新着Pick
SPD12QI6WLCANF74
化粧品
JPN

化粧品 業界

日本
業界一覧
>
消費財
>
パーソナルケア
>
化粧品
基礎化粧品、仕上げ化粧品(メイクアップ化粧品)、香水等の化粧品を、自社ブランドを主として製造・販売する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
KDDIと化粧品ECプラットフォーム「NOIN」が資本提携
デジタルシフトタイムズ
|
化粧品ECプラットフォーム「NOIN(ノイン)」を運営するノイン株式会社は、KDDI株式会社との協業を目的として「KDDI Open Innovation Fund 3号」(以下、KOIF3号)...
4Picks
化粧品ECの「NOIN」とKDDIが資本提携、コスメ販売でのオンラインカウンセリング導入など新購入体験を創造
TechCrunch Japan
|
化粧品ECプラットフォーム「NOIN」(ノイン)を運営するノインは1月26日、KDDIとの協業を目的として「KDDI Open Innovation Fund 3号」(KOIF3号)より出資を受けたと発表した。同提携により、両社協力のもとノインのメインユーザーである20代・30代の女性向けに、化粧品販売におけるオンラインカウンセリングの導入など新たなオンラインでの化粧品購入体験の創造に取り組...
3Picks
化粧品EC「ノイン」がKDDIから資金調達、オンラインカウンセリングなど導入で購買体験の充実目指す
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
化粧品ECプラットフォーム「ノイン(NOIN)」を運営するノインが、KDDIとの協業を目的としてグループ内のコーポレートベンチャーファンド「KDDI Open Innovation Fund」から出資を受けたことを発表した。出資額は非公開。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
8Picks
DHC会長の“サクラ投稿指示”に反対した新入社員が年末に懲戒解雇されていた!《本人告発》
文春オンライン
|
昨年末、差別的な発言で炎上した大手化粧品メーカー「DHC」の代表取締役会長・吉田嘉明氏(79)。「文春オンライン」特集班は、差別発言以外にも吉田氏が従業員に消費者の口コミを大量にSNSに投稿するよう指…
78Picks
2021年展望  化粧品業界 急回復もレッドオーシャン化する中国市場
フロンティア・マネジメント
|
国内化粧品市場は厳しい環境が続く中で、多くの化粧品企業が来期以降の業績回復の牽引役として、中国経済圏での売上拡大を掲げている。しかし、中国市場は欧米、中国、韓国メーカーの勢いが増しており、レッド...
53Picks
ライオンが化粧品で成長著しい韓国に参入!植物由来でニーズに応える
ニュースイッチ
|
ライオンは、化粧品ブランド「ロークエスト」を立ち上げ、韓国市場に参入した。植物由来成分「エキナセア抽出物」を配合し、肌に刺激が少ない製品に仕上げた。韓国の化粧品市場は成長が著しく、中でもニーズが高い基礎化粧品を投入する。当面は韓国で商品の知名度を高め、将来的には中国などへの越境EC(電子商取引)販売も目指す。 新製品は北米原産のエキナセア抽出物を配合し、肌の代謝促進が期待できるという。米国の...
76Picks
東大教授と協力、中国発美容サプリ「UNOMI」 AI活用のオーダーメイドサービスで既存市場に挑む
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
中国の商業データプラットフォーム「CBNData」によると、ここ数年にわたり、女性を中心に美容サプリメントの消費者数と1人当たりの消費額が増えている。特に美容サプリメントと化粧品を併用する消費者が多く、その割合は年々上昇している。 美容サプリメントブランドの「UNOMI」は中国の一級および二級都市に住む25~35歳の意
59Picks
投資領域特化が成功のカギ。ポーラ・オルビス流CVC運営の極意とは
INITIAL
|
見えにくかったCVCの実務を明らかにする「CVC虎の巻」。本記事では化粧品メーカー、ポーラ・オルビスホールディングスが運営するCVC「POLA ORBIS CAPITAL」の岸裕一郎氏のインタビ...
401Picks
【3分解説】赤字のユーグレナ「キューサイ」買収の狙い
NewsPicks編集部
|
小が大を呑む買収は、成功するのか。12月15日、ユーグレナは、投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ、東京センチュリーと共同で、健康食品や化粧品の販売製造を行うキューサイを買収すると発表した。...
18Picks
花王の化粧品研究者がみつけた「蚊に刺されない」ヒント ~世界の人々を、蚊によってかかる感染症から守る技術開発の舞台裏~
花王の化粧品研究者がみつけた「蚊に刺されない」ヒント ~世界の人々を、蚊によってかかる感染症から守る技術開発の舞台裏~|花王株式会社のストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY
|
蚊は、感染症を媒介することによって、地球上で最も人類を殺している生き物。蚊に刺されたら痒くて嫌、虫刺されのあとが残るのは嫌という感覚とは別次元で、「蚊に刺されることが生命にかかわる」、そんな危険に1年中さらされている人たちが世界にはたくさんいる。  そんな人々を蚊から守りたい。 花王は、2020年12月、新しい発想の蚊よけ技術を開発したと発表した。それは、「肌の表面」を蚊の嫌う状態に整えるこ...
19Picks
化粧品業界の需要ツール「クチコミ」、SNSをヒントにどこまで進化する?
ニュースイッチ
|
「共感」で利便性を体感 近年、化粧品業界向け口コミ情報サービスでは、広告効果を一段と高めるための進化が見られる。 以前から、化粧品業界で口コミはマーケティング上、重要なツールである。化粧品を購入する際の情報収集は、店頭の商品に加えて、口コミサイトやアプリがある。若年層の女性では、口コミサイトやアプリに加え、ツイッターやインスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS、ここでは広義の口コミと捉える...
10Picks
中国のミレニアル世代にビタミンサプリをネット販売するLemonBoxが2.6億円調達
TechCrunch Japan
|
中国外に居住する多くの中国人と同様、Derek Weng(ドレック・ウェン)氏は中国に帰国する時はいつも家族や友人から買い物を頼まれる。最も頼まれることが多いプロダクトはマタニティーアイテム、化粧品、そしてビタミンサプリメントだ。中国に住む多くの人が「輸入物の方が品質がいい」と考えている。 そうした需要からウェン氏はビジネスのアイデアを得た。米国の健康補助食品を自身と同じ中国のミレニアル世代...
98Picks
ファミマ限定コスメ欲しさにハシゴする女子が出現、化粧品業界に新風
Diamond Online
|
コロナ禍でマスクが欠かせなくなった今、女性が口紅をしなくなったり、百貨店で美容部員によるカウンセリング販売が制限されたりするなど、コスメ市場は大きく揺れ動いている。そんな中、ファミリーマートは新たなコスメブランドの販売を始めた。プロデュースしたのは国内最大級コスメショッピングECプラットフォームを運営するノイン。逆風が吹く今、コスメの全国展開を仕掛けた勝算とは何か。
47Picks
「中の人」配信で約7万5,000ビューを獲得したシーボン.に聞く 中国向けライブコマース挑戦の道
ECzine
|
2020年、デジタルを活用した新たな購買体験創出としてライブコマースに注目が集まっている。そんな中、ライブコマース市場が日本以上に活況な中国に向け、10月に初めての配信にチャレンジしたのが化粧品メーカーのシーボン.だ。なぜ今、ライブコマースという手段を用いて中国市場にチャレンジしたのか、ライブコマースに取り組んだ上での発見などについて、海外事業部 海外事業開発課の河西雅之さんに話を聞いた。
112Picks
炎上せず好かれる企業SNSとは?ヘア化粧品メーカーの元「中の人」に聞く
bizSPA!フレッシュ
|
「ブランディング」って言葉を最近よく耳にするけど、具体的にどんなことを指しているのか、説明しようとすると言葉に詰まってしまう。そんな疑問に答えてくれるのが、美容室のシャンプー/ヘアカラーメーカー「ミルボン」のブランド戦略担当として活躍する竹
766Picks
【図解】ユーグレナの黒字化は「あの事業」にかかっている
NewsPicks編集部
|
ミドリムシで世界を救うことを目指すユーグレナ。赤字が続く中で、健康食品・化粧品メーカーから脱却することができるのか。11月13日に発表された通期決算から見えてきた現状をスライドで図解する。
28Picks
三井物産が化粧品分野に本格参入、メンズのバルクオムへ出資
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
三井物産は化粧品市場に参入する。EC中心の男性化粧品で成長中のバルクオム(東京、野口卓也社長)の第三者割当増資を引き受けた。出資金額は非公開。出向者1人を派遣し、国内DtoC(メーカー直販)及び海外事業のマネジメントなど戦略策定、実行を担う。「中長期的には総合商社で化粧品事業領域ナンバーワンを目指す」構え。ファッション・繊維事業部で蓄積してきたアパレルブランド・リテール事業のノウハウを生かす...
化粧品 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア