoTプラットフォーム≫について解説する。
57Picks
中国で生産設備の受注回復。工作機械4カ月連続増、ファナックは44%の伸び
ニュースイッチ
|
コロナ禍で世界経済に逆風が吹き荒れる中にあって、中国での工作機械など生産設備の需要が回復著しい。日本メーカーの中国からの工作機械受注額は6月まで4カ月連続で前月比で増加し、産業用ロボットも増加傾向が続いている。先進国に先駆けて、いち早く新型コロナウイルス感染が収束に向かい、政府のインフラ投資や消費刺激策も奏功した。一方で米中貿易摩擦が再び悪化に転じるなど、先行きを懸念する声も挙がる。 「今後...
10Picks
互いに協力できる倉庫用ロボットのDexterityがステルスを脱して60億円相当を調達
TechCrunch Japan
|
Dexterityは今週ステルスを脱し、複数のロボットがコラボレーションするシステムを作るための、フルスタックのソリューションを発表した。そのハードウェアとソフトウェアから成るシステムは、大箱からの個別製品の取り出し(ピッキング)や、その逆の荷詰め(パッキング)など、主に倉庫の荷受け配送部門やロジスティクスで必要になるさまざまなタスクをこなす。 画像クレジット:Dexterity ベイエリア...
13Picks
産業用5Gを推進する「5G-ACIA」、製造業ではどう生かす?
MONOist
|
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは2020年7月14~15日に初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催した。本稿では、キーノートスピーチの1つに登壇した5G-ACIA 議長のアンドレアス・ミュラー(Dr. Andreas Mueller)氏による「5G for the Industrial IoT(産業用IoTのための5G)」...
10Picks
ロボットは高次元な仕事へ人を後押ししてくれる
ニュースイッチ
|
ロボット導入のメリットと言えば、人件費削減や生産性向上が挙げられる。それだけにとどまらず、ロボットの活用は従業員に働きやすい職場を提供して“人手不足倒産”を回避し、イノベーションのチャンスも広げてくれる。持続可能な開発目標(SDGs)のゴール9で掲げられた「持続可能な産業」や「イノベーションの推進」にロボットが貢献する。 茶色やバラ色の製品が、間隔を空けずに搬送装置を流れていく。新潟市南区に...
15Picks
世界で急伸する「自動配達ロボット」Nuroの野望
Forbes JAPAN
|
元グーグルのエンジニア2人が立ち上げた、自動運転テクノロジー企業「Nuro(ニューロ)」は2018年初旬にステルスモードを抜け出し、宅配用の小型ロボットを世間に公開した。彼らがその当時、自動運転車やロボットタクシーではなく、デリバリーロボッ・・・
10Picks
室内を紫外線で消毒する3Dマッピング搭載の自律型ロボ「SmartGuardUV」
TechCrunch Japan
|
Fetch(未訳記事)は、Amazon(アマゾン)などと直接競合して成功を収めた倉庫作業用ロボットで確かによく知られている。しかしうまくやっている自律型ロボティクスのプラットフォームはどこもそうだが、Fetchもさまざまな懸念の解決に適応できるようモジュール式のシステムを提供している。 ここ数カ月の新型コロナウイルスのパンデミックの中で、数え切れないほどの企業が、そしてFetchも自社技術の...
52Picks
元グーグルのロボティクス担当ディレクターが家庭内で動き回るロボットのプラットフォームを発表
TechCrunch Japan
|
ロボットの名前はStretch(ストレッチ)。厳密に言うならStretchの研究エディションだ。背が高くてガリガリでミニマルな家庭用ロボットのデザインをまさに表している名前だとう。単純でテクニカルなデザインのStretchは、ちょっと変わっているがなんとなく親しみを感じる。標準的なロボティクスの要素を多数取り入れた設計で、家の中を動き回り、邪魔になりそうなときにはよけることができる多目的のマ...
18Picks
ロボットは人間の代わりに有能な「政府のリーダー」になれるのか?
Forbes JAPAN
|
人工知能とロボットが様々なホワイトカラー業務を自動化することで、第四次産業革命は労働市場に大混乱を引き起こすと予測されていますが、この科学的な調査結果に該当しない職業があります。それは、最も批判され、詮索され、冷笑される職業の1つ、政府の指・・・
43Picks
太陽光で走り続けるEV実現へ、高効率な車載パネルをシャープら製作
Engadget 日本版
|
シャープとNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、NEDO事業で開発した変換効率31.17%と世界最高水準を誇る太陽電池モジュールを使ったEV用太陽電池パネルを制作しました。同パネルは1kWを超える定格発電電力を達成し、ユーザーの利用パターン次第では、年間の充電回数をゼロにできると試算しています。 NEDO事業で開発した変換効率31.17%の太陽電池モジュールは、約...
17Picks
東大卒リケジョが2人目を出産後、いきなり地方で農業の世界に飛び込んだワケ - 保守的な業界にどう風穴を開けたか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
大学、大学院では産業用機械の制御を学び、工業寄りのキャリアを築いてきた加藤百合子さんが、子どものころに関心を持っていた農業をやろう
222Picks
あの四脚ロボSPOTが800万円で市販開始。ボストン・ダイナミクスがストア開設
Engadget 日本版
|
Boston Dynamics 産業用ロボットの開発企業ボストン・ダイナミクスがオンラインストアを開き、四脚ロボ SPOT の市販を開始しました。 滑っても蹴られても立ち上がる生物的な動きでたびたび話題になったあの四足歩行ロボットの最新モデルを、7万4500ドル(約800万円)から購入できます。 ボストン・ダイナミクスといえば、2000年代前半に生物的な四脚ロボ BigDog の動画で一躍有...
13Picks
ドイツの産業用ロボット向けノーコードプログラミングスタートアップのWandelbotsが約32.2億円を調達
TechCrunch Japan
|
ドイツのドレスデンに拠点を置くWandelbotsは、83Northが主導したシリーズBで3000万ドル(約32億2000万円)を調達した。他にNext47ならびにMicrosoftのM12ベンチャー投資部門も今回の調達に参加している。Wandelbotsは、非プログラマーが産業用ロボットに簡単にタスクを「教える」ことができるようにすることを目指すスタートアップだ。 Wandelbotsは調...
10Picks
自動運転の配送サービス実現へ、技術開発事業の実施者を公募中 NEDO、事業規模は3億円
自動運転ラボ
|
国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)が現在、「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の実施者の公募を実施中だ。 新型コロナウイルスの影響で宅配の需要が急増する […]
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア