新着Pick
SPD0XOQTKK4OC8UR
トラック(低温物流)
JPN

トラック(低温物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(低温物流)
緻密な温度管理が可能な特殊車両を保有し、食品等、3温度帯(チルド帯・米飯帯・冷凍食品帯)のいずれかの管理が必要な物流を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
28Picks
アリババクラウド、コールドチェーン情報追跡システムをリリース 食品に「マイナンバー」を
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
アリババクラウド(阿里雲)はこのほど、コールドチェーン(低温物流)で配送される食品の追跡システムをリリースした。食品に「マイナンバー」にあたる識別用のIDを付与し、サプライチェーンの初めから消費者側に届くまでの全プロセスを追跡できるようにすることで、食品の安全性を確保する。 同システムは、「アント・グループ(螞蟻集団)
11Picks
花王・ライオン、 スマート物流への取り組みを開始 トラック輸送の生産性向上とCO2排出の削減へ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
花王とライオンは、内閣府が新たな物流基盤の構築に向けて推進している、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「スマート物流サービス」に参加し、サプライチェーン全体の最適化をめざして両社拠点間
18Picks
水素vsEV戦争:世界最大の物流トラック市場を巡り トヨタ・現代・GM vs テスラ・ダイムラーの戦いが始まった | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
各国が脱炭素化を標榜するなか、いま最も注目を集めるのが水素の存在だ。発電、蓄電から乗り物の動力まで、今後のエネルギーの中核を担う、とされる水素。世界最大級のトラック物流市場、米国での覇権をめぐっても水素と電気自動車(EV)で熱い戦いが始まっている。
26Picks
自動運転トラックの「嬴徹科技」、CATL等から約125億円を調達 商用化を加速
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
自律走行トラックの技術開発と運用を手がける「嬴徹科技(Inceptio Technology)」が、このたび1億2000万ドル(約124億円)を調達した。 リード・インベスターは電気自動車(EV)用バッテリーメーカー「寧徳時代(CATL)」、コ・インベスターは既存株主の物流施設大手「グローバル・ロジスティック・プロパテ
112Picks
物流業界をDXする「MeeTruck」が生まれるまで。 | ソフトバンクの新規事業開発ストーリー
Future Stride
|
ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱える物流業界。トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスを提供する「MeeTruck」は、ソフトバンクのデジ...
13Picks
インドネシアの物流プラットフォームLogislyがトラックによる運送のデジタル化で約6億円を調達
TechCrunch Japan
|
インドネシアのロジスティクス産業はとても細分化されており(GBG Indonesia記事)で、数社の大手と何千もの零細企業が併存している。ユーザーは荷種や送り先などに応じてさまざまな業者に運送を頼むことになり、費用も高く、サプライチェーンの管理も難しい。ジャカルタ発のスタートアップLogislyは、「B2Bのテクノロジーによるロジスティクスプラットフォーム」をうたい、米国時間11月2日にシリ...
13Picks
物流とトラックレンタルの巨人Ryderがベンチャーキャピタル事業を立ち上げ
TechCrunch Japan
|
フロリダを拠点とする海運、物流、トラックレンタル会社のRyder System(ライダーシステム)が5000万ドル(約53億円)のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げた。これは戦略的には奇妙な動きのように見えるかもしれないが、実際のところは約3年間の投資活動の集大成だ。 Ryderが独自のベンチャーファンドを創設する動きは、新型コロナウイルスの蔓延をスタートアップ投資を始める機会として利用...
18Picks
ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化
ITmedia NEWS
|
ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。
109Picks
アマゾンエフェクトで出版取次は生き残れるのか。「電子書籍」と「直取引」が焦点に
ニュースイッチ
|
アマゾンの荷物を乗せたトラックは、もはや街の風景の一部になった。新型コロナウィルスの感染拡大は、ネットショッピングを広く生活に浸透させた契機の一つとして、後世の歴史教科書に載ることになるのかもしれない。 アマゾンは、外出自粛などの影響でニーズが急拡大し、一時は物流が悲鳴をあげるほどだったという。そして先日、2020年下半期に、国内の物流拠点を4か所も新設することを発表した。日本におけるビジネ...
83Picks
物流最適ルートを300万通りから30分で!トヨタ系と富士通が「デジタルアニーラ」駆使
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車のIT系子会社、トヨタシステムズ(名古屋市中村区)と富士通は、北米の実データを用いて自動車製造部品の物流で最適となるルートを30分以内に見いだすことに成功した。デジタル回路による近似的量子計算技術「デジタルアニーラ」を活用し、トラック配送による膨大なルート数から、300万通り超の候補を抽出し、全体コストが最小となる最適解を導き出した。大規模な物流網の効率化につながるため、トヨタシ...
1118Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
552Picks
トラック運転手が大量定年、迫る“物流崩壊”
ニュースイッチ
|
トラック運転手不足による“物流崩壊”が迫っている。2027―28年になると必要な運転手の人数に対して25%の人材不足が生じるとの試算がある。単純に考えると企業は4回に1回は商品の輸送をあきらめる計算だ。経済活動への影響を懸念した政府は企業に呼びかけ、物流を持続可能にする「ホワイト物流」推進運動を展開中だ。 目指せ“ホワイト物流” トラック輸送の生産性向上や、女性と高齢者も働きやすい労働環境へ...
563Picks
「自動運転トラック」実証実験=欧州物流に革命的変化も-オランダ
時事ドットコム
|
【ハーグAFP=時事】先頭車の運転を後続車が自動的に認識して追う「スマート・トラック」の実証実験の車列が6日、オランダ・ロッテルダムに到着した。ダイムラー、ボルボなど大手メーカー6社によるプロジェクトで、欧州の物流に革命的変化をもたらすと期待されている。 こ
480Picks
Googleが自動運転トラックで配達する新物流システムを計画している可能性
GIGAZINE
|
自動運転カーを開発するGoogleは、出願した特許の内容から「自動運転配達トラックを使った物流網の構築」を計画している可能性が指摘されました。(PDFファイル)US 9,256,852 B1
438Picks
「無人トラック」実現へ、未来投資会議で方針提示 成長戦略素案
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 政府は30日の未来投資会議(議長、安倍晋三首相)で、成長戦略の素案を示した。素案では、物流面での生産性向上をにらみ、ドライバー1人で複数のトラックを実質的に操縦する「隊列走行」や、小型無人機(ドローン)での荷物配送の実現に向けた方針を打ち出した。
401Picks
トラックドライバーのなり手がいない…物流パンク寸前、ヤマトはついに「ライバル」鉄道を利用
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
アサヒビールとキリンビールが手を組んだ。トラック輸送から鉄道コンテナ輸送へ。写真は2017年1月の出発式(アサヒビール提供)  モーダルシフトが注目されている。…
288Picks
【SPEEDA総研】好調な低温物流、アジア市場への期待
中食需要の拡大やコンビニエンスストア、チェーンストアのPB商品などの強化により、低温物流市場は拡大トレンドにある。特に、コンビニエンスストア大手が弁当や総菜などの生産・販売にチルド温度帯の活用を...
273Picks
配達用ドローンは、トラックより「効率が悪い」かもしれない──米研究所の調査で見えてきた課題
WIRED.jp
|
物流に革命を起こすと期待されている配達用ドローンは、果たして本当に効率がいいのか──。米研究所が発表した論文によれば、場合によってはトラックよりドローンの方が非効率なこともあるという。さまざまな企業がドローンの活用を構想するなかで、現在われわれが考慮しなければならない問題について整理してみよう。
243Picks
物流を変える自動運転トラック、ダイムラーが実験中:「Mercedes-Benz Future Truck 2025」
WIRED.jp 最新情報
|
メルセデスベンツの自動運転トラックのプロトタイプが路上での実験を行った。高速道路を自動で運行するトラックは、ドライヴァーと物流を変革する可能性を提示する。
219Picks
【直撃】Uberのトラック革命が狙う、79兆円の巨大市場
NewsPicks編集部
|
去年5月、ウーバーが新たに始めたサービスが「トラックマッチングビジネス」だ。世界中の物流網を支えているトラックを、Uberという最先端のプラットフォーム上で動かそうというものだ。しかし、なぜトラ...
トラック(低温物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア
インド
アメリカ合衆国