新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
“脱炭素”加速で自動車業界「次の勝者はだれか」
毎日新聞「経済プレミア」
|
2020年9月中間決算でトヨタ自動車やSUBARU(スバル)などが黒字を確保し、自動車各社が一息ついていた頃。金融市場では、自動車業界の「次の勝者」を探す動きが活発化していた。動いたのは、米最大の公的年金基金である「カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)」だ。米証券取引委員会(SEC)に提
3Picks
アマゾンとブラックベリー、自動車向けソフト基盤「IVY」を共同開発--AWSとQNXを連携
CNET Japan
|
Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)とBlackBerryは、クラウドベースの自動車向けデータ処理プラットフォーム「BlackBerry IVY」を共同開発すると発表した。
5Picks
自動運転時代、自動車メーカーによる保険の提供が当たり前に?
自動運転ラボ
|
コネクテッドカーの普及に伴い、保険事業に乗り出す自動車メーカーが増加傾向にあり、1つのムーブメントとなっている。中には直営に着手するメーカーもあるようだ。 コネクテッド化・自動運転化で保険商品の中身が変わっていくのと同時 […]
4Picks
電動化の流れに拍車=脱ガソリン車、地方の「足」に影響も
時事通信社
|
 2030年代半ばにガソリン車の新車販売が禁止される方向になったことを受け、自動車メーカーでは、「電動化」の動きに拍車が掛かりそうだ。ただ現在の技術では、電動車の生産コストはガソリン車より割高。...
27Picks
米ルミナー、好調な上場  25歳創業者は億万長者に
The Wall Street Journal
|
自動運転車向けのセンサー技術を手掛ける米ルミナー・テクノロジーズが3日、ナスダック市場に上場した。好調なデビューを飾り、創業者兼最高経営責任者(CEO)のオースティン・ラッセル氏(25歳)は一夜にして億万長者になった。  ラッセル氏...
1Pick
自動車の佐藤琢磨がグランプリ 毎日スポーツ人賞
共同通信
|
自動車の佐藤琢磨がグランプリ 「2020毎日スポーツ人賞」の表彰式が4日、東京都内で開かれ、米国伝統の自動車レース、インディアナポ...
13Picks
EVが走り回る未来──の前にリサイクルバッテリーの開発レースが待っている
WIRED.jp
|
何百万台もの電気自動車(EV)が道路を走り回る未来がやって来る。でも、その前にリチウムイオンバッテリーのリサイクル技術の開発レースが幕を開けようとしている。電極材の混合物である「黒い塊(Black Mass)」を古いバッテリーからいかに回収し、原材料へと生まれ変わらせるか。数々のスタートアップが挑む。
83Picks
日本も「ポスト石油」の世界へ
note(ノート)
|
今朝、毎日新聞とNHKが、経済産業省がガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁止する方向で調整に入ったと報じました。発表は毎日新聞が朝5時ちょうどで、NHKが5時5分ということなので、両社申し合わせの上、NHKが毎日に5分譲ったというところでしょうか。 「電動車(xEV)」とは 両社の報道によると、禁止対象はいわゆるガソリン車で、以降の自動車販売は経産省が定義する「電動車」に限られるとのこ...
2Picks
日産もトヨタもベスト10圏外へ〜世界の電気自動車(プラグイン車)販売ランキングが示す現実
EVsmartブログ
|
米『EV Sales』の、世界のプラグイン車(電気自動車とプラグインハイブリッド車)のメーカー別販売台数ランキングで、日産、トヨタの日本勢がベスト10の圏外へと陥落。
18Picks
“脱ガソリン” 2030年代半ばに新車販売すべて「電動車」へ
NHKニュース
|
【NHK】経済産業省が2030年代半ばに国内の新車からガソリン車をなくし、すべてをハイブリッド車や電気自動車などにする目標を設ける…
3Picks
脱ガソリン車、年内に計画案策定 梶山経産相「電動化は不可欠」
共同通信
|
脱ガソリン車、年内に計画案策定 梶山弘志経済産業相は4日の閣議後記者会見で、2030年代半ばに国内新車販売からガソリン車をなくす目標...
3Picks
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
MONOist
|
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。
2Picks
ダイセルが中国で数百億円の大型投資!世界シェア首位の「ポリプラ」自動車用途に
ニュースイッチ
|
ダイセルは、世界シェア首位のエンジニアリングプラスチックであるポリアセタール(POM)について、中国で重合設備を新設する方針を明らかにした。生産能力は年9万トンで、投資額は数百億円規模になる見通し。2020年度内にも正式に決める。POMは自動車用途などを中心に世界的に需要は堅調。大型投資を実施し、成長市場を取り込む。 完全子会社のポリプラスチックス(ポリプラ、東京都港区)が建設する。ポリプラ...
8Picks
トヨタの燃料電池車MIRAI「東京五輪カー」1台740万円が400台“雨ざらし”放置
Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
|
「愛知県豊田市の本社近くの駐車場に、“東京五輪カー” 仕様の『MIRAI』が、雨ざらしになっているそうなんです」 そう話すのは、トヨタ自動車関連企業のある社員だ。11月下旬、本誌が件の場所を訪ねると、ボディに東京五輪・パラリンピックのエンブレムが塗装された、400台にものぼるMIRAIが、薄汚れたまま放置されていた。【関連記事:トヨタ、全日空、日本製鉄…大企業社員が自民党で“タダ働き”!】「MIR
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア