新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
30Picks
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース
共同通信
|
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は20日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキットでゴー...
4Picks
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
共同通信
|
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
19Picks
焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸収」の極意
Reuters
|
[17日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>を16年間でほぼ無名の状態から世界最大の時価総額を持つ自動車会社へと大成長させたイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、革新者であり、既成概念を打破する人物だともてはやされている。
3Picks
マツダ渾身の新SUV発売!! 新型MX-30まずはマイルドHV仕様から登場!! - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
いよいよ登場まであとわずかとなったマツダ MX-30。しかし国内仕様はピュアEVではなくマイルドHV!? オートモービルカウンシル2020での発表、そしてそれを正直ビビりながら受け止めたベストカー取材班の様子を踏まえながら、今わかっているすべてと今後の展開を改めて振り返る!! #マツダ #MX-30
21Picks
宇宙デブリの「破局的衝突」を阻止せよ!JAXAの挑戦は日本企業の除去ビジネスにつながるか
ニュースイッチ
|
【衝突の連鎖】 ライフルの弾は秒速1キロメートル程度という。では、マイクロバスが秒速10キロメートルで飛んできて衝突したらどうなるだろうか? 自動車事故の話をしているのではない。スペースデブリの話である。 スペースデブリは人類が宇宙に飛ばしたロケットや衛星の残骸、「宇宙ゴミ」である。今後の増加が予見されており、将来の宇宙利用の脅威となりつつある。その増加メカニズムは「衝突の連鎖」だ。 スペー...
19Picks
電気自動車の電池にも使われる「コバルト」は石油より早く枯渇する?
EVsmartブログ
|
コバルトは多くの電気自動車用電池に使われている金属です。テスラが「コバルトフリー」の電池を採用することがニュースにもなっていますが、はたしてコバルトとはどんな「資源」なのでしょう。知っておきたい基礎知識からまとめてみます。
25Picks
ベンツの燃料電池トラック、次世代型の航続距離は1000km超
ニュースイッチ
|
独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離約500キロメートルの大型電気自動車(EV)トラックについても24年には量産準備を完了させる計画。環境規制が進み化石燃料に厳しい目が注がれる中、航続距離に応じてFCトラックとEVトラックを販売す...
11Picks
ルマン24時間スタート 3連覇狙うトヨタ
共同通信
|
ルマン24時間スタート フランス伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は19日午後2時半(日本時間同9時半)にルマン...
3Picks
わずか500円から24時間単位で入れる「1日自動車保険」とは! 有効活用すれば安心そのものだった
WEB CARTOP
|
スマホやコンビニで簡単に申し込みができる  コンビニやスマホから簡単に加入できる、24時間単位の1日自動車保険というがあるのはご存じだろうか?  この1日自動車保険は、親兄弟のクルマ、友人のクルマなどを運転するときに、24時間~1週間の短期間だけ加入できる自動車保険。  同居の親のクルマでも加入でき...
12Picks
バッテリー駆動のAGVから電力もらい長持ち!有線ドローンが在庫を管理する
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、飛行ロボット(ドローン)を活用した在庫管理システムで、独ドックス・イノベーション(カッセル市)と業務提携した。同社が開発した、有線ドローンと無人搬送車(AGV)を組み合わせた完全自動棚卸しシステムを、ブルーイノベーションが日本企業の物流倉庫向けにカスタマイズし展開する。2021年度に30社以上からの受注を目指す。...
36Picks
日産の車両生産回復は本物か。九州工場で2直に
ニュースイッチ
|
日産車体の生産が復調している。新型コロナウイルス感染症の影響で生産調整していた主力の日産車体九州(福岡県苅田町)で、8月から昼と夜に勤務する2直での通常稼働に切り替えた。米国向け輸出車両を中心に落ち込んでいた需要の回復傾向に対応する。ただこれまでの減産の影響が大きく、2021年3月期の生産台数は前期の18万2000台を下回る見通しだ。 日産車体九州はフレーム構造のスポーツ多目的車(SUV)や...
106Picks
自動運転レベル4〜5、2045年には2000万台市場に!その根拠は?
自動運転ラボ
|
調査会社の富士キメラ総研は2020年9月、将来の自動運転市場の動向をまとめた「2020 自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表した。自動運転車の普及拡大が見込まれる2021年以降の市場を調査に基づき予測したもので、20 […]
10Picks
コスト・機能で勝る中国EVメーカー、なぜテスラに勝てないのか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
米EV(電気自動車)メーカー大手テスラの「モデル3」は今年上半期、中国国内で4万5000台を販売した。そのうち6月単月の販売台数は1万4954台で、新エネルギー乗用車の販売台数ランキング1位となった。これは中国のEV市場の販売総数の23%を占める。 「理想汽車(Li Auto)」の創業者・李想氏は、テスラの販売データに
3Picks
電気自動車特有の故障時の「けん引」方法とは? エンジン車感覚だと「さらなる破損」を招く怖れも
WEB CARTOP
|
間違ったけん引の仕方では車両を損傷するおそれがある!  最新のEVだって、故障もすれば、事故も起きる。なによりガス欠ならぬ電欠(電池切れ)はメジャーなトラブルで、JAFによるEVへのロードサービス実施件数の6割は、電欠だったというデータもある。  いずれにせよ、こうしたトラブルでEVが動けなくなって...
1Pick
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース:山陽新聞デジタル
山陽新聞デジタル|さんデジ
|
伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は20日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキットでゴールを迎え、トヨタは中嶋一貴(35)らの8号車が制し、初優勝からの3連覇を果たした。小林可夢偉(34...
11Picks
TOYATAはなぜ水素自動車にこだわるのか? by BizLeap編集部
BizLeap
|
テスラは自動車の未来を自分達だけの力で切り開き、従来型の自動車メーカー以上の事業拡大を実現しました。電気自動車は今や、自動車メーカーの主力ラインナップとなってきている。ゼネラルモーターズやフォルクスワーゲン(VW)のような疑心暗鬼であ...
11Picks
テスラ自動運転中にシート倒し昼寝、時速140キロ出し訴追 カナダ
BBCニュース
|
カナダ・アルバータ州で米テスラの電気自動車を自動運転中、昼寝をして時速140キロメートル以上の高速走行をさせたとして、カナダ人の男が危険運転の罪で訴追された。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア