新着Pick
SPD10R9Q78UTIO0H
TVゲーム
JPN

TVゲーム 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
民生用電子機器製造
>
TVゲーム
家庭用据え置き型、家庭用携帯型TVゲームのハードウェアを製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
316Picks
急成長するeスポーツ業界、あるプロゲーマーが送る「豪華な生活」
Bloomberg
|
ドロシー・シュメイルが当時14歳の息子マイケルを、ニューヨーク市のポート・オーソリティー・バスターミナルまで車で送っていったのは2011年のことだった。マイケルはテレビゲームが大好きだったが、そ...
190Picks
アマゾン「Fire TV」にフジテレビが参入した理由 —— “したたか”なのはフジかアマゾンか?
Business Insider Japan
|
Amazon.co.jp(以下アマゾン)は2018年6月28日、テレビに接続して動画コンテンツやゲームを楽しめる「Fire TV」向けコンテンツ事業の戦略説明会を開催。新たなパートナー4社を報道陣向けに紹介した。 新製品や新機能との連動ではない時期に4社だけを取り上げるというのは珍しいケースだ。逆に...
964Picks
Amazon、TSUTAYAに負けない「賑やかな」図書館の可能性
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
TV、インターネット、ゲームなど、世の中には本以外にも娯楽が溢れ、しかも進化し、増え続けている。そのような時代に、わざわざ図書館に出向く理由とは。2019年春竣工予定の『那須塩原市駅前図書館』のコンペを受注した、UAo株式会社の建築家・伊藤麻理さん。彼女に、今後の図書館の「あり方」について話を聞いた。
174Picks
「ゲームバー」経営者、著作権法違反容疑で逮捕
読売新聞
|
飲食物を提供し、家庭用テレビゲーム機で遊ばせる「ゲームバー」を巡り、京都府警は12日夜、京都市内の2店舗を著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで捜索し、うち1店舗の経営者の男を同容疑で逮捕した。
16Picks
「ゲームバー」は著作権侵害、業界団体が警告
読売新聞
|
飲食物を提供し、家庭用テレビゲーム機で遊ばせる「ゲームバー」が近年増えている。
13Picks
テキサス副知事、高校銃乱射の原因列挙 「銃の問題ではない」
CNN.co.jp
|
米テキサス州サンタフェの高校で起きた銃乱射事件について、同州のパトリック副知事は20日、暴力的なテレビゲームや命を軽視する教育などの影響が原因だと述べ、銃の問題ではないとの考えを示した。 同州のアボット知事は事件を受け、生徒たちを銃暴力から守るための意見交換会を開く予定。パトリック氏はこれに賛同...
464Picks
アマゾンが製作費1000億円で「指輪物語」ドラマ化か、米報道
Forbes Japan
|
アマゾンは昨年、動画ストリーミング分野で業界トップに立つために「ゲーム・オブ・スローンズ」のような大ヒット作を探していると表明していた。そのアマゾンが先日、2億5000万ドル(約267億円)で「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」のTVシ・・・
149Picks
「こんな難しいゲーム、誰もやらない」 酷評されたスペースインベーダーは、伝説の名作になった。
ハフポスト日本版
|
テレビゲームの名作「スペースインベーダー」がリリースされてから、2018年で40年。 70年代末、日本国内の100円玉が足りなくなるほどの社会現象になった。敵キャラのインベーダーは、今もタイトーのシンボルとして、日本各地の直営ゲームセンター「タイトーステーション」に燦然と輝いている。多くのシューティングゲームに影響を与えてきた原点だ。 しかし、この伝説のゲームは発売前、社内ではほとんど期待さ...
285Picks
スポーツ観戦の実況中継を変えるAIテクノロジー
NewsPicks Brand Design
|
スポーツファンは4回ゲームを楽しむ、と聞いたことがある。最初はスタジアムやテレビ中継でリアルタイムに観戦しながら、2回目は夜のスポーツニュースでゲームのリプレーを見ながら、3回目は翌朝のニュース...
13Picks
株式投資が「連想ゲーム」と呼ばれる理由 「インフルエンザで儲かる会社」分かりますか?
ZUU Online|経済金融メディア
|
株式投資は連想ゲームだ」。筆者が社会人としての第一歩を踏み出した頃、先輩に教わった言葉だ。まだ学生気分が抜けず、株のことも何一つ分からなかった筆者であるが、その後経験を積む中で先輩の言葉を何度も噛み締め、実感することになる。多くの証券マンが似たような経験をしていると思うが、筆者にとっては文字通りの「金言」なのだ。 『連想ゲーム』とは1969年4月から1991年3月までNHK総合テレビで放送さ...
97Picks
「スマホが手放せない」テクノロジー依存症に警鐘、Google元社員らキャンペーン開始
ZUU Online|経済金融メディア
|
「スマホやテレビ、パソコンなどテクノロジー機器が常に手放せない」状態だけではなく、インターネットを介して特定の活動(ゲーム、賭博、SNSなど)に固執する傾向も指すテクノロジー依存症。これがテクノロジー依存症が原因で「年間540億ドル相当の生産力が失われている」という調査報告も聞かれる中、GoogleやFacebook、Mozillaの元社員が「Center for Humane Techno...
11Picks
ギスギス度120%!?人間関係が崩壊するボードゲーム4選。
Board Game International
|
ボードゲームをやっていてギスギスしたことはありますか? ある特定の人がひたすら負け続けたり、あるいは攻撃が集中したりすると、不穏な空気が流れ始めることがあります。例えば、テレビゲームであれば『桃太郎電鉄シリーズ』や『ドカポンDX』等が、その代表格として挙げられます。 夕方ごろにゲームを嬉々として開始したはずなのに、次の朝には誰かがふて寝して離脱したり、ただひたすら適当にボタンを連打する人も現...
1326Picks
「Wiiの奇跡」から10年。帰ってきた「ザ・プラットフォーマー」
NewsPicks編集部
|
ついに「ゲームの王者」が帰ってきた──。「ニンテンドースイッチは、テレビゲームのプレイスタイルを多様化させる、新しい家庭用据え置き型ゲーム機です」2017年1月13日、任天堂の君島達己社長は、5...
133Picks
「ゲーム依存」新たな疾病分類に WHOが追加方針、各国で問題化
共同通信
|
「ゲーム依存」新たな疾病分類に 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)報道官は5日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎにより日常生活が困難になる症状を新たな疾病として定義し、WHOの「国際疾病分類」に加える見通しだと明らかに...
1013Picks
【速報】任天堂、新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を発表 2017年3月発売予定【追記あり】
Social Game Info
|
任天堂<7974>は、同社のホームページにて、全く新しいコンセプトのゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を発表した。「Nintendo Switch」は、家庭用据置型テレビゲーム機でありながらご自宅か外出先かを問わず、テレビモニターの前を離れて本体を持ち出して遊ぶことができ、一人でも大勢でもどこででも楽しめるというコンセプトだ。発売は2017年3月発売予定。価格...
741Picks
30歳を過ぎてわかったこと 「最終的には真面目な奴が勝つ」「大切なのは金よりも健康」
キャリコネニュース
|
30代を迎えることを「三十路に突入する」などと言うように、30歳を過ぎるのは人生のターニングポイントに捉えられることが多い。 20代よりも様々な経験を積むことで、新たに気づくこともあるだろう。2ちゃんねるには3月26日、「30過ぎてわかった事」というスレッドが立った。スレ主は気がついたことの例として、 「テレビやゲームは時間の無駄」 「健康の大切さ」 「若いってだけで東大卒と同等かそれ以上の...
484Picks
Google、Apple、Facebook、Amazonの買収戦略から見える現在と未来
SmaList
|
最近、米アマゾン、ゲーム実況配信のトゥイッチを9.7億ドルで買収というニュースがネットを賑わせていました。盛り上がりを見せたのは、7月にTwitchはGoogleが買収するという情報があったためです。また、ゲーム配信サービスを手に入れたことでついにAmazonがゲーム市場に参入するのかという推測もされています。 このニュースを見ていてふと「あれ、9.7億ドルでの買収って高いんだっけ?」という疑問がよぎりました。海外では企業による買収が盛んに行われていますが、最近の買収の傾向やIT業界の進もうとしている方向についてあまり分からなかったので、今回はIT企業の代表格であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonが過去に買収した企業とその買収額、そしてその傾向について調べ、今後の予想を考えました。 ■目次 巨人IT企業たちの買収からその先を考える  1.IT企業4社の過去6年の買収企業一覧  2. Googleによる買収  3. Appleによる買収  4. Facebookによる買収  5. Amazonによる買収  1. IT企業4社の過去6年の買収企業一覧 各企業ごとの買収戦略に関する考察は後述するとして、まずはIT企業4社の過去6年間の買収企業を、公表されている買収額順に一覧化しました。トップから順に並べてはいますが、その額にはかなりの差があります。 (wikipediaとCrunchBaseを参考に筆者作成) 基本的には2011~2014年の間で高額な買収が行われています。この4社の中で買収額の大きさで言えば、世界時価総額ランキング(2014年8月末時点)1位のAppleや3位のGoogleを差し置いて、WhatsAppを190億ドル(1兆9000億円)で買収したFacebookが頭一つ抜きん出ていますね。続いて125億(1兆2500億円)ドルでMotorolaを買収したGoogleが続きます。その後、100億ドルを超える買収は行われませんでした。 それでは、それぞれの企業が近年どのような買収をしているかを見ていきましょう。  2. Googleの買収企業 まずは、ハードウェア系を主として圧倒的買収企業数を誇るGoogleからです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Google)(wikipediaを参考に筆者作成) まず、Googleは他の3社と比べて、買収した企業数が圧倒的に多いことがあげられます。Googleは自社内のリソースに満足せず、積極的に買収を行っています。その数は2012年、2013年には少し落ち込んだものの、2011年と2014年には25社以上にのぼっています。 上のグラフを見ると、ここ2年の傾向としてハードウェア周りを強化していることが分かります。これは、Googleの秘密施設にて次世代技術の研究を行うGoogle Xプロジェクトのためでしょう。このプロジェクトでは、仮想空間でのテストが行われているとされる「自動運転車」や、ウェアラブルデバイスの呼称とともに世界を期待感で包んでいる「Google Glass」などの研究開発が行われています。 この期間に買収した中で、とりわけ買収額の大きかったのは以下の2社です。 Motorola Mobility : 125億ドル(http://www.motorola.co.jp/) 1位はダントツで、2011年に125億ドル(1兆2500億円)で買収したモバイルデバイスメーカーのMotorola Mobilityです。これは1998年創業のGoogle史上、最高額での買収になりました。これはAndroidのエコシステムを競合企業との特許紛争から保護することに主眼を置いた買収でした。そして2年と経たず、特許の多くは手元に置いたまま約30億ドル(3000億円)で中国PCメーカーのレノボに売却しています。この売却には先端技術開発部門(ATAP)は含まれていないので、この部門のメンバーは引き続きGoogleのもとで開発することになるのでしょう。 Nest : 32億ドル(https://nest.com/) 次に額が大きかったNestはスマートサーモスタット(温度調整デバイス)や煙と一酸化炭素の検知器を製造する企業で、2014年1月に32億ドル(3200億円)で買収されています。IoT(モノのインターネット)の時代がやってくると囁かれていたタイミングでの買収だったので、Googleが買収したというニュースは多くの人を興奮させました。その一方で、同じくスマートデバイスなどを開発していこうとしているAppleはなぜ買収しなかったのかという議論もあったようです。 今後の展開予想 今年買収を発表したデザイン会社のGeckoを手に入れたことから、現在取り組んでいるスマートデバイスのデザインを、現在のタイプから更にユーザーにとって親しみやすく、かつ使い勝手の良いものにしていくのでしょう。「Google Glass」に代表されるスマートデバイスは、まだまだ生活の一部として使用するには特異な形をしているため、きたるウェアラブルの波を制するためにも馴染みやすいデザインが重要になってきます。スマートカーやスマートウォッチなど、Appleとの競合関係は更に激化していくことが予想されます。 Google Xで開発しているプロジェクトは、前述の「Google Glass」「自動運転車」のほか、「ARヘッドマウントディスプレイ」「ドローン(小型無人飛行機)」「空中風力発電」「血糖値管理のコンタクトレンズ」「ネットワーク接続のため成層圏に飛ばす気球」「音声認識」「人工知能」などが公表されています。Googleの持つ技術・知能・資金を結集したプロジェクトに、否が応でも期待が高まりますね。  3. Appleの買収企業 次にソフトウェア・ソーシャル系の企業を買収しているAppleについてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Apple)(wikipediaを参考に筆者作成) Googleと比較すると買収数は少な目です。ここ2年ではソフトウェア、ハードウェア、ソーシャル系の企業を多く買収しています。Tech Crunchによると、ソフトウェアでは本の内容解析サービスBookLampの買収により、AppleのiBookでも内容解析が可能になったり、Amazonのような本のサジェスト機能がついたりするかもしれないそうです。後述しますが、ハードではやはりBeats Electronicsの買収が大きいですね。 また、2013年にはソーシャル系の数字が高くなっています。地図系サービスを展開している企業を数社買収し、地図アプリ「Maps」の強化を図ろうとしていて、Googleの「Google Maps」とシェアを取り合っています。 さて、2011年~2014の間に買収された企業のうち、買収額でトップだったのは以下の企業です。 Beats Electronics : 32億ドル(http://jp.beatsbydre.com/home) 今年5月にAppleが高級ヘッドフォンブランドであるBeats Electronicsを32億ドル(3200億円)で買収すると発表したことは記憶に新しいと思います。iPodの成功によって大きく成長したAppleは「音楽は重要」だと位置づけていますが、もはや音楽ダウンロードサービス「iTunes」の売上は頭打ちで、また逆に近年存在感を増している「Sportify」などの音楽ストリーミングサービスの台頭に脅かされつつあるようです。今回AppleはBeats Electronicsを買収することで、同社の持つ音楽ストリーミングサービス「Beats Music」も手にすることになります。小さな買収を繰り返してきたAppleが32億ドルという巨額を投資したのは、成長の望めない音楽ダウンロードからストリーミングサービスへ舵を切るためだっとと言えますね。 Anobit : 3.9億ドル(http://www.technobuffalo.com/tag/anobit/) Anobitはイスラエルの半導体スタートアップで、2011年に3.9億ドルで買収されました。Anobitはフラッシュメモリー技術を得意としていますが、フラッシュメモリーはAppleにおいてもiPhoneやiPad、MacBookAirの記憶装置として使用されています。そしてこの技術によってデバイスの軽量化、薄型化に成功しています。Tech CrunchによればAppleがAnobitを買収したのは、前述したようにフラッシュメモリー技術がAppleにとって重要であること、そしてもう一つはAnobitの抱えるチップエンジニアを擁したいという目的のためだとしています。 今後の展開予想 2011年にCEOがスティーブ・ジョブズからティム・クックに代わり、Appleの戦略も変わってきました。「iPhone」「iPad」「Apple TV」「Mac」などのAppleデバイスとAppleのOSでのみ動作するアプリを今後も開発し、デバイス間の連携も強めていくでしょう。これこそAppleが自前主義と言われる所以です。 また、9月9日に発表されるiPhone6に搭載されるiOS8では、ヘルスケアアプリが新しく追加されるようです。健康管理系アプリは、ウェアラブルデバイスとの相性が非常に良く、例えばスマートウォッチで毎日の脈拍を図り記録し、その情報を元により良い生活のためのアドバイスをくれたりするでしょう。Appleは自社製品が人々の生活の中に自然に入り込んでいくようにし、Apple製品での囲い込みを進めるはずです。  4. Facebookの買収企業 そしてです。 ▼事業ジャンルごとの買収企業数(Facebook)(wikipediaを参考に筆者作成) Facebookは2012年に上場していますが、その前後での買収数が非常に増加していて、2009年以前はほとんど買収を行っていません。自社に必要な技術を見つけると、素早く買収するのがFacebookの買収スタイルの特徴と言えます。 上のグラフから、Facebookはここ数年でモバイル分野の企業を多く買収していることがわかります。Investor ...
413Picks
「諦めなければ夢は叶う」は嘘。じゃあ、一流の人はどうやって努力してるのか?
それ、僕が図解します。
|
日本初のプロゲーマー、梅原大吾さんという方がいらっしゃいます。格闘ゲームで世界一になり、何度かテレビにも出ていらっしゃるので、ご存知の方も多いと思います。 特に有名なのはこれですね。 www.youtube.com 体力を削りに来た相手の攻撃を14回連続で退け、(退けるタイミングは1/60秒らしい)逆転勝利する、というものです。 その梅原さんは何冊か本をお書きになっていて、そのうちの一冊を読...
104Picks
「テレビの未来」と大流行! トリビアゲーム「HQ Trivia」:熱狂する米エージェンシーたち
DIGIDAY[日本版]
|
HQ Trivia(HQトリビア)は、毎日午後3時と午後9時にライブ配信のトリビアゲームを提供する、無料のiOSアプリ。テレビ番組「クイズ$ミリオネア」をユーザー全員でプレイするようなアプリだ。この1カ月で口コミでセンセーションを巻き起こしており、競争好きが多い広告エージェンシーがこのゲームにハマっている。
TVゲーム 概要
世界
日本
アメリカ合衆国