新着Pick
SPD14KN526YFWFNA
コンビニエンスストア
JPN

コンビニエンスストア 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
コンビニエンスストア
主に食料品、日用品を中心に多品種の商品を取り扱う小規模小売店で、年中無休、長時間営業を基本とする商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
【速報】包丁持ったコンビニ強盗 逃走中 東京・多摩市 30代くらいの男
FNNプライムオンライン
|
東京・多摩市で、包丁を持った男がコンビニエンスストアに押し入り、そのまま逃走している。 1日午後3時...
26Picks
売れ筋アイス「トップ300商品」ランキング最新版
東洋経済オンライン
|
このところ暑い日が続いている。数週間前と比べて、半袖で出歩く人が増えた。ところでスーパーマーケットやコンビニエンスストアでの商品には、「温」商品と「冷」商品がある。「温」はおでんなど、「冷」はアイス…
78Picks
大手コンビニ 生活雑貨の品ぞろえ強化の動き広がる
NHKニュース
|
【NHK】在宅勤務の普及などコロナ禍で変化した消費者の生活様式に対応しようと、大手コンビニエンスストアの間で化粧品や文具といった生…
22Picks
セルフレジ会計 混雑時に子どもにやらせるのは迷惑?スーパーでの親子の行動がSNSで物議
女性自身
|
近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで見かける機会の増えたセルフレジ。買い物客が自ら商...
26Picks
バリューアクト、セブン&アイ取締役候補支持 コンビニ集中求める
Reuters
|
[ニューヨーク 5日 ロイター] - 物言う株主(アクティビスト)の米バリューアクト・キャピタル(VAC)は5日、セブン&アイ・ホールディングスが示した取締役候補に支持を表明し、ガバナンス体制や事業戦略を見直す方針も歓迎した。その一方、コンビニエンスストアのセブンイレブンに経営資源を集中するよう改めて求めた。
26Picks
健康志向へのカウンターと自分へのご褒美? “濃い味飲料”ブームの背景
ORICON NEWS
|
昨今、スーパーやコンビニエンスストアでは、「濃厚」「濃いめ」をうたう飲料を見かける機会が多い。そのジャンルは多岐にわたっており、乳酸菌飲料や果実のジュース、お茶に炭酸飲料、さらに発泡酒やサワー、ハイボールなどのアルコールまで実に多彩なラインアップ。なぜこれだけさまざまな、“濃い味”飲料が発売されているのだろうか? その理由を考察していこう。
46Picks
ペイペイ、JR東系ニューデイズで4月中旬から順次導入 全国のほぼ全てのコンビニで利用可能に
産経ニュース
|
スマートフォンのQR決済大手PayPay(ペイペイ)が、全国のほぼ全てのコンビニエンスストアで利用可能になる見通しとなった。JR東日本の子会社が運営する「NewDays(ニューデイズ)」で、4月中旬からペイペイの導入が始まることが関係者への取材で9日分かった。ペイペイはサービス開始直後からコンビニ各社への導入を進めてきたが、JR東が自社の電子マネー「Suica(スイカ)」を優先する姿勢のため...
209Picks
ファミマ、文書60万通に印紙貼らず 1.3億円納付漏れを国税指摘
朝日新聞デジタル
|
コンビニエンスストア大手「ファミリーマート」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2021年6月までの複数年で印紙税計約1億3千万円の納付漏れを指摘されたことがわかった。フランチャイズ(FC)…
99Picks
プラスチック製フォークなど提供取りやめへ ファミリーマート
NHKニュース
|
【NHK】使い捨てのプラスチック製品の削減に向けた企業の取り組みが求められる中、大手コンビニエンスストアが、客に無料で渡しているプ…
57Picks
人気ラーメン店が自慢の味をあえて「カップ麺」化して安く売る、意外な理由
Diamond Online
|
スーパーやコンビニエンスストアに行くと、有名な人気ラーメン店が監修したカップ麺や冷凍食品を目にすることがよくある。お店の「自慢の味」が忠実に再現されていて、しかも安価で手軽に食べることができてしまう状態だ。これでは、わざわざお店まで行って「本物」を食べる必要がなくなってしまう。そのようなリスクを冒してまで、なぜラーメン店は商品化に踏み切るのか。その実態を探った。
96Picks
7&iHDはコンビニ以外撤退を、米バリューアクトが収益向上案
Bloomberg
|
米アクティビスト(物言う株主)のバリューアクト・キャピタル・マネジメントは8日(米国時間)、セブン&アイ・ホールディングス(7&iHD)にコンビニエンスストア事業に集中するよう求める収益向上案などを公開した。
87Picks
無人コンビニという新市場 レジなし「ローソンGO」も
Forbes JAPAN
|
大手コンビニエンスストアを中心に「無人コンビニ」への取り組みが拡大している。2017年に経済産業省がコンビニ各社と「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を発表したことに後押しされる形で、小売業界のDXは急速に加速しつつある。ここでは、企業の具・・・
78Picks
セブン、脱「鈴木路線」加速 コンビニ集中鮮明
産経ニュース
|
セブン&アイ・ホールディングスが、傘下の百貨店、そごう・西武を売却する検討に入った。2月中にも入札を実施する方向で、複数の投資ファンドなどが興味を示しているもよう。不振の百貨店事業を切り離して主力のコンビニエンスストア事業に集中する狙いで、カリスマ経営者としてセブン&アイの業態をコンビニ、スーパーから百貨店、専門店などに拡大した鈴木敏文名誉顧問の総合小売り路線からの転換点となりそうだ。
90Picks
ファミマ・2022年問題、旧サンクスのオーナー大量離脱の危機、本部への不満充満
ビジネスジャーナル
|
「そろそろ、No.1を入れ替えよう。」こう銘打った巨大広告が昨年の10月、渋谷駅前に突如現れた。広告主がコンビニエンスストア店舗数で業界2位のファミリーマートだったことから、業界最大手セブン-イレブンに対する挑戦状だとメディアはこぞって取り上げた。
52Picks
“空中ディスプレー” 非接触技術の無人レジ実証実験 コンビニ
NHKニュース
|
【NHK】空中に浮かび上がる画面を指で操作して支払いができる「非接触」の技術を使った無人レジの実証実験を、コンビニエンスストア最大…
57Picks
日本のUber Eats登録店舗数が15万店を超え、5年で1000倍
Engadget 日本版
|
Uber Eatsは1月24日、日本での登録店舗数が15万店を超えたことを発表しました。 Uber Eatsでの日本展開は2016年9月に東京で150のレストランパートナーとスタートをし、この5年でサービスエリアの拡大とともに、約1000倍にも及ぶ登録店舗数まで拡大したそうです。 レストランのメニューのデリバリー以外にも、近年ではコンビニエンスストアからスーパーマーケット、様々な専門店から、...
1612Picks
ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側
Diamond Online
|
コンビニエンスストア大手ファミリーマートの早期退職に応募が殺到している。当初は800人の枠だったが、想定以上の“人気”ぶりに本社は募集期間を当初の2月10日~21日から前倒し、2月3日~7日と期間も短縮した。社員の自由意志による募集のはずが、内部資料では社員を「応募勧奨」や「慰留」など4グループに分類していることも判明。伊藤忠商事出身社員への優遇も目立ち、社員の間で厭世観が広がっている。
1408Picks
【2030年予測】サブスクの先にある「未来の買い物」
NewsPicks編集部
|
日本の小売業の現在の商業販売額は144兆9650億円。百貨店や総合スーパー、コンビニエンスストアなど、さまざまなプレーヤーが参入し、経済の成長とともに市場規模が大きくなっていった。近年では、イン...
1069Picks
アマゾンがレジなし店舗最大3000店開設計画、21年までに-関係者
Bloomberg
|
米アマゾン・ドット・コムはレジのない新しいタイプの店舗「アマゾンゴー」を数年内に最大3000店をオープンさせる計画を検討中だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。積極的かつコストがかさむ事業拡大で、セブン-イレブンのようなコンビニエンスストアやサブウェイ、パネラ・ブレッドといったサンドイッチショップ、小さなピザ屋、タコスを売る移動販売車にとって脅威となる可能性がある。
コンビニエンスストア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア