新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
134Picks
自動車革命で伸びる会社:次の10年で決着 新市場の勝者と敗者
週刊エコノミスト Online
|
「過去10年のメガトレンドはスマートフォンをはじめとするモバイルだったが、次はモビリティー(クルマ)になる」  1月7~10日、米ラスベガス市に155カ国4500社が集まった世界最大級の技術見本市「CES2020」で、自動運転システム搭載の電気自動車(EV)を披露したソニーの吉田憲一郎社長は、自動車
5Picks
WP29 自動車サイバーセキュリティ最新動向
MONOist
|
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、国連で自動車関連のRegulationsを扱うWorld Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)において議論されている自動車セキュリティの最新動向をまとめた「WP29 自動車サイバーセキュリ...
4Picks
LG化学と現代自動車がEVバッテリー工場などで合弁か?
コリア・エレクトロニクス
|
韓国の現代自動車グループとLGグループが、電気自動車バッテリーにおいて多角的な協力法案を議論しているという。韓国各紙が報じている。双方は、バッテリー合弁工場設立をするという推進するとしている。 「20
11Picks
Microsoft「データの所有権はお客様」…自動車業界向け戦略発表、自動運転は?
自動運転ラボ
|
米マイクロソフトは2020年1月19日までに今後の自動車業界向け戦略を発表し、自社のクラウドサービスやAI(人工知能)サービスを通じ、あらゆる規模の自動車関連企業がスマートモビリティプロバイダへと変革できるよう支援するこ […]
15Picks
中国EV充電スタンド事業が苦境 自動車メーカーが相次いで撤退か相互利用へ
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
電気自動車のブームが起きる前から、自動車メーカーは充電スタンドの設置を進めていた。中国では2015年に「上海汽車集団(SAIC MOTOR)」と「比亜迪(BYD)」が充電スタンド事業の開始を発表し、そ
30Picks
「安全重視」のヒコーキ野郎のスピリットが息づく、スバルの自動車開発
ニュースイッチ
|
どんなに技術が進歩しようとも自動車には「安全」の問題がついてまわる 高齢ドライバーによる事故やあおり運転などがニュースなどで取り上げられることが、最近では多くなっている。そうした事故や迷惑行為がここにきて頻繁に起きるようになったというよりも、ドライブレコーダーの普及と、SNSなどへの動画投稿が一般化したことで、より世間にさらされるようになったということだろう。 いずれにせよ、路上の安全につい...
22Picks
ゴーン被告、逃亡を最終決断した理由 成功確率は「75%」と考えていた
47NEWS
|
前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)=金融商品取引法違反と会社法違反の罪で起訴=が逃亡を最...
6Picks
新エネルギー車のバッテリーが保証対象に、中国が規定改正 
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
中国では、商品保証に関する新しい規定が施行される予定で、それにより自動車メーカーとディーラーに対する管理、監督および処罰が厳しくなると見られている。 2019年12月20日に、中国国家欠陥商品管理セン
2Picks
韓国現代自動車が120億円注ぐ、英EVスタートアップArrivalの実力
Forbes JAPAN
|
英国に本拠を置くEV(電気自動車)メーカー、「Arrival」はこの分野で知る人ぞ知るポジションにある企業だ。1月16日、Arrivalは韓国の現代自動車とその傘下の起亜自動車(Kia)から、1億ユーロ(約123億円)の出資を受けたとアナウ・・・
12Picks
24歳の天才が提案する「LiDARのサブスク」と自動運転の未来
Forbes JAPAN
|
自動運転車向けのLiDARを開発する企業は多数あるが、その中でも最も洗練された技術を持つ1社である「Luminar(ルミナー)」は、自動運転車メーカー向けにプラグ・アンド・プレイ方式で、同社のテクノロジーを利用できるソフトウェアとコンピュー・・・
7Picks
なぜ中国IT企業はこぞって自動車産業に投資するのか - CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション
Diamond Online
|
百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)、騰訊(テンセント)……日本でも有名なこれらの中国IT(情報通信)系企業は、さまざまな分野に投資している。その中心は自動車産業だ。
5Picks
自動運転車の膨大な走行試験データをクラウドで管理、ペタバイト級への対応も
MONOist
|
車載ソフトウェアを手がけるエレクトロビットは「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15~17日、東京ビッグサイト)において、開発中の自動運転車の走行データをクラウドベースで管理するツール「EB Assist Test Lab」を紹介した。
4Picks
【インド】マヒンドラ、車専門のECサイトを買収[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】マヒンドラ、車専門のECサイトを買収[車両] インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は17日、子会社のマヒンドラ・ファースト・チョイス...
12Picks
「IoT革命、意外な勝ち組銘柄」は、あの日本企業
Forbes JAPAN
|
この記事では、既に市場を独占する勢いを持つ時代のメガトレンド「モノのインターネット」(IoT)関連の推奨銘柄として、あまり知られていないある企業を紹介したい。この企業は、最先端の工場や自動運転車を擁する新興企業ではない。むしろ、あなたの最寄・・・
3Picks
ホンダの電動2輪、郵便配達の中核車になる
ニュースイッチ
|
ホンダは日本郵便に郵便配達用の電動2輪車「ベンリィe」を納入した。日本郵便は環境に優しい配達車として活用。2020年度末には東京都内などの郵便局で計2200台の導入を検討する。 19年度中にベンリィeを200台導入する。都内や地方の主要都市などの郵便局に原付1種タイプを50台、原付2種タイプを150台導入する。ベンリィeは着脱式電池で手軽な交換が可能なほか、後進アシスト機能などで運転時の取り...
3Picks
「無人搬送車」導入1台から…「RaaS」ビジネスの競争が始まった
ニュースイッチ
|
無人搬送車(AGV)導入を1台から始められる環境が整いつつある。AGVは産業用ロボットに比べて使い回しやすく、インドや中国などの海外製品が価格競争をもたらしている。リースやレンタル会社にとっては在庫を抱えて、顧客が必要な台数と期間だけ貸し出すサブスクリプション(定額課金)や従量課金モデルを成立させやすい。機体開発の次のビジネスモデルの競争になっている。(取材・小寺貴之) 【少量管理に提案】 ...
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア