新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
ジョブズが夢見たアップルの自動車プロジェクトは、テスラを上回る革新を実現できるのか
WIRED.jp
|
アップルの自動車開発プロジェクトが、どうやら復活しているらしい。だが、クルマの概念を一変させるような製品は、すでにテスラが世に送り出している。こうしたなか、アップルは世界を驚かせるような新しいクルマをつくりだせるのだろうか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。
56Picks
火星探査車「パーサヴィアランス」は、そのカメラで人間には“見えない”ものまで映し出す
WIRED.jp
|
無事に火星に着陸した米国の探査車「パーサヴィアランス」には、“眼”となる25台ものカメラが搭載されている。その一部は人間の目と脳には捉えられない色をとらえることで、生命の手がかりを見つけ出そうとしている特別なカメラだ。この作業には火星の大気で見えるものを正しく捉え、人間の目に見える情報へと変換する複雑なプロセスが必要になる。その仕組みとは?
19Picks
2020年自動運転車試験報告:バイドゥが全走行距離の96%を占め独走態勢
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
先日、中国政府による唯一の自動運転車走行試験に関する報告書「2020年北京市自動運転車両路上試験報告」が発表された。路上試…
167Picks
自動車産業に参入するアップルの真意を読み解く
Diamond Online
|
一度は撤退したかに見えた「アップルカー」が再び俎上にあがってきた。アップルが複数の自動車メーカーと交渉しているというニュースだ。内外のメディアがその相手はだれか、どんなクルマになるのかを報じている。とくに自動車業界や一般メディアにおいては、GAFAの一画がロボットカーではなく、乗用車市場に参入するのではないかと推測し浮足立った感がある。状況を整理してみよう。
44Picks
【EVは本当に環境に優しい?】値下げされたテスラ、モデル3、ガソリン車よりもCO2排出が多い問題
note(ノート)
|
要点 ・テスラモデル3が値下げ、上海ギガファクトリーで生産し、日本に輸出される予定 ・中国では現状、電力構成において、化石燃料が主流となっており、生産時のCO2排出量が多くなる ・生産から廃車までのLCAで、CO2排出を計算すると中国産モデル3はガソリン車、MAZDA3 よりもCO2排出量が多くなる 2月中旬、テスラ、モデル3、突然の値下げが発表され、日本中が騒然となりました。 テスラ、モデ...
7Picks
今の軽自動車は120km/h時代に通用するのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
ファミリーでちょっと遊びに……なんていう時に便利なスーパーハイト軽自動車。しかし高速道路で遠出なんていう時はどうだろうか……120km/h化した新東名を、松田秀士氏が軽自動車で走ってみた!
47Picks
【中の人が語る】ぶっちゃけEVとHV、環境に良いのはどっちなんですか?
note(ノート)
|
結論:2020年12月段階では LCA(製造〜廃車まで)のCO2排出量は EVよりもHVの方が少ない 2020年12月、自動車、特に電気自動車(EV)に関する議論が白熱しています。 発端となったのは日本政府の示した「30年代半ばに新車販売を電動車だけにする目標を設ける方向で検討」するというニュース。 経産相「車の電動化不可欠」 温暖化ガスゼロに向け: 日本経済新聞 日本経済新聞の電子版。日経...
4Picks
米アップルやグーグルが自動車業界への参入を目指すワケ
LIMO
|
米アップル(アップル)が進める電気自動車(EV)生産計画が、2021年1月ごろから複数のメディアで報じられています。この生産計画について、公式情報・特許出願情報をもとに解説します。
65Picks
アップルと起亜自動車、電動スクーターで協力する可能性あり?(Reuters報道)
Engadget 日本版
|
Hyundai アップルとヒュンダイ/起亜自動車との自動運転EV生産契約をめぐる交渉は物別れに終わったと見られていますが、まだ他の分野で協力する余地があり、それは電動スクーターかもしれないとの噂が伝えられています。 米Reutersによると、オンラインメディアの朝鮮ビズはアップルと起亜が2020年にMOU(了解覚書/当事者間の合意事項を記した文書。法的拘束力はない)に署名して8つのセクターで...
11Picks
日本車があぶない!:「航続距離800キロの中国製EV」は世界を席巻するか | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
EVの普及加速化のためには航続距離の延長と充電時間の短縮、それから電池の低コスト化が急務だ。 それら全てを可能にすると期待されている技術が「全個体電池」。 これまで「実用化間近」というニュースが度々流れながら、ウヤムヤになるケースがほとんどだった。
66Picks
商用EVトラック開発の「Xos Inc」がSPAC上場へ、企業価値は2100億円
Forbes JAPAN
|
カリフォルニア州ノースハリウッド本拠の商用EV(電気自動車)メーカー「Xos Inc」が、SPAC(特別買収目的会社)のNextGen Acquisition Corpとの合併を通じて株式を上場する。今回の合併でXosの企業価値は20億ドル・・・
12Picks
トヨタで実践される 「強い事業体=人づくり」 というマネジメント - 経営トップの仕事
Diamond Online
|
トヨタは長期間、極めて堅調に事業を発展させてきた日本の代表格の企業だ。しかし、最近では次世代の移動手段としてテスラの電気自動車が現れ、グローバル市場で注目を集めている。トヨタが時代の変化に取り残されるのではという危機説がマスコミで唱えらたりもした。カイゼンに代表されるトヨタのものづくり、企業体としての強みとは何か?
57Picks
自動車業界のサプライチェーンを襲う「電動化」の波
note(ノート)
|
おはよう人類。 先日、こういう話を書いた。 要約すると、半導体の供給問題は大別して「先端製品」と「枯れた製品」の双方で発生していて、解消は容易ではない(そもそも解消する手立てがない)といったような話だが、半導体供給不足が自動車業界にどのようなインパクトを生じているのか、という話を今回は書いてみたいと思う。 自動車と半導体を語る前に、実は自動車と広く「電装部品」というのは自動車が生まれた頃から...
2Picks
防爆無人搬送車を開発、Ex2018準拠で磁気誘導式
MONOist
|
三菱重工業は、操縦が省力化できる磁気誘導式の「防爆無人搬送車」を開発した。工場電気設備防爆指針「Ex2018」に準拠して設計しており、可燃性ガスのある危険場所でも安全に使用できる。
3Picks
ヒュンダイの新EV「アイオニック5」が欧州で好評…募集台数の3倍が応募か - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
ヒュンダイ自動車の新型電気自動車「アイオニック5」が、韓国で事前契約の初日新記録を打ち立てたのに続き、ヨーロッ […]
105Picks
日産、「eパワー」発電用エンジンで世界最高熱効率50%実現
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - 日産自動車は26日、発電専用ガソリンエンジンで最高熱効率50%を実現できる技術を発表した。自動車用ガソリンエンジンの平均的な最高熱効率は30%台で、40%台前半が限界とされる中、新技術による最高熱効率は世界最高水準で、ハイブリッド車(HV)の燃費性能が大幅に改善できる。
4Picks
米8州知事、連名でバイデン大統領に書簡 車載半導体不足への対処要請
Reuters
|
[ワシントン 26日 ロイター] - 米国で自動車産業が盛んな8州の知事らは26日、党派を超えて連名でバイデン大統領に書簡を送り、世界的な車載用半導体不足に対処するため、海外各国の政府とともに、半導体企業にさらに強く増産を促すよう要請した。半導体不足のため、自動車メーカー各社は減産を余儀なくされている。
4Picks
高級イメージの宝庫! クルマ好き女子なら一度は乗って欲しいドイツ車5選
WEB CARTOP
|
機能性や安全性の高いモデルも存在する  数ある輸入車ブランドのなかでも、女性に対する知名度が高く、購入を検討したり「いつかは乗りたい」と憧れている女性も多いのが、ドイツ車ではないでしょうか? メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンといった錚々たるブランドはもちろん、古くはイギリス車... The post 高級イメージの宝庫! クルマ好き女子なら一度は乗って欲しいドイツ車5...
127Picks
テスラ、部品不足で米工場2日間停止 マスク氏がツイート
Reuters
|
[25日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は25日、ツイッターへの投稿で、カリフォルニア州フリーモント工場が「部品不足」のため、今週2日間生産を停止し、24日に再開したと明らかにした。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア