新着Pick
SPD0X6LLNW2VPVDP
教材企画・制作
JPN

教材企画・制作 業界

日本
業界一覧
>
消費者サービス
>
教育・学習支援
>
教材企画・制作
小中高生向けの学習教材を企画・制作する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
何気ない言葉が誰かを傷つけているかも 自分が自分らしく生きるためのLGBT教育 - FNN.jpプライムオンライン
FNN.jpプライムオンライン
|
鈴木款 LGBTに該当する人は11人に1人の割合 東ちづるさんら制作「自分が自分らしく生きるために」を学校の教材に 「ちがいをちからに変える」渋谷区の挑戦とは 11人に1人がLGBTに該当 東京都渋谷
11Picks
【業界初】動く人をリアルタイムに感知して「AI」がAR演出「ライブAIエフェクト」を「東京ガールズコレクション2019」で導入
ロボスタ
|
株式会社W TOKYO 『マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER』~2019年9月7日(土) 於:さいたまスーパーアリーナ~ 東京ガールズコレクション実行委員会(企画/制作:株式会社W TOKYO)は、『マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER』(以下、TGC 2019 ...
31Picks
教養として知っておきたい「編集」の基本。
note(ノート)
|
はじめまして。編集者の松永光弘と申します。 ぼくは15年あまりにわたって、日本を代表する広告制作者やデザイナーといったクリエイターと呼ばれる人たちの本を数多くつくってきました。そして、そこで得た知見や編集者としての気づきをもとに、ここ数年は出版にとらわれることなく活動の領域を大きく広げて、「世の中に編集を生かす」をテーマに企業のブランディングや広報、学校づくり、イベントの企画、講演・司会、パ...
11Picks
「やっと3Dツールが紙とペンのような存在になる」エヴァ制作のカラーがBlenderへの移行を進める理由とは?(西田宗千佳)
Engadget 日本版
|
株式会社カラー(以下、カラー)といえば、ご存じ庵野秀明氏が代表を務める映像企画・制作会社だ。現在は2020年6月公開に向け、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を制作中である。 そんなカラーが、7月30日、短いプレスリリースを出した。 タイトルは「Blender開発基金への賛同について」。オープンソースの3DCGツールである「Blender」の開発を進めるBlender財団に賛同、開発資金の提供...
25Picks
チームで協力して成し遂げるVRプロジェクト開発に挑戦 学生対抗バーチャルリアリティコンテストの連続受賞を狙うスーパー高校生たち
Tech&Device TV
|
VRを中心に学生が企画制作したインタラクティブ作品の新規性や技術的チャレンジ、体験のインパクトを競う学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)。今回編集部では、ユース部門にて4度の受賞歴...
10Picks
『シン・ウルトラマン』映画化に関するお知らせ
株式会社カラー
|
この度、2021年公開予定、映画『シン・ウルトラマン』の制作が発表となりました。 樋口真嗣監督率いる樋口組に、庵野秀明が企画・脚本として参加いたします。 なお、脚本検討稿は2019年2月5日に脱稿、庵野は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の完成後、樋口組に本格的に合流する予定です。 どうぞよろしくお願いいたします。 製作:(株)円谷プロダクション、東宝(株)、(株)カラー 配給:東宝(株) 公...
11Picks
誰にでも、意見をぶつける。日本屈指のフェスの企画制作をしてきた男
CAREER HACK
|
森正志さんは『ap bank fes』や『ロック・イン・ジャパン・フェスティバル』など、国内屈指のフェスにおける企画制作を手かげてきたイベントクリエイターだ。下積み時代から貫いてきたのは、相手が誰でも臆せず意見や考えを伝えていくこと。そこには「愛される音楽ライブをつくるためにベストを尽くす」というスタンスがあった。
61Picks
近畿大学で「VRスクール」が開講 VTuberの企画・制作を学び配信を目指す
MoguraVR
|
近畿大学は、VTuber(バーチャルユーチューバー)の配信を目指す「VRスクール」を6月13日より開講すること […]
17Picks
タイアップ記事なんて、なくなればいい
note(ノート)
|
ViViと自民党。元凶はタイアップ文化? 講談社のWeb版ViViと自民党が制作したPR記事がちょっと話題になりました。事の詳細をここで書くのはもう面倒なのでここにリンクを貼って置くだけにして省略しますが(ファッション誌「ViVi 」の自民党コラボ企画が物議、シンボルマーク入りTシャツに意見も/ FASHION SNAP .COM)、私は、あれを制作したViViサイドの人たちはそれなりに抵抗...
24Picks
休日は「持ち込み企画」をつくり続けた。あるコピーライターが打破した、キャリアの壁
CAREER HACK
|
誰に頼まれたわけでも、仕事でもない。それでも、休日に企画書をつくり続け、チャンスを掴んだ人がいる。コピーライターの阿部広太郎さん。林修先生の「今でしょ!」が話題になった東進ハイスクールのCMの制作に携わった後も、数々の実績を残してきた彼。だが、あるとき、キャリアの壁にぶちあたった。突破口になったのは「持ち込み企画」だったーー。
613Picks
【佐々木紀彦】NewsPicks Studioでやりたいこと
NewsPicks編集部
|
本日、電通との合弁会社「NewsPicks Studio」の設立を発表しました。新会社が担うのは、動画を中心としたポストテキストコンテンツの企画制作・プロデュースです。今なぜ、ポストテキストに挑...
418Picks
Spotifyが黒字転換、Anchorなどポッドキャスト企業2社買収
ITmedia NEWS
|
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、ポッドキャスト制作・配信企業のGimlet MediaとAnchorを買収する。Spotifyは年内に最大5億ドルを投じ、ポッドキャスト関連企業をさらに買収していく計画だ。音楽だけでなく、「オーディオファースト」なサービスを目指す。
569Picks
番組制作費を大公開『世界の果てまでイッテQ!』は3000万円
Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
|
 「カネや手間のかかるコント企画が多く、費用対効果が悪すぎた。視聴率20%台から一桁に落ちて、制作費を約半額にカットしたが、それでも最後は一本各3000万と1500万円だった」(フジテレビ関係者)  今春、フジテレビの長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ×2イケてるッ!』が相次いで消えた。  本誌は人気バラエティ番組の最新の制作費を独占入手!  お次は制作費。ウッチャンナ...
53Picks
朝日放送がDLEを子会社化へ、DLE椎木社長は交代の方針
東京商工リサーチ
|
朝日放送グループホールディングス(株)(TSR企業コード:570004365、東証1部、以下朝日放送GHD)は5月10日、アニメ制作やイベント企画等を手掛ける(株)ディー・エル・イー(TSR企業コード:295371960、東証1部、以下DLE)と資本業務提携を締結すると発表した。DLEの第三者割当増資を引き受け、子会社化する。株式の取得金額は27億7,200万円で、払込期日は5月29日。  ...
462Picks
【第4回】コーディングのできないド素人がチャットボットを作ってみた: ワードプレスのブログに実装編
IBM THINK Watson
|
プログラミングのイロハも分からない筆者が、IBM Watsonでチャットボットを作るこの企画。これまで3回にわたってチャットボット制作の過程をお届けし、前回はコミュニケーションツール「Slack...
364Picks
ネットフリックスが過去最大の値上げに踏み切った理由
NewsPicks編集部
|
このたび、ネットフリックスが料金の値上げを発表した。同社がコンテンツの制作に大金を投じていることを思えば、値上げも驚くにはあたらないだろう。とはいえ、13~18%の値上げ(プランにより異なる)と...
417Picks
100万人に100万通りのコピーを―AIが実現する広告クリエイティブの未来
AdverTimes
|
広告・コミュニケーションの企画制作の現場におけるAI活用を進めている、電通、博報堂プロダクツ、マッキャンエリクソンの3社が、各社の取り組み・研究の今をレポートするとともに、「AIはクリエイティブにどう役に立つの?」という疑問に答えます。
394Picks
星野リゾート、チームラボの代表らが語る「2020年の観光」とは
月刊事業構想
|
2020年の観光とは--。 本誌5月号では、今年3月にパナソニックが博多駅で実施したイベント「WONDER JAPAN TRIP」を取り上げた。実はその裏には、同社が仕掛けたもう一つの企画があった。BSフジの制作で4月17日に放映された、番組内容の一部を紹介する。
380Picks
庵野秀明監督が初めて語る経営者としての10年(上)
Diamond Online
|
アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズや映画『シン・ゴジラ』を手掛けてきた庵野秀明監督には、映像作家という一面の他に、映像企画制作会社カラー代表取締役社長としての顔がある。このたび、カラーの会社設立10周年を迎え、2016年11月23日(祝)から8日間、東京・ラフォーレミュージアム原宿で初の企画展覧会を開催することになった。日本を代表するアニメスタジオを誕生させた庵野監督が初めて会社経営について...
346Picks
ローンなし、煩わしいことなし。住まいを小さくして自由に生きよう!「未来住まい方会議」YADOKARI×鈴木菜央による、場所・時間・お金に縛られない暮らしかた | greenz.jp グリーンズ
greenz.jp
|
働き方を変えて、もっと自由に好きな場所で暮らしてみたい。そんなふうに考えたことがある人は多いのではないでしょうか。 ミニマルライフ、多拠点居住、スモールハウス、モバイルハウス。 いま気になる暮らしかたのキーワードをすべて詰め込んで、これからの豊かさを考え実践するメディア「未来住まい方会議」を運営するYADOKARIのさわだいっせいさん、ウエスギセイタさんとgreenz.jp代表・Co編集長の鈴木菜央さんが、これからの暮らしかたについて話しました。 「新築」と「賃貸」の間の選択肢があれば、人はもっと自由になれる YADOKARI代表兼アートディレクターのさわだいっせいさん(右)と、YADOKARI代表兼プランナーのウエスギセイタさん(左)。ふたりとも前職はWeb制作会社。本業を持ちながら、2012年にプロジェクトとしてYADOKARIをスタートさせました 「未来住まい方会議」は、YADOKARI共同代表のさわだいっせいさん、ウエスギセイタさんが運営するWebメディア。多拠点居住やスモールハウス、モバイルハウスに特化したコンテンツは、世界の小さな住まい方やDIY、移住など、“小さな暮らしかた”のアイデアがたくさん詰まっています。   「未来住まい方会議」Webサイト さわださん 以前は、山手線の内側に暮らすことがステータスだと思っていたんですけど、手に入れたところで結局、自分の中に何も残らなかったんですね。 それに、周りの人が新築物件をどんどん購入していくのを見て、自分はしんどいなと思ったんです。お金にも土地にも縛られるというイメージ。 住宅購入って、新築物件を35年とかの長期ローンで組むか、賃貸物件を選ぶかどちらかしかない。その間の面白い選択肢がもっとあるんじゃないか、それをメディアでやってみようと考えました。 ウエスギさん 既に2010年には核家族化、未婚問題、独居老人など様々な要因もあり、国内世帯数の6割近くが1〜2人暮らし世帯となっています。都心部になれば1人暮らしの増加はより顕著ですね。 そのような状況からも、家そのものは小さいことがフィットする時代になっていると考えていて。僕自身はモノを持たない暮らしを実践しているのですが、これまではヒッピー扱いされてきた“小さく暮らすこと”は、消費社会の次の選択肢であると思うし、そういう暮らしが最高にクールだと思わせたいんです。 Facebookグループ「YADOKARIサポーターズ」のメンバーは、立ち上げから1年半ほどで880名を超える人気ぶり。 オフィシャル部活動としてYADOKARI小屋部やYADOKARI菜園部が立ち上がり、リアルな場で読者がつながって、週末になると小屋をつくったり野菜を育てたりと、その活動はどんどん広がっています。 小屋づくりは、現代のセラピー!? オーナーがDIYでつくったツリーハウスをカフェにした、「なんじゃもんじゃカフェ」(神奈川県横浜市)にて。横浜を見下ろす高台にひっそりと建っています 千葉県いすみ市で35m2のトレーラーハウスに家族4人で暮らす鈴木菜央さんは、母屋としてのトレーラーハウスの他に、半セルフビルドのスモールハウスを計画中なのだそう。 ここからは、「小さく暮らす」ことを実践する鈴木菜央さんと、YADOKARIのおふたりによる対談をお届けします。   菜央さん YADOKARI小屋部、楽しそうですね! ウエスギさん 「未来住まい方会議」にはいろんなカテゴリーがありますけど、リアルな活動として一番盛り上がっているのはYADOKARI小屋部でしょうか。自分でつくれるんだ!という感動があるんですよね。 手を動かしてみると、今までは専門家に任せすぎていたことに気づくというか。 さわださん 小屋づくりは、1歩目の分かりやすさがあると思うんです。家としての最小単位で、手が届きやすい。でもスモールハウスとなると、まだ2歩、3歩先なんですね。 子どもがダンボールハウスをつくるような感覚で、大人もちょっと手を動かしてやってみると、意外と簡単にできてしまう。そういう機会って、これまでなかったんですよね。 菜央さん 生きていくのに必要なものを自分でつくれる“安心感”ってほっとしますね。今は、暮らしにまつわるあらゆる物事を大きな社会の仕組みに依存していて、みんな潜在的に“不安”を抱えているんじゃないかと。 例えば「せんきょCAMP」では、未来について語ろうというコンセプトでいろんな人が集まるんだけど、参加して「人生が変わりました」って言う人が結構いてびっくりしました。 やっていることは本当に単純で、自分の中にあることを語り、相手が言うことを、聞く。それだけなんですが、それが一種のセラピーになっているんですね。ある意味で、そうなってしまっているのが現代社会。小屋づくりも、そうしたセラピー的な要素があるのかもしれませんね。   さわださん 人間の本能には、生きるために必要な家をつくることも組み込まれているはずなのに、それを知らずに一生を終えてしまう。そうか、自分でつくれるんだって気づくことは、すごくハッピーなことなんですよね。 家が小さくなると、社会の構造も変わる!? 菜央さん この間、H.D.ソローの『森の生活』を読んだのだけど、彼は著書の中で“家を小さくすることで社会の構造が組み変わる”という意味のことを言っていて。一番大きな商品ともいえる住宅が小さくなると、確かに世の中が変わりそうですね。   ウエスギさん 確実に変わっていきますよね。僕は、家を小さくすることで、すべての産業が生まれ変わるんじゃないかと思っているんです。 おそらくエネルギーが半自給化して、下水道をつながないで自分で簡易浄化装置をつくるなど、インフラがどんどんオフグリッドに近くなっていく。当然、持続可能な生き方を考えるきっかけにもなって、環境負荷の掛からない暮らしかたを自然と目指すようになるのかなと。 菜央さん サービスで言うと、買うのではなくて修繕するサービスだったり、サイズの決まった既製品ではなく、自在にサイズを変えられるオーダーメイドだったり、職人さんと一緒に自分も手を動かしてつくってみたり、ということかな。 トレーラーハウスに引っ越しして気づいたことは、家具のサイズが大きすぎたり、微妙に合わなくて、結局自分でつくったほうがいいんだ、ということなんです。 物質的な豊かさから、本質的な豊かさへのシフト 「なんじゃもんじゃカフェ」の入り口。オーナー自身のDIYでつくられたツリーハウス ウエスギさん 僕自身は、テレビを捨てて本・雑誌を手元に置かないようにしたら、考えることが変わったんです。時間も増えて、その分新たな活動や家族との時間が増え、より充実した毎日になってきていると感じています。それだけのことで、時間の使いかたも変わるんですよね。 菜央さん 家が小さくなれば、当然持ちモノは厳選しますよね。物質的な豊かさではなく、本質的な豊かさに気づいていく。 テレビもやめて、好きなスポーツ観戦はみんなでパブリックビューイングをするとか、みんなで小さな映画館をつくってドキュメンタリー映画を観るとか、それで事足りるし、そのほうが楽しいよね。 さわださん インターネットのインフラが整った今、住まいという分野においても、いろんなことが変わってきていますね。今までは専門家に相談するのが当たり前だったけど、ネット上に図面があるし、自分で調べて部材を直販で買うこともできる。 一緒にやってみない?と旗を立てれば、知らない人同士もすぐにつながって、集まることができる。 菜央さん 知恵を持ち寄って、手を動かすって本当に楽しい。みんなで小屋をつくろう、と呼びかけやすいインフラもできた。インターネットの哲学は個人の解放だと思うのね。 必要な個人個人がネットを介して、自由に交換できる世界。本質的な豊かさへシフトするには、こうした“交換”、つまりコミュニティが不可欠ですね。 タイニーハウスムーブメントって、何だろう? 菜央さん このムーブメントって、いったいどういうことなんだろうと考えていて。 日本はここ数十年間、大量に消費する時代を突き進んだわけだけど、あちこちで大きなひずみができていると思う。住宅でいうと、いつの間にか、本当はたいして価値のなかったり、3〜40年で古くなって建て直したくなる家に大金を払って住むことがいいって風潮になってしまった。 でも原点に立ち返って、本当の意味で自由になるにはどうしたらいいんだろうって、みんな考え始めた。そうした背景がタイニーハウスムーブメントにはあるのかなと。 僕たちは、消費者としては成長しているかもしれないけど、自分の暮らしを自分でつくる力は、どんどん衰えていると思う。暮らしのあらゆる局面が、サービス化されて、経済に組み込まれていっている。家で言えば、僕も含めて、手を動かしてつくったり直したりする経験がほとんどない。 ウエスギさん 日本人はそもそも、ミニマリズム的な思想を持っているはずなのに。海外で流行っている“ルーツ”をたどれば、日本に長期滞在した経験のある人が禅の思想に影響を受けて、自国に戻って始めていた、ってことだったりするんですよね。 逆に、いま日本にいること自体がクリエイティブなことだと思いますよ。自分たちの手で、新しいつながりの中で、またつくっていこうよと。   菜央さん タイニーハウスムーブメントが北米を中心に広がっているのは、リーマンショックで多くの人が住宅ローンを返済できなくなって、ホームレスになってしまったり、一家離散した家族が本当にたくさんいた。 そういうことを通して、目が覚めたという背景があると思うんです。激動するグローバル経済の中で大きな不動産ローンを背負うことの危うさとか、重たさに気づいてしまった。自分が生きていく上で大切にしたいことが、この重たさに邪魔されている、と。 さわださん 生活をより軽く、シンプルにしようと考えたら、暮らしをダウンサイズするのが自然なこと。そうやって、いろんな人が今、スモールハウスという選択肢を選んでいるんだと思います。 菜央さん 知らないうちに背負わされている物事から解き放たれたときに、本当の意味で自由になれると思うんです。場所・時間・お金に縛られずに、家や暮らしのサイズを小さくすることで大きな幸せを得られる。身軽になって、そんな自由な暮らしをつくっていきたいですね。 (インタビューここまで)    20世紀をひとことで言うと、経済成長が優先される、大量生産と大量消費の時代でした。その結果、私たちの目の前には自然環境だけでなく、社会の構造や金融危機など、さまざまな問題が折り重なるようにして置かれています。 そんな中、物質的な豊かさから、本質的な豊かさへと価値観がシフトして、「小さく暮らす」生き方を選択する人が増えているのです。 自分の好奇心に従って行動してみる勇気さえあれば、誰でも“あたらしい豊かさ”を手に入れることができるはず。 もし「小さく暮らす」ことに興味が出たら、「未来住まい方会議」Webサイトをチェックしてみては?   また「休日不動産」ページでは、“休日を楽しく過ごせる”ポテンシャルを持った関東近郊の空き家が公開されていて、今までの“別荘”とはひと味違った、充実した休日を過ごすための拠点がずらり。   きっと、最初の一歩を踏み出す勇気をもらうことができますよ。
教材企画・制作 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
ベトナム