新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
共同通信
|
自動車ルマン24時間でトヨタ3連覇
4Picks
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース
共同通信
|
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は20日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキットでゴー...
18Picks
電気自動車の電池にも使われる「コバルト」は石油より早く枯渇する?
EVsmartブログ
|
コバルトは多くの電気自動車用電池に使われている金属です。テスラが「コバルトフリー」の電池を採用することがニュースにもなっていますが、はたしてコバルトとはどんな「資源」なのでしょう。知っておきたい基礎知識からまとめてみます。
3Picks
電気自動車特有の故障時の「けん引」方法とは? エンジン車感覚だと「さらなる破損」を招く怖れも
WEB CARTOP
|
間違ったけん引の仕方では車両を損傷するおそれがある!  最新のEVだって、故障もすれば、事故も起きる。なによりガス欠ならぬ電欠(電池切れ)はメジャーなトラブルで、JAFによるEVへのロードサービス実施件数の6割は、電欠だったというデータもある。  いずれにせよ、こうしたトラブルでEVが動けなくなって...
11Picks
ルマン24時間スタート 3連覇狙うトヨタ
共同通信
|
ルマン24時間スタート フランス伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は19日午後2時半(日本時間同9時半)にルマン...
13Picks
焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸収」の極意
Reuters
|
米電気自動車(EV)メーカー、テスラを16年間でほぼ無名の状態から世界最大の時価総額を持つ自動車会社へと大成長させたイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、革新者であり、既成概念を打破する人物だともてはやされている。
11Picks
バッテリー駆動のAGVから電力もらい長持ち!有線ドローンが在庫を管理する
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、飛行ロボット(ドローン)を活用した在庫管理システムで、独ドックス・イノベーション(カッセル市)と業務提携した。同社が開発した、有線ドローンと無人搬送車(AGV)を組み合わせた完全自動棚卸しシステムを、ブルーイノベーションが日本企業の物流倉庫向けにカスタマイズし展開する。2021年度に30社以上からの受注を目指す。...
29Picks
日産の車両生産回復は本物か。九州工場で2直に
ニュースイッチ
|
日産車体の生産が復調している。新型コロナウイルス感染症の影響で生産調整していた主力の日産車体九州(福岡県苅田町)で、8月から昼と夜に勤務する2直での通常稼働に切り替えた。米国向け輸出車両を中心に落ち込んでいた需要の回復傾向に対応する。ただこれまでの減産の影響が大きく、2021年3月期の生産台数は前期の18万2000台を下回る見通しだ。 日産車体九州はフレーム構造のスポーツ多目的車(SUV)や...
1Pick
トヨタがルマンV3 伝統の自動車耐久レース:山陽新聞デジタル
山陽新聞デジタル|さんデジ
|
伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は20日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキットでゴールを迎え、トヨタは中嶋一貴(35)らの8号車が制し、初優勝からの3連覇を果たした。小林可夢偉(34...
2Picks
出力アップの「ランドクルーザー」、欧州も注目 ブラックの特別仕様車も
NewSphere
|
トヨタは8月、SUV「ランドクルーザープラド」のアップデート版を国内で販売開始した。ヨーロッパでは「ランドクルーザー」として10月から改良型が投入される予定となっており、燃費を犠牲にすることなく最大パワーを向上するモデ […]
100Picks
自動運転レベル4〜5、2045年には2000万台市場に!その根拠は?
自動運転ラボ
|
調査会社の富士キメラ総研は2020年9月、将来の自動運転市場の動向をまとめた「2020 自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表した。自動運転車の普及拡大が見込まれる2021年以降の市場を調査に基づき予測したもので、20 […]
1Pick
2020年上半期自動車6大ニュース! コロナに大きく左右されたクルマの世界
WEB CARTOP
|
自動車業界の世界的トレンドは「電動化」!  自動車業界は100年に一度の大変革期といっているなかで、さらに2020年上半期には世界的に新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でさらなる混乱を来しました。いや、新型コロナウイルスの影響は過去形で表現することはできません、現在進行中の人類の課題です。...
10Picks
コスト・機能で勝る中国EVメーカー、なぜテスラに勝てないのか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
米EV(電気自動車)メーカー大手テスラの「モデル3」は今年上半期、中国国内で4万5000台を販売した。そのうち6月単月の販売台数は1万4954台で、新エネルギー乗用車の販売台数ランキング1位となった。これは中国のEV市場の販売総数の23%を占める。 「理想汽車(Li Auto)」の創業者・李想氏は、テスラの販売データに
11Picks
TOYATAはなぜ水素自動車にこだわるのか? by BizLeap編集部
BizLeap
|
テスラは自動車の未来を自分達だけの力で切り開き、従来型の自動車メーカー以上の事業拡大を実現しました。電気自動車は今や、自動車メーカーの主力ラインナップとなってきている。ゼネラルモーターズやフォルクスワーゲン(VW)のような疑心暗鬼であ...
11Picks
テスラ自動運転中にシート倒し昼寝、時速140キロ出し訴追 カナダ
BBCニュース
|
カナダ・アルバータ州で米テスラの電気自動車を自動運転中、昼寝をして時速140キロメートル以上の高速走行をさせたとして、カナダ人の男が危険運転の罪で訴追された。
10Picks
ミュンヘン工科大が自動運転を安全にするソフトを開発! ミリ秒単位で状況予測
マッシュメディア
|
我々は歩行者や対向車、交差点のバイクといった道路上の複数オブジェクトを同時に考慮して運転しているが、自動運転システムがリアルタイムでこれを行うのはむつかしいようだ。 一方、自動運転車が実用化に至るには、どうして
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア