新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
これで決着!! 礼儀? 迷惑?? 混乱を招く??? サンキューハザードは必要か - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
これで決着!! 礼儀? 迷惑?? 混乱を招く??? サンキューハザードは必要か サンキューハザードをしなかったことでトラブルが発生しているという情報を得た。当記事では法的なものと慣習的なものになっているものを分けたハザードランプの使い方などを、警察の公式見解も含め紹介していく。
28Picks
自民石崎徹議員を略式起訴 暴行罪で―新潟区検
時事ドットコム
|
自動車の中で被害者の後頭部などを殴ったとして、新潟区検は19日、暴行罪で、自民党の石崎徹衆院議員(36)を略式起訴した。
72Picks
ヒュンダイのEV車がまた炎上…創業一族の会長就任から4日後
コリア・エレクトロニクス
|
韓国の自動車メーカーであるヒュンダイ(現代)自動車のEVカーがまた炎上した。 韓国メディアなどによると、18日午前、京畿道南楊州(キョンギド•ナムヤンジュ)にある駐車場に止められていたヒュンダイの「コナEV」で火災が発生した。人命被害はなかった。急速充電中の車両から爆発音とともに車両の後輪の近くで火災が起きた。消防当局では、正確な原因を調査中だが、従来と同様、バッテリーに原因があるとみられている。
9Picks
リコール始めたが…現代車コナEVでまた火災
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします
|
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします
7Picks
車体が10種類に変化!?ドイツのモジュラー式電気自動車「eBussy」
Yahoo! JAPAN
|
モビリティサービスの進化が著しい自動車業界。ドイツのスタートアップが開発中の「eBussy」は、そんな今を象徴する革新的な電気自動車だ。 最大の特徴はモジュラー式の設計。シャーシは「シティ」と「オフロード」の2種類を選択でき、その上に組み立てられるスタイルはワゴン、軽トラ、バン、キャンピングカーなど10種類に及ぶ。 普段使いから業務配送、アウトドアシーンまで多様なモビリティニーズに対応できる...
6Picks
日立・ホンダの車部品会社、統合社名は「日立アステモ」:時事ドットコム
時事ドットコム
|
昨年10月に経営統合することで合意している日立製作所グループの自動車部品メーカー、日立オートモティブシステムズと、ホンダ傘下の部品メーカー、ケーヒン、ショーワ、日信工業は19日、統合後の社名を「日立アステモ」に決めたと発表した。
6Picks
海外はスポーツカーに大型SUVまで「EV」化! 日本の「電気自動車」は「街乗り用」という認識は間違い?
WEB CARTOP
|
欧州ではコンパクトから高級SUVまでBEV化が進む  クルマの電動化が進んでいる。とくに2020年に一段と厳しいCO2排出量規制が実施される欧州市場では、その対応が喫緊の課題となっていて、ゼロエミッションビークル(ZEV)の市販は待ったなし。すでに多くの欧州系メーカーでは、ZEVの代表格といえるBE...
10Picks
米テスラ、「中国製モデル3」を欧州に輸出へ
Reuters
|
[北京/上海 19日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>は19日、中国で生産したセダン「モデル3」を今月からドイツ、フランス、イタリア、スイスなど10カ国以上の欧州諸国に輸出すると発表した。
6Picks
フォード・現代・BMW…韓国製バッテリーを積むEV車が炎上…何が原因か?
コリア・エレクトロニクス
|
相次ぐ火災事故により、リコールが始まったヒュンダイ自動車(現代自動車)の電気自動車モデル「コナEV」だが、18日にも火災事故を起こしたことで、これに懸念を示す韓国報道も増えている。 ヒュンダイのEV車がまた炎上…創業一族の会長就任から4日後 国民日報は19日、「国内外で相次ぐ火災に成長街道を走っていた電気車市場にブレーキがかかった」と報じた。 同紙は外信などを基に、ヒュンダイ自動車、フォード、BM
11Picks
コラム:米テスラに決闘挑む独VW、軍配はどちらに
Reuters
|
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は謙虚さとは無縁の人物だ。しかし、独フォルクスワーゲン(VW)のヘルベルト・ディースCEOも負けてはいない。2025年までに自社製電気自動車(EV)の販売台数を27倍に増やすと豪語したのだ。ただ、電池に関するマスク氏の深い専門性と、テスラがガソリン車事業の遺産を持たない利点を考えれば、自慢合戦に勝つのはやはりマスク氏の側だろう。
1Pick
工作機械業界にようやく薄日、自動車や半導体分野が突破口に
ニュースイッチ
|
中国向け“けん引” 単月―着実な回復基調 米中貿易摩擦やコロナ禍の影響で受注低迷が長引く工作機械業界に薄日が差し始めている。日本工作機械工業会(日工会)の単月受注額は、5月を底に前年同月比の減少幅が縮小を続ける。一方、年間受注高は10年ぶりに1兆円を下回る見通し。米中関係の悪化や新型コロナウイルス感染再拡大のリスクも抱えながらも、本格的な回復軌道に向けて、今後の巻き返しが期待される。(土井俊...
3Picks
中国がリード、主要国の「自動車販売」回復は世界経済の明るい兆しか - 今週のキーワード 真壁昭夫
Diamond Online
|
足元、主要国の自動車販売状況を見ると、コロナ禍からの回復が鮮明化している。中でも、中国での回復が際立っている。9月に入り、米国でも徐々に新車販売台数が持ち直している。わが国でも自動車需要は持ち直しの兆しが出ている。わが国経済にとって、米中をはじめとする主要国の自動車需要の回復は景気下支えに重要だ。
11Picks
テクノロジー株は騰勢失い、銀行や自動車が上昇へ-ゴールドマン予想
Bloomberg.com
|
政策や経済の相次ぐ変化に伴い、テクノロジー株の他業種を上回る上昇はいったん終わり、代わりに銀行や自動車などこれまで低調だった銘柄の株価が押し上げられると、ゴールドマン・サックス・グループが予想した。
11Picks
「自分の車はどこに?」、カーシェア会社が突然の破産連絡 - 東京商工リサーチ(TSR)
BLOGOS - 最新記事
|
複数の登録者がクルマを共同で利用する「カーシェアリング」。利用頻度にもよるがレンタカーより安く、駐車場代や車検など自動車のオーナーに掛かる手間と費用を抑えられるメリットが支持を集めている。なかでも駐車場が高い都心部では、ニーズが広がり新規参入も相次いでいる。  ところが10月上旬、複数の関連会社を持つカーシェア会社(グループ)が突然、関係先に「破産手続きに入る」と通知し、波紋を広げている。投...
34Picks
経営危機の中国新興EV「バイトン」、再建案が承認、新型EVの量産開始を目指す
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
資金不足により中国での事業活動を一時的に停止している新興電気自動車(EV)メーカー「BYTON(拜騰)」(以下、バイトン)だが、その再建案が株主総会で承認され、現在実行に移されていることがバイトンの内部関係者により明らかになった。これは、今年6月からの事業停止以来、バイトンの再建戦略が大きく前進したことを意味している。
6Picks
革のベルトからバイワイヤまで、ブレーキの発展の歴史を振り返る
MONOist
|
ブレーキの歴史を振り返ると、自動車の進化や外部環境の変化によって課題が生じ、そうした課題を解決するために発展を遂げてきたことがよく分かります。第1回はブレーキが発展してきた歴史と今後の展望について解説します。
17Picks
日産の自動運転・運転支援技術を徹底解説!プロパイロットの凄みは?
自動運転ラボ
|
日産自動車は2020年10月現在、「自動運転レベル2」(部分運転自動化)の技術を市販車に搭載している。「プロパイロット2.0」だ。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 […]
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア