新着Pick
SPD14KN526YFWFNA
コンビニエンスストア
JPN

コンビニエンスストア 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
コンビニエンスストア
主に食料品、日用品を中心に多品種の商品を取り扱う小規模小売店で、年中無休、長時間営業を基本とする商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
90Picks
時短営業セブン129店・ローソン176店、「コンビニ縮小」が止まらない
ニュースイッチ
|
大手コンビニエンスストア3社が時短営業への取り組みを加速している。時短実験を続けていたファミリーマートでは6月から、時短を希望するフランチャイズチェーン(FC)加盟店が時短営業を開始する。セブン―イレブンは129店、ローソンも176店が時短営業を行っている。これまで年中無休を売りにしてきたコンビニだが、深刻な人手不足を背景に営業体制の見直しを余儀なくされている。(編集委員・丸山美和) 【加盟...
1622Picks
ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側
Diamond Online
|
コンビニエンスストア大手ファミリーマートの早期退職に応募が殺到している。当初は800人の枠だったが、想定以上の“人気”ぶりに本社は募集期間を当初の2月10日~21日から前倒し、2月3日~7日と期間も短縮した。社員の自由意志による募集のはずが、内部資料では社員を「応募勧奨」や「慰留」など4グループに分類していることも判明。伊藤忠商事出身社員への優遇も目立ち、社員の間で厭世観が広がっている。
11Picks
コンビニ「店舗減少時代」、生き残りのヒントは近江商人にあり
ニュースイッチ
|
全国のコンビニエンスストアの店舗数が初めて減少に転じた。大量出店による成長戦略が限界を迎えている。一方で加盟店は人手不足や売り上げ低迷に直面している。加盟店、利用者を巻き込んだ新しいコンビニ経営のビジネスモデルを構築すべき時だ。 日本フランチャイズチェーン協会によると、2019年12月末の全国のコンビニ店舗数は、5万5620店で前年同月比123店減と、調査開始以来初めて減少した。コンビニ各社...
13Picks
コンビニのビジネス曲がり角、店舗数が初の減少
読売新聞
|
日本フランチャイズチェーン協会は20日、2019年12月末の全国コンビニエンスストアの店舗数が5万5620店だったと発表した。18年12月末の5万5743店に比べて123店減少した。比較可能な05年以来、年末の店舗数が
22Picks
国内初!レジなしコンビニ 顔認証で買い物できます
テレ朝news
|
国内初の顔認証だけで買い物ができるコンビニエンスストアです。  新たなコンビニエンスストアでは入り口のカメラで客の顔を認証し、多くのカメラや棚に設置されたセンサーで客がどの商品を選んだかを認識します。店内にはレジがなく、ゲートを出れば支払いが完了します。眼鏡を掛けても顔認証は可能ですが、マスクを着けた場合には鼻を出さないと認証されないということです。NTTデータは2023年3月までに1000...
18Picks
コンビニ、早くも「レジなし店舗」普及か 将来は顔認証が主流に?
ビジネスジャーナル
|
最大手コンビニエンスストアチェーンであるセブン‐イレブンが、NTTデータと連携して“レジなし店舗”の実証実験を開始している。昨年12月17日にオープンした、NECグループ社員のみが利用可能な三田国際ビル20F店(東京都港区)では、顔情報による決済システムが導入されているため、手ぶ...
53Picks
セブンとローソンが元日休業実験開始
産経ニュース
|
コンビニエンスストア大手のローソンとセブン-イレブン・ジャパンは、元日休業や時短営業の実験を31日夜から始めた。人手不足に端を発したコンビニの「24時間営業、年中無休」のビジネスモデルを再検証する取り組みとして注目を集める。
264Picks
セブン「元日休業は直営店だけ」に加盟店オーナーの不満爆発
Diamond Online
|
コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは2020年の元日、都内の店舗で休業する実験を実施する。ところが対象となる50店は全て本部が運営する直営店だ。セブンの加盟店オーナーからは、「なぜ加盟店だけが元日営業を強いられるのか」と不満の声が上がっている。
44Picks
小売販売額11月は前年比2.1%減、前回増税後2カ月目よりマイナス幅拡大
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - 経済産業省が27日に発表した11月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比2.1%減となった。ロイターの事前予測調査では1.7%減が予想されていた。自動車やガソリンの販売減、訪日韓国人の減少が響いた。消費増税で家電などの販売が落ち込んだが、ポイント還元効果でコンビニエンスストアは好調だった。
348Picks
NECが「レジなし店舗」、店出たら決済完了
読売新聞
|
NECは、レジでの決済をせずに買い物ができる「レジなし店舗」のシステムを開発した。2020年2月に東京都内の本社ビルに社員向け店舗をオープンする。コンビニエンスストアやドラッグストアなどに売り込み、20年度の実用化を狙
467Picks
コンビニ業界の労働環境、次の「爆弾」は社会保険未加入問題
Diamond Online
|
24時間営業の見直しが表明され、コンビニエンスストア業界がようやく変わり始めた――。こう胸をなで下ろすのはまだ早い。加盟店を苦しめる、手付かずの深刻な問題がまだ残っているのだ。
168Picks
【異変】王者セブンは、「3つの困難」を乗り越えられるのか
NewsPicks編集部
|
セブン&アイ・ホールディングスにとって、2019年は散々な1年だった。セブン&アイ傘下のセブン‒イレブン(以下、セブン)は、日本全国に約2万店舗を有し、コンビニエンスストアのトップランナーとして...
107Picks
ファミマ澤田社長激白、加盟店の過度な負担「反省している」
Diamond Online
|
コンビニエンスストア加盟店の時短営業を容認する方針を打ち出したファミリーマートの澤田貴司社長が、ダイヤモンド編集部のインタビューに応じた。人件費など加盟店の過度な負担を「反省している」とし、既存店の経営を支援する姿勢を強調。また食品の廃棄量そのものを削減した加盟店を支援する仕組みを検討していることを明らかにした。
147Picks
【江上剛】時短営業、セブンペイ廃止…「カリスマ後」のコンビニ
NewsPicks編集部
|
セブン&アイ・ホールディングスを小売大手に育てた、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏と、「コンビニエンスストアの父」鈴木敏文氏をモデルに、作家の江上剛氏が、小売業の栄枯盛衰を描き出した経済小説『二...
203Picks
【江上剛】セブンの父・鈴木敏文退任の裏側
NewsPicks編集部
|
セブン&アイ・ホールディングスを小売大手に育てた、イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏と、「コンビニエンスストアの父」と言われる鈴木敏文氏をモデルに、作家の江上剛氏が、小売業の栄枯盛衰を描き出した経...
14Picks
「初回購入特典」を繰り返し狙うEC不正利用者、AIが突き止める
ニュースイッチ
|
インターネットの普及で通信販売が身近になった。一方、注文した商品の到着後、コンビニエンスストアなどで代金を支払う「後払い」は取引全体の約3割を占めるとされる。 インフォコムは、通信販売の後払い決済などの与信審査を人工知能(AI)で自動判別するクラウド型サービス「at score(アットスコア)」を展開する。 背景には未払いリスクを防ぐため「決済代行事業者からのニーズ」(嶋田正彰エンタープライ...
25Picks
コンビニが「イートイン脱税」対策 店内放送で申告促す
産経ニュース
|
コンビニエンスストアのイートインコーナーの利用者が、弁当など食品の購入時に店内飲食を申告せず、10%への消費税率引き上げにともなう8%の軽減税率の適用を受ける“イートイン脱税”が多発している。この問題を受け、業界団体の日本フランチャイズチェーン協会(JFA)と加盟するコンビニ8社が、店内放送で申告を促す対策に乗り出すことが4日、分かった。各社の準備ができ次第、始める方針だ。
14Picks
大学の教室は「イートイン」扱いで税率10% 学内コンビニの対応、制度的には問題なし
税理士ドットコム
|
消費増税に伴い、軽減税率制度が導入されて1カ月が経とうとしています。10月下旬、神奈川県内の大学の学食内に入るコンビニエンスストアが、「当店の『イートイン』とはキャンパス内の全ての場所での飲食となりま...
コンビニエンスストア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア