新着Pick
SPD12QI6WLCANF74
化粧品
JPN

化粧品 業界

日本
業界一覧
>
消費財
>
パーソナルケア
>
化粧品
基礎化粧品、仕上げ化粧品(メイクアップ化粧品)、香水等の化粧品を、自社ブランドを主として製造・販売する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
まつ毛パーマ液は薬事法で違法?化粧品登録済み商品は?販売中止?
薬事法マーケティングの教科書
|
まつ毛にパーマをくるんとかけておしゃれをしたい。そんなふうに思う方はたくさんいますよね。 ただ、まつ毛パーマ液は薬機法(旧薬事法)で問題があるのです。どんな問題があるのか説明します。 まつ毛パーマ液が買えない…どこで買える?販売中止?
6Picks
顧客データはクイズで収集。米Narsがデジタルマーケ活用で切り拓く未来とは?
MASHING UP
|
化粧品大手のナーズが、エンゲージメント体験に焦点を当てたデータ中心の戦略へと方針転換することを決定。マーケティングとデジタルコミュニケーションのパー...
2Picks
目標は売上高100億円! 日本触媒がフランスの化粧品向け素材メーカーと共同研究
ニュースイッチ
|
日本触媒は2020年度内にも仏グリーンテック(クレルモン=フェラン)と共同研究に着手する。化粧品事業を強化するのが狙いで、日本国内に共同で生産拠点を設立することも目指す。日触は25年度に化粧品事業で売上高100億円の達成を目指し、化粧品向け素材メーカーであるグリーンテックと事業提携している。今回の共同研究や製造拠点設立はその一環となる。 共同研究ではグリーンテックが保有する化粧品向け天然素材...
15Picks
京セラが「協働ロボット事業」参入、売上高300億円へ
ニュースイッチ
|
京セラは協働ロボット事業に参入する。独自の人工知能(AI)活用技術を使い、プログラミング作業を大幅に削減した協働ロボットシステムを開発した。2021年1月の発売を目指す。 同じ製造ラインで少量多品種を生産する食品や化粧品、医療品メーカーなどでの活用を想定。今後協働ロボアームメーカーや3Dカメラメーカーなどと協力し、サービスを構築する。5年間で協働ロボ事業の売上高を年300億円に育てる方針。 ...
13Picks
「何をやっても面白い」研究者が数理科学で花王のものづくりを支えていた!
花王の顔
|
ランダウ・リフシッツの教科書『場の古典論』を読んで、理論物理学の美しさに感動した学生時代。その発想を駆使して、化粧品や生活用品のものづくりを支えているといいます。いったい、どんな研究が行われてい...
18Picks
コロナ禍の夏「売れた商品・売れなかった商品」ランキング、化粧品は大苦戦 - ニッポンなんでもランキング!
Diamond Online
|
コロナ禍の8月、例年より遅い梅雨明けとともに訪れた猛暑の夏。テレワークが普及し、3密回避が求められるなど、昨年とは環境が一変した今年の夏にはどんな商品が売れたのか。あるいは売れなかったのか。
10Picks
株主になってもらう。CFOとしてのマーケティング 【ユーグレナ 永田暁彦氏】
Agenda note
|
 前編に続き、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究などを行っているユーグレナ社の取締役副社長 永田暁彦さんへのインタビューをお届けします(第2回/全3回)...
116Picks
「マスクバブル」崩壊後のドラッグストア業界、食品安売りが一気に進む理由
Diamond Online
|
ドラッグストアにおける食品の売上高構成比が上昇している。コロナ禍で流通の“生態系”が変化し、コンビニエンスストアのお客がドラッグストアに流出している上、ドラッグストアではこれまで稼ぎ柱だった化粧品がドル箱商材でなくなっている。ドラッグストアは食品でいかに稼ぐかが今後の成長のカギとなりつつある。
31Picks
マーケティングは「誰に売るか」より、「誰が売るか」が大事 【ユーグレナ 永田暁彦】
Agenda note
|
 ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した食品や化粧品の販売、バイオ燃料の研究などを行うユーグレナの取締役副社長 永田暁彦さんにインタビューする機会をいただきました。マーケティングの本質が垣間見...
51Picks
赴任先での大リストラと倒産危機、「度重なる逆境」をどうやって強みに変えてきたか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
創業30周年の年に、アテニアに誕生した若き女性社長として化粧品業界内外から注目される斎藤智子さん。7年前、中国事業から撤退したことが
18Picks
動物性代替タンパク質開発企業は1500億円超を調達、微生物発酵技術に投資の波
TechCrunch Japan
|
Perfect Day(パーフェクト・デイ)、Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)など、食品、衣類、化粧品、化学薬品に使用されている動物性食品の代替品を開発している多くのスタートアップが、今年の上半期までに15億ドル(約1570億円)という巨額の資金を調達している。 持続可能な食品への投資の成長を追跡しているThe Good Food Institute(GFI、グッド...
17Picks
ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2020年上半期デジタル施策総まとめ
BeautyTech.jp
|
◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2020年上半期の化粧品の売上上位6社のデジタル施策と事業開発をまとめた。2020年上半期は、新型コロナウイルスのパンデミックによる都市のロックダウンや外出...
11Picks
友だち数3,300万人のオルビスが語る! 顧客獲得からファン化まで一気通貫で実現できるLINEの真価
Web担当者Forum
|
広告・マーケティングにおいて分断されがちだった、「認知」→「新規獲得」→「ファン化」の隙間を分断せずコミュニケーションできるLINE。化粧品ブランド・オルビスが、LINE Direct Dayで語ったLINEの評価ポイントとダイレクトマーケティング成功施策!
23Picks
「美容は自分のためという価値観に」博報堂調査でわかった、新型コロナで生まれた化粧品購買7つの兆し
MarkeZine
|
新型コロナウイルスの影響で、様々な業界で脅威や機会が生まれています。本記事では、博報堂が調査した化粧品業界の消費動向をもとに、化粧品を購買する際に起きる7つの兆しについて、同社の神村英里氏に解説いただきました。
14Picks
ジーユー、5年ぶり「コスメ再挑戦」に抱く自信
東洋経済オンライン
|
「化粧品市場は国内では数少ない成長市場だ。日本製にこだわってファッションにしっかりとなじむコンセプトを作り、新しいブランドとして立ち上げた」。ファーストリテイリング傘下の「GU(ジーユー)」は、同社初…
(15件の記事)
166Picks
【アットコスメ 社長】準備に時間をかけてもリスク低下にならない
NewsPicks編集部
|
3400億円の広告宣伝費の1%でも食い込めば34億円、10%とれたら340億円になる。それに化粧品は価格競争に巻き込まれにくい。「これはもう、やるしかない!」と奮起しました。
316Picks
【アットコスメ 社長】コロナ苦境の化粧品業界、どう戦うか?
NewsPicks編集部
|
化粧品業界はコロナの直撃を受けた業界の1つです。飲食・旅行業界の苦境に目が向きがちですが、化粧品業界は渡航中止に伴うインバウンド需要の蒸発による影響が甚大です。
53Picks
花王、コロナによる化粧品低迷で業績予想下方修正 増配予想は維持
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 花王<4452.T>は29日、2020年12月期(国際会計基準)の業績予想を減収減益に下方修正したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、化粧品やケミカル事業、サロン事業が影響を受けている。ただ、年間配当は140円(前期は130円)としており、31期連続の増配予想は据え置いている。
234Picks
資生堂 来月から消毒液を一般向けに販売へ 新型コロナ
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まっている消毒液について、化粧品大手の資生堂は来月から一般向けの販売を始めることに…
化粧品 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア