新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
49Picks
独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の思惑
Reuters
|
[ミュンヘン 22日 ロイター] - 未来の自動車技術の最有力候補はバッテリーかもしれないが、劣勢の水素を切り捨てるべきではない―─。こうした見方に立つBMWやアウディなど一部の大手自動車メーカーは、脱化石燃料に向けた準備の一環として、電気自動車(EV)と並行して水素燃料電池式乗用車のプロトタイプ(試作車)を開発している。
8Picks
スマホ事業を閉鎖したLGが自動車向けサイバーセキュリティのCybellumを264億円で買収、
TechCrunch Japan
|
韓国の大手テック企業であるLGエレクトロニクスは、かつて携帯電話分野でトップシェアを誇っていたが、現在は同事業を縮小している。同社は、次世代の自動車向けハードウェアおよびサービスという新分野への意欲の表れとして、イスラエルの自動車用サイバーセキュリティ専門企業であるCybellumを買収すると発表した
34Picks
トヨタなど車関連の10社連携、デジタル技術で開発効率化へ…マツダがノウハウ提供
読売新聞
|
トヨタ自動車やマツダ、パナソニック、デンソーなど国内の自動車、自動車部品メーカー10社は24日、デジタル技術で開発を効率化する「MBD(モデルベース開発)」普及に向けた業界団体「MBD推進センター」を発足させたと発表し
2Picks
アングル:独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の思惑 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[ミュンヘン 22日 ロイター] - 未来の自動車技術の最有力候補はバッテリーかもしれないが、劣勢の水素を切り捨てるべきではない―─。こうした見方に立つBMWやアウディなど一部の大手自動車メーカーは、脱化石燃料に向けた準備の一環として、電気自動車(EV)と並行して水素燃料電池式乗用車のプロトタイプ(試作車)を開発している。今は米EV大手・テスラが低公害車の開発を方向付けているが、政治の風向...
367Picks
【週末に学ぶ】まずは、気候の「ナラティブ」を理解しよう
NewsPicks編集部
|
脱炭素、カーボンニュートラルにSDGs、ESG…。今や環境をめぐる用語がメディア上での氾濫し、見ない日はなくなった。エネルギー業界だけでなく、金融、自動車、アパレルも含め、気候変動や環境、社会に...
12Picks
メルセデスがステランティスと連携-欧州電池合弁、9000億円超規模に
Bloomberg.com
|
ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは、欧州のバッテリー製造合弁でステランティスおよびトタルエナジーズとタッグを組む。同合弁の規模を70億ユーロ(約9000億円)余りに拡大し、高級車メルセデス・ベンツ部門の電気自動車(EV)向けに電池を確保する。
105Picks
大手商社丸紅が「空飛ぶ車」事業に新加入 英国企業と業務提携
TBS NEWS
|
大手総合商社の丸紅は、「空飛ぶタクシー」の開発を行うイギリスのスタートアップ企業と業務提携すると発表しました。 丸紅が業務提携するのは、「空飛ぶタクシー」を開発するイギリスのスタートアップ企業「バーティカル・エアロスペース」です。  バーティカル・エアロスペースは5人乗りの電動垂直離着陸機「VAーX4」を開発中で、これまでにアメリカン航空やアトランティック航空などが購入を表明しています。丸紅...
7Picks
MBD(モデルベース開発)推進センター発足 モノづくりの輪を広げ、日本の自動車産業の発展に貢献
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
国内自動車メーカー5社(SUBARU、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ)、部品メーカー5社(アイシン、ジヤトコ、デンソー、パナソニック、三菱電機)は、MBDを全国の自動車産業に普及す
13Picks
世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争取り残された日本の自動車産業の危機
ビジネスジャーナル
|
ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040年には世界で販売する新車をすべてEVあるいはFCEV(燃料電池車)にすることを4月に発表した。その計画に伴いHEV(ハイブリッド車)の生産を中止する。エンジン車の生産は40年でゼロである。
5Picks
ロータリーHV来年追加&レンジエクステンダーも開発継続! マツダの「象徴」開発中止説の真相 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
2021年6月、一部で「マツダ、ロータリーエンジン使う航続距離延長は中止」と報道され、自動車メディアが色めきたった。マツダ広報部は報道内容を否定していたが、全くの誤報というわけでもないようだ。一連の動きを解説する
14Picks
フォードがEV普及に向け、バッテリー原料リサイクル企業のRedwood Materialsと提携
TechCrunch Japan
|
2020年発売された「Mustang Mach E」や、間もなく発売されるピックアップトラック「F-150 Lightning」をはじめ、フォードがそのラインナップに電気自動車を増やしていく中で、今回のフォードとRedwood Materialsの提携は結ばれた。
63Picks
世界の半導体不足、来年に解消も 新工場の建設で=テスラCEO
Reuters
|
[トリノ 24日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は24日、現在計画中もしくは建設中の新たな半導体工場によって、自動車業界に影響を及ぼしている世界の半導体不足が「短期的に」解消される見通しという考えを示した。
3Picks
世代交代直前はかなり魅力的だった? 長い歴史があっても消えた車3選
くるまのニュース
|
日本車のなかには50年以上もの歴史を刻むモデルがあります。しかし、長い歴史があっても販売台数の低迷が続けば、存続は難しくなるでしょう。そこで、世代交代する直前のファイナルモデルを、3車種ピックアップして紹介します。
11Picks
コロナ下、親子でミニ四駆 人気再燃、第4次ブーム? ステイホーム、世代も時代も超え | 毎日新聞
毎日新聞
|
9月初旬の週末。東京・新橋。ビルの一室に入ると、120メートルを超える巨大な周回コースを全長15センチほどの小さな車が猛スピードで走り抜けていった。コースの上を走り回るのは、1980年代からたびたびブームを巻き起こしてきたプラモデル大手、タミヤの「ミニ四駆」。その人気が再び高まっているという。背景
2Picks
[報告書]Countdown to Zero 自動車会社によるCO2排出実績の比較 - 国際環境NGOグリーンピース
国際環境NGOグリーンピース
|
『Countdown to Zero』(ゼロへのカウントダウ…
30Picks
中国恒大集団のEV部門、資金繰りショートを警告 当局は沈黙
Reuters
|
[シンガポール/上海 24日 ロイター] - 中国の不動産開発大手、中国恒大集団傘下で電気自動車(EV)の開発・生産を手掛ける中国恒大新能源汽車集団は24日、迅速な資金注入がなければ資金繰りが破綻すると警告した。同グループの他事業部門でも流動性危機が悪化していることが明らかになった。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア
Premiumを無料で体験
登録・ログイン