新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
米自動車ショー、秋開催に変更へ 来年から、デトロイトの主催団体
共同通信
|
米自動車ショー、秋開催に変更へ 【ニューヨーク共同】米デトロイトで開かれる世界最大級の自動車展示会、北米国際自動車ショーの主催団体は...
22Picks
輸入車販売の4割を超えたSUV、日本に合った新型車が市場をけん引
ニュースイッチ
|
輸入車メーカーのスポーツ多目的車(SUV)が存在感を増している。日本自動車輸入組合(JAIA)によると、輸入車登録台数全体に占めるSUV(クロスオーバー車を含む)比率が年々伸びており、2020年8月は参考値ながら初めて40%を超えた。国内メーカーのSUVも好調だが、輸入車メーカーも国内初投入車や新型車で攻勢をかける。環境負荷低減に寄与する電動車のSUVも投入して販売拡大を狙う。(鎌田正雄) ...
39Picks
自動車販売 新型コロナで“オンライン”営業広がる
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、ショールームでの対面の商談が常識だった自動車販売の現場でも、インターネットやS…
34Picks
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース
共同通信
|
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は20日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキットでゴー...
4Picks
詐欺疑惑渦中の電気自動車メーカーNikola会長が辞任、株価は暴落
TechCrunch Japan
|
電気貨物自動車のスタートアップ、Nikola Corp.のファウンダーで取締役会長のTrevor Milton(トレバー・ミルトン)氏が辞任した。これは著名な空売り投資機関が同社に詐欺の疑いがあると発表したことに端を発する一連の動きの中で起きた。ミルトン氏の後任にはすでにNikolaの取締役であるGM(ゼネラルモーターズ)出身のStephen Girsky(スティーヴン・ガースキー)氏が就任...
198Picks
ニコラの創業者が会長辞任、詐欺疑惑や米SEC調査の中
Bloomberg
|
米ゼネラル・モーターズ(GM)と最近提携した電気自動車(EV)メーカー、米ニコラは、創業者トレバー・ミルトン氏が執行会長を即日辞任したと発表した。
20Picks
焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸収」の極意
Reuters
|
[17日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>を16年間でほぼ無名の状態から世界最大の時価総額を持つ自動車会社へと大成長させたイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、革新者であり、既成概念を打破する人物だともてはやされている。
2Picks
車から映画 濃密な時間 福岡市でドライブインシアター
西日本新聞
|
コロナ禍で3密を避けて映画を楽しんでもらおうと、車の中から巨大スクリーンで観賞するドライブインシアターが21日夜、福岡市博多区のマリンメッセ福岡第2駐車場で開かれた。「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020」(同市など主催、20~2...
37Picks
トヨタ・ヤリスが月販1万台でも「微妙な空気」の販売現場! ヴィッツからの「車名変更」が落とす影
WEB CARTOP
|
約20年続いたヴィッツの名は偉大だった  2020年2月にそれまでのヴィッツがフルモデルチェンジのタイミングで、日本国内でもそれまでのヴィッツのグローバル車名であるヤリスとなって登場した。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2月のデビューから8月までの累計販売台数は7万3989台、月販平...
3Picks
ついに現行型MIRAIが生産終了! 次期型はクラウンベースで12月発売濃厚!! - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
トヨタはこのほど現行FCV(燃料電池車)「MIRAI」の生産中止すると同時に次期型を今年末に発売することを明らかにした。  次期型のコンセプトモデルは2019年東京モーターショーの付随イベント「FUTURE EXPO」で公開。以来、現行モ…
2Picks
トヨタが黒船をぶち込んで来る!! 話題の新型車カローラクロス 2021年秋に日本発売の情報あり!! - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
2020年7月9日にタイで初公開され、同日から同国での販売を開始したトヨタの新型クロスオーバーSUV、カローラクロス。  全長4460×全幅1825×全高1620mm、ホイールベースは2640mmと、RAV4とヤリスクロスの中間に位置する…
58Picks
宇宙デブリの「破局的衝突」を阻止せよ!JAXAの挑戦は日本企業の除去ビジネスにつながるか
ニュースイッチ
|
【衝突の連鎖】 ライフルの弾は秒速1キロメートル程度という。では、マイクロバスが秒速10キロメートルで飛んできて衝突したらどうなるだろうか? 自動車事故の話をしているのではない。スペースデブリの話である。 スペースデブリは人類が宇宙に飛ばしたロケットや衛星の残骸、「宇宙ゴミ」である。今後の増加が予見されており、将来の宇宙利用の脅威となりつつある。その増加メカニズムは「衝突の連鎖」だ。 スペー...
1Pick
【マレーシア】8月の自動車生産、上位3社が前年超え[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【マレーシア】8月の自動車生産、上位3社が前年超え[車両] マレーシア自動車協会(MAA)は21日、8月のメーカー別生産台数を発表した。国内上位3社はいずれも単...
4Picks
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
共同通信
|
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
19Picks
電気自動車の電池にも使われる「コバルト」は石油より早く枯渇する?
EVsmartブログ
|
コバルトは多くの電気自動車用電池に使われている金属です。テスラが「コバルトフリー」の電池を採用することがニュースにもなっていますが、はたしてコバルトとはどんな「資源」なのでしょう。知っておきたい基礎知識からまとめてみます。
71Picks
ベンツの燃料電池トラック、次世代型の航続距離は1000km超
ニュースイッチ
|
独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離約500キロメートルの大型電気自動車(EV)トラックについても24年には量産準備を完了させる計画。環境規制が進み化石燃料に厳しい目が注がれる中、航続距離に応じてFCトラックとEVトラックを販売す...
4Picks
【韓国】空飛ぶクルマ開発、現代自が4社と協力[運輸]
NNAアジア経済ニュース
|
【韓国】空飛ぶクルマ開発、現代自が4社と協力[運輸] 韓国の現代自動車とKT、現代建設、仁川国際空港公社は20日、新産業として成長が期待される都市航空交通...
11Picks
ルマン24時間スタート 3連覇狙うトヨタ
共同通信
|
ルマン24時間スタート フランス伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は19日午後2時半(日本時間同9時半)にルマン...
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア