新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
52Picks
「ティア3」の課題まで洗い出すトヨタの執念、コロナ禍にも動じないサプライチェーンの強さを見た!
ニュースイッチ
|
販売上積み 回復基調 トヨタ自動車が底力を示している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年4―6月期決算は自動車各社が苦戦する中で、営業黒字を確保した。21年3月期の販売台数見通しを期初公表値から上積みするなど、販売も回復基調だ。収益基盤を支える一因に強固なサプライチェーン(部品供給網)がある。コロナ禍でもサプライヤーなどと協力し、難局を乗り切る考えだ。(名古屋編集委員・長塚崇寛、...
3Picks
〈PwCの眼〉PwCコンサルティング合同会社シニアマネージャー 細井裕介 デジタル時代の自動車購入体験と売り手の変化
日刊自動車新聞 電子版
|
細井裕介(ほそい・ゆうすけ)氏 前稿では、新規事業の探索としてモビリティトランスフォーメーションの必要性と構成要素を整理した。本稿では、既存事業の深化として、デジタル時代の自動車購入体験と実現要所を提示する。新型コロナウイルス感染…
3Picks
1980年代の個性的な日本車セダン4選
GQ JAPAN
|
1980年代に登場したユニークな日本製セダンを小川フミオがセレクト。当時の思い出とは?
185Picks
ソニーは「第2のテスラ」になれるのか!? ソニー製のEVが東京で公道走行開始へ
VAGUE
|
ソニーは2020年7月27日、東京都内で電気自動車(EV)の試作モデル、「VISION-S」を公開した。2020年度中に日本の公道で走行実験を予定しているという。現時点では販売の計画はないというが、現時点での作り込みを見ると、すぐにでも市販化されてもおかしくないレベルだ。ソニーは「第2のテスラ」になることができるのだろうか。
5Picks
残すはシビックのみとなった過激モデル ホンダにとってタイプRは本当に必要なのか? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
F1GPやインディーカーシリーズ(米)にエンジンを供給するホンダの市販車ラインアップから「タイプR」のロゴが消えている。  現在タイプRが設定されているのは「シビックタイプR」のみ。フィットもフルモデルチェンジを機に「RS」さえもなくなっ…
5Picks
マツダ最後の傑作ミニバン プレマシーが消えた背景 【偉大な生産終了車】 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はマツダ # プレマシー (1999-2018)をご紹介。生産終了は惜しすぎる!!? #マツダ の「ミニバン戦略終了」の背景とは。
15Picks
マジでこのまま売るのか!! 8月末発表「ホンダe」市販モデル全情報 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
ホンダは2020年8月末に発表予定の新型電気自動車、ホンダeのメディア向け技術説明会を開催し、初披露した。  2017年9月のフランクフルトショーでコンセプトモデル、「アーバンEVコンセプト」が発表され、今回初めてホンダeの市販モデルの概…
30Picks
中国、新エネ車購入規制緩和へ 補助金提供=国営メディア
Reuters
|
[北京 6日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委、NDRC)は5日、新エネルギー車(NEV)の購入に対する規制を緩和し、補助金を提供する方針を示した。中国国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が、発改委の寧吉喆副主任の発言として伝えた。
280Picks
ついに世界1位! 悔しがるトヨタが到底真似できない「テスラだけの3つの強み」
週刊エコノミスト Online
|
米国EV(電気自動車)専業メーカーのテスラの時価総額が7月1日、世界最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車を上回った。株式市場では、年間販売がわずか37万台のテスラが1000万台超のトヨタを時価総額で抜いたことに大きな関心が集まっている。
21Picks
ドイツ車のカッコよさを、なぜ日本車は超えられないのか? - 東大式 アイデアがいままでの10倍出せる思考法
Diamond Online
|
「失敗学」「創造学」のエキスパートである中尾政之・東大大学院教授が、新著『東大式 アイデアがいままでの10倍出せる思考法』の中から、アイデアのアウトプットを増やすための「思考法」を提示していく。今回は、新製品やサービスを生み出す際に、作り手本位なプロダクトアウトに陥らず、買う人の視点までイメージを広げて発想するための「デザイナー思考」について。
9Picks
買い替えするお金がない「庶民イジメ」! エコカーへの乗り替えを狙った「旧車増税」にハッキリした効果はみられず
WEB CARTOP
|
当初10%だった登録車への重課税は現在13年超で15%に  自動車を維持するうえで、さまざまな税負担があるわけだが、所有しているだけで毎年かかるのが自動車税・軽自動車税。その税額は基本的に排気量によって定められているが、新車から一定期間を経過すると税額が増えるという、いわゆる「旧車増税」という制度が...
10Picks
車外放出「ありえない」 警察も車も騙すシートベルトの「たすき着用」 誤った着用取り締まれない訳
くるまのニュース
|
交通事故の際に、私たちの体を守る装置としてクルマに装備されているのがシートベルトです。着用していなかったことで死亡事故に発展したケースがいまなお存在するといわれますが、一方で自己流の誤った装着法をしていたことで、効果が発揮されず死亡事故に発展したケースもあるといいます。いったい、どんな状態が不適切なのでしょうか。
5Picks
死語になった自動車用語「始業点検」
財経新聞
|
社用車の使用に関し、内規で「始業点検」を社員に義務付けている場合を除いて、一般の自家用車オーナーにとっては、今や「始業点検」なんて言葉を普段耳にすることも無くなったに違いない。
116Picks
バナナ食べる少女の広告、「無神経」だったと謝罪 独アウディ
BBCニュース
|
ドイツの自動車メーカー「アウディ」は3日、バナナを食べる少女をあしらった広告について謝罪した。少女のポーズが「挑発的」で、子どもの命を脅かすものだとの批判が上がっていた。
10Picks
TEL、SCREENなどの日系半導体装置各社、中国市場向け売上・受注が拡大
LIMO
|
日系半導体製造装置メーカー各社の2020年4~6月期決算は、新型コロナウイルスや米中対立などのマクロ環境の不透明さにもかかわらず、総じて堅調に推移した。「Work from Home」に関連したデータセンターやパソコン向け半導体需要などが市場を牽引したことが大きかった。スマートフォンの需要減に伴うメモリー投資の一部先送り、自動車・産業機器市場の低迷を受けたパワーデバイスをはじめとする200m...
10Picks
キヤノンがAGVなど移動ロボット市場に参入、日本電産グループと協業開始
MONOist
|
キヤノンは2020年8月5日、「移動ロボットの眼」となる「Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術」を含む映像解析ソフトウェアを協業メーカーに提供することで、自律型AGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)市場に参入することを発表した。第1弾として日本電産シンポと協業し、同社が展開するAGVに映像解析システムを提供する。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア