新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
554Picks
【解説】今、アフリカの「自動車ビジネス」が面白い
NewsPicks編集部
|
13億人の人口を抱えるアフリカ大陸は、今後の有望マーケットとして注目されている。各国の平均年齢は、10〜20代。将来の巨大市場をめぐり、進出をうかがう企業は多い。しかし、商習慣の違いから、アフリ...
10Picks
現代車「コナ」17件目の火災、今度はノルウェーで…水入ったコンテナに移して鎮火(中央日報日本語版)
Yahoo!ニュース
|
現代自動車「コナ」電気自動車の火災がノルウェーでも発生した。人命被害はなかったが、今年2月に現代車がバッテリー交換を発表してから落ち着いていた電気自動車の火災に対する不安感がまた高まっている。コナ電
10Picks
ヒュンダイの「コナEV」でまた火災事故 リコール対象外車種で - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
ヒュンダイ自動車の電気自動車(EV)で、また火災事故が発生した。コナEVは、2018年の発売以降、国内外で計1 […]
11Picks
完全自動運転と相性・親和性が良いのは電気自動車(BEV)?【ガソリンエンジンは不向き】
Free Life
|
日本の文脈で「EV化すべきか?」のレベルで止まっている間に世界では「完全自動運転」への動きが活発になっています。なぜガソリン車ではなくEVの方が自動運転との相性が良く親和性があるのか、について解説する中で「再生可能エネルギー」の分野でも「自動運転」の文脈でもなぜかEVを避けようとする日本の問題について探ってみます。
7Picks
EVユーザーの20%がガソリン車に戻った充電問題の解決が急務
Business Insider Japan
|
・カリフォルニアでは電気自動車オーナーの約20%がガソリン車に替えた、と最近の研究が示している。 ・その主な理由は、充電の不便さだという。 ・この結果は、成長を続ける電気自動車市場が新たな課題に直面していることを示唆している。 約3分で、フォード・マスタング(Ford Mustang)のガソリンタ...
22Picks
日産、北米で高級SUV インフィニティ、今秋発売
共同通信
|
【ニューヨーク共同】日産自動車は23日、高級ブランド「インフィニティ」のスポーツタイプ多目的車(SU...
6Picks
硬ければいい? 何がどう変わる?? 車体剛性が高いとクルマの何がどう良くなるのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
新型車が登場した際、メーカーによる広報資料に「車体剛性が30%アップした」と書かれていることがしばしばある。多くの人が読み飛ばしてるであろう「車体剛性」という言葉。なぜ、車体剛性が高いとクルマはよくなるのか。
6Picks
テスラ車を時速113kmでけん引すればバッテリーを高速充電できるのか?
GIGAZINE
|
テスラの電気自動車はガソリンではなくバッテリーに充電した電気で走行するため、ドライブ中にバッテリーが減った場合は各地に設置されている専用充電器スーパーチャージャーか、その他の充電設備で充電する必要がありますが、バッテリーが減った時に近場の充電設備がなくて困ったテスラオーナーもいるはず。そこで、「電気自動車はアクセルを離している最中に車が動いていると、回生ブレーキが動作して充電できる」という点...
7Picks
歴代ナンバーワン「ホットハッチ」は?? プロが思い入れ満載で選ぶ国産&輸入車 6選 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
シビックタイプR、メガーヌR.S.トロフィー、リーフ…。歴代のホットハッチをテーマに、3人の自動車評論家が「日本車と輸入車の歴代No.1ホットハッチ」を選出。新鋭アウディS3もクローズアップ!
65Picks
スターリンク、キャッシュフロー予測可能になれば上場=マスク氏
Reuters
|
[23日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は23日、自身が率いる宇宙開発会社スペースXの衛星通信事業「スターリンク」について、キャッシュフローが合理的に予測可能になった段階で上場する考えを示した。
3Picks
価格以上に“ハク”が付く!!? 威張れるクルマ - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
価格以上に“ハク”が付く!!? 威張れるクルマ クルマには威張れる要素が多々宿る。今回は4つのテーマでそれを解き明かしていく。アルファード、ヤリス、RAV4、CX-3、S660、ホンダe、BMWなどの輸入車など、様々なクルマが登場。走り、内装…様々な「威張れるクルマ」たちを取り上げる。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア