新着Pick
SPD14KN526YFWFNA
コンビニエンスストア
JPN

コンビニエンスストア 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
コンビニエンスストア
主に食料品、日用品を中心に多品種の商品を取り扱う小規模小売店で、年中無休、長時間営業を基本とする商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
コンビニエンスストア/8月既存店売上1.9%減、6カ月ぶりのマイナス
流通ニュース
|
日本フランチャイズチェーン協会が発表した8月度のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高8972億1200万円(前年同月比1.9%減)、来店客数12億7215万6000人(6.5%減)、平均客単価7 […] The post コンビニエンスストア/8月既存店売上1.9%減、6カ月ぶりのマイナス first appeared on 流通ニュース.
2Picks
8月コンビニ既存店売上高は前年比1.9%減、6カ月ぶりマイナス
Reuters
|
[東京 21日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した8月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比1.9%減の8972億円と、6カ月ぶりのマイナスとなった。
2Picks
コンビニ売上高1.9%減=コロナ再拡大響く―8月
時事通信社
|
 日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した8月の全国コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は、前年同月比1.9%減の8972億円と6カ月ぶりにマイナスに転じた。新型コロナウイルス感染再...
11Picks
ローソン、中国での店舗が4000を突破 2025年度目標の1万店に向けて出店加速
財経新聞
|
コンビニエンスストア大手・ローソンの新店舗が10日、中国遼寧省瀋陽市にオープンしたことで、中国での出店店舗が4,000を突破した。
143Picks
使用済みペットボトルを回収せよ。飲料業界で活発化する異業種連携
ニュースイッチ
|
飲料業界で使用済みペットボトルの回収に向けた異業種連携が活発化している。全国清涼飲料連合会は他業界のメーカーや自治体などと組み、異物混入の少ないリサイクルボックスの実証実験を開始。キリンホールディングス(HD)は、ペットボトルの減容回収機を開発し、コンビニエンスストア店頭に配置した。ペットボトル回収の質を高め、プラスチック資源の循環を促進する。(高屋優理) 全清飲、異物混入防止を実証 全清飲...
20Picks
「セブン銀行」システム障害 入金遅れ すべて解消
NHKニュース
|
【NHK】コンビニエンスストアを中心にATM=現金自動預け払い機を展開する「セブン銀行」で、23日未明にシステム障害が起きました。…
15Picks
コンビニ各社、食品ロス削減に注力 2050年の目標達成に向け:時事ドットコム
時事ドットコム
|
コンビニエンスストアやスーパーなど大手小売り各社の間で、まだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」の削減に向けた取り組みが加速している。国連の持続可能な開発目標(SDGs)への関心が広がりを見せる中、ローソンの竹増貞信社長が「SDGsを基軸に経営を行っていく」と明言するなど、小売業界でも環境配慮を重要課題の一つに据える動きが顕著だ。新技術で総菜などの消費期限を延ばしたり、デジタル技術を活用...
10Picks
<コンビニ50年>セコマ赤尾社長に聞く 道産食材を活用、独自性重視
北海道新聞 どうしんウェブ
|
コンビニエンスストアの道内1号店となる「セイコーマートはぎなか店」が札幌市北区に誕生してから、10日で50年を迎えた。利便性と品ぞろえの豊富さで消費者の圧倒的支持を得ながら、相次ぐ出店で急成長...
46Picks
セブン&アイ、のれん代・1兆円超、隠れた減損リスク海外コンビニ「6万店」へ急拡大
ビジネスジャーナル
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)は6月26日、ガソリンスタンド併設型コンビニエンスストア・スピードウェイの買収について米連邦取引委員会(FTC)の同意命令案が承認されたと発表した。2020年8月、スピードウェイを傘下にもつ米石油精製大手マラソン・ペトロリアムが210億ドル(...
12Picks
米セブン-イレブンが2022年末までに北米250店舗にEV充電ステーション500基を設置
TechCrunch Japan
|
コンビニエンスストアはユビキタスだ。米国の消費者が購入するガソリンの圧倒的大部分を販売している。しかし多くの米国人が電気自動車(EV)に移行するにつれ、人々がコンビニに立ち寄る大きな理由は消失する。
226Picks
ローソンが電動キックボードのシェアサービス導入
テレ朝news
|
電動キックボードなどのシェアサービスがコンビニエンスストアに広がっています。  コンビニ大手「ローソン」は都内の5つの店に電動キックボードのシェアサービスの拠点を導入しました。  料金は初乗り10分110円です。  最高時速は15キロで自転車と同じ程度で、都内に200カ所以上ある拠点で借りたり返したりできます。  電動キックボードは密を避けられることから新しい移動手段として注目を集めています...
130Picks
DHC問題、コンビニ大手3社の対応は?専門家「取引先企業にも是正責任がある」
ハフポスト日本版
|
化粧品大手「DHC」が公式オンラインショップ上で、在日コリアンへの差別的な文章を掲載し、批判の声が上がっている。 Twitter上では、同社製品を取り扱うコンビニエンスストアの対応にも注目が集まっており、ハフポスト日本版はコンビニ大手3社に対応状況を取材した。 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社は、取材に応じ、いずれも取り扱いを続けていることを明らかにした。「現在のところ、取...
248Picks
サイゼリヤ、面積半分以下の小型店開業 都心のコンビニ「居抜き」狙う:時事ドットコム
時事ドットコム
|
サイゼリヤは7日、通常の店舗の4割ほどの床面積(120平方メートル)の小型店を報道陣に公開した。1号店を東京都練馬区に8日オープンする。客席が少なくキッチンを1人で回すことができる設計で、出店費用を従来の半分近くに圧縮。都心駅前のコンビニエンスストア跡地などへ居抜きでの出店拡大を目指す。
159Picks
注文殺到で出荷停止に アサヒビール「生ジョッキ缶」 技術の“融合”が生んだ一品だった
SankeiBiz
|
アルコール飲料の多様化が進む中、革新的な缶ビールが注目を集めている。アサヒビールの新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が6日、コンビニエンスストアで先行…
26Picks
3月コンビニ既存店売上高は前年比1.9%増、13カ月ぶりのプラス
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した3月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比1.9%増の8617億円と、13カ月ぶりのプラスとなった。
66Picks
競争激化のデリバリー業界に、ソフトバンク出資のゴーパフが挑む
Forbes JAPAN
|
ソフトバンクのビジョンファンドが出資する、食品と日用品のデリバリーサービス「ゴーパフ」が2021年3月23日、11億5000万ドルの資金を調達したと発表した。デジタル版コンビニエンスストアを謳う同社は、競争が激化するフードデリバリー業界で、・・・
312Picks
コンビニでスプーン有料化検討、小泉環境相「自分で持ち歩く人が増える」
読売新聞
|
政府は9日、事業者にプラスチック製品の削減を義務づけるプラスチック資源循環促進法案を閣議決定した。今国会に提出し、2022年4月の施行を目指す。環境省は成立後、省令でコンビニエンスストアのプラ製スプーンや飲食店のストロ
コンビニエンスストア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア