新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
産業構造激変も=急速なEV化懸念―自動車各社
時事通信社
|
 政府の「脱ガソリン車」政策に対応するため、国内で電気自動車(EV)の普及が課題とされる一方、自動車業界では急速なEV化への懸念も根強い。ガソリン車とは使用部品が大きく異なり、完成車メーカーを頂...
57Picks
欧米車大手2社、合併が完了 世界4位「ステランティス」発足
共同通信
|
欧米車大手2社、合併が完了 【ロンドン共同】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランス大手グル...
9Picks
100km/h超えると「キンコン♪キンコン」速度警告チャイムはなぜ消えた? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
高速道路を走行中に105km/h(普通車、軽自動車は85km/h)を超えると「キンコン♪キンコン」という音が鳴り出す速度警告音。50代以上のクルマ好きなら一度は耳にしたことがあるだろう。しかし、いつしか、そんな音も聞かなくなった。では、なぜなくなったのか!?
5Picks
普及進まぬEV=海外に遅れ、課題多く―需要喚起へ新型車
時事通信社
|
 日本で電気自動車(EV)の普及が進んでいない。政府が「脱ガソリン車」を掲げる中、充電設備や価格、性能面など課題は多く、消費者に身近とは言い難いためだ。ただ、脱炭素にEVシフトは不可欠。海外と比...
3Picks
欧米車2社が合併完了
共同通信
|
欧米車2社が合併完了
4Picks
シチズン電子がレーザー市場参入、自動車など向けセンシング用光源に
ニュースイッチ
|
シチズン電子(山梨県富士吉田市)は、ドライバーを内蔵した小型VCSEL(垂直共振器面発光レーザー)でレーザー市場に参入する。1月下旬から順次、パッケージやモジュールのサンプル出荷を始める。VCSELは3次元(3D)センシング用の光源で産業機器やロボット、自動車など採用先は幅広い。高性能化や低コスト化を強みに、2022年に約3億円の売り上げを目指す。 パッケージの大きさは4・5ミリメートル四方...
5Picks
自動車ソフトウェア市場、2027年には4.5兆円規模!自動運転化で将来急拡大
自動運転ラボ
|
自動運転車やEV(電気自動車)の進展で、2019年は185億ドル(約1兆9,000億円)規模と評価されていた世界の自動車用ソフトウェア市場が、2027年までに435億ドル(約4兆5,000億円)まで拡大するという推計が明 […]
10Picks
フォックスコンと中国Geelyが提携、次のテスラを目指し自動車メーカー向けに電気自動車、自動運転車、シェアリング車を開発
TechCrunch Japan
|
将来の電気自動車、自動運転車はApple(アップル)の主要サプライヤーであるFoxconn(フォックスコン、鴻海科技集団)と、中国の自動車メーカーであるZhejiang Geely Holding Group(チョーチアン・ギーリー・ホールディング・グループ、浙江吉利控股集団)によって製造されるのかもしれない。 両社は、自動車メーカー向けの受託製造に焦点を合わせた合弁会社を設立することで合意...
2Picks
〈PwCの眼〉自動車・モビリティ産業において「避けられぬ事業再編」
日刊自動車新聞 電子版
|
PwCアドバイザリー合同会社パートナー 東輝彦(あずま・てるひこ) 自動車産業では、電動化や自動運転といったCASE対応などを背景として、前稿で論じた「両利きの経営」に加え、自社単独ではなくМ&A・アライアンスなどの事業再編を活用していくことが期待される。本稿では、…
12Picks
CES2021:実は「テスラの産みの親」だったGMが世界最大の家電ショーで見せたEVへの本気度とトヨタの欠席 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
世界最大の家電ショー、CESラスベガス。今年はデジタルの開催となったが、家電ショーと言いながら、ここ数年はロサンゼルスやデトロイトよりも規模の大きなモーターショーとしても注目を集めている。話題をさらったのがEV(電気自動車)で強烈なラインナップを誇示したゼネラル・モータース(GM)。
3Picks
なぜ半導体不足で世界中の自動車メーカーが軒並み減産に?解消に1~2年かかる可能性
ビジネスジャーナル
|
2020年に世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス(以下、コロナ)は、自動車産業の業績を直撃した。自動車の需要が“蒸発”し、各国で自動車メーカーの工場停止が相次いだ。2020年後半から、やっと需要が戻り、自動車生産が回復し始めたと思ったら、今年2021年になって、車載半導体が不...
10Picks
「第2青函トンネル」実現の可能性は? “2階建て”構想の深度化に期待
ITmedia ビジネスオンライン
|
2020年11月、「第2青函トンネル」構想の新案が発表された。2階建てで、上階に自動運転車専用道、下階に貨物鉄道用の単線を配置する案だ。鉄道部分は輸送力が足りるか。急勾配も気になる。だが、新トンネルは必要だ。設計の深度化を進めて実現に近づいてほしい。
2Picks
iPhoneを取り出さずに車に近づくだけで解錠できる「Digital Key Plus」をBMWが発表
マッシュメディア
|
フォブやカードなどを使った車のキーレスエントリーはかなり浸透した感があるが、ドイツ高級車メーカーBMWは、その一歩先をいくカーキーシステムを発表した。 iPhoneやApple Watchがポケットやバッグに入った
18Picks
テスラやアップルのEVに、トヨタのハイブリッドはいつまで対抗できるか - トヨタは「NTTの教訓」を活かせるか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
「米アップルがいよいよ乗り込んできたか」――。年が明け、米国のアップルが韓国・現代自動車と電気自動車(EV)で提携するとの報道を受け
4Picks
世界的なパワー半導体の需給逼迫、東芝や富士電機に商機
ニュースイッチ
|
最近の世界的な自動車減産の一因とされる電力制御用パワー半導体の需給が逼迫している。コロナ禍で落ち込んだ車生産の急回復を受けた欧州大手の供給不足に加えて、主要国での再生可能エネルギー投資拡大も需要を押し上げる。東芝や富士電機などは車電動化と脱炭素化で新たな商機も巡ってきそうだ。 パワー半導体は自動車や白物家電、ロボット、鉄道などの電力制御から、太陽光や風力発電の直流・交流変換まで幅広く使われる...
13Picks
EV化を全面肯定しないトヨタ 実は基礎固めは済んでいる
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
自動車業界で「アップル」に喩えられる企業はまだ出現していないが、ガソリン車で身を立ててきた老舗メーカーと新エネルギー車を手がける新興メーカーの間では長らく見解の相違が続いているようだ。 米テスラはそのイノベーション力と急騰する時価総額によって、「新芽が森林に取って代わろうとしている」と評価される。一方の老舗トヨタについ
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア