新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
【マレーシア】国家自動車政策の発表は来年初頭に、貿産相[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【マレーシア】国家自動車政策の発表は来年初頭に、貿産相[車両] マレーシアのダレル・レイキン貿易産業相は、政府が策定中の新たな国家自動車政策(NAP)の発表が来年初...
20Picks
なぜ車の象徴は激減した? 憧れだったボンネットマスコットが無くなる理由
くるまのニュース
|
ボンネットの先端で美しく輝く「ボンネットマスコット」は、そのクルマのブランドだけでなく、ブランドが持つ格式を示すシンボルでした。しかし近年では、ボンネットマスコットを採用するクルマは激減しています。なぜボンネットマスコットは採用されなくなったのでしょうか。
2Picks
自動車、トヨタが1位と2位 世界耐久選手権シリーズ第4戦
共同通信
|
自動車、トヨタが1位と2位 自動車の世界耐久選手権(WEC)シリーズ第4戦は14日、バーレーンのサキールで8時間の決勝が行われ、...
147Picks
「愛車の一時交換サービス」は日本で普及するか
東洋経済オンライン
|
自分が所有する車を貸し出した日数分だけ、他人の車を無料で借りられるというこれまでにないカーシェアリング事業が日本で始まった。運営するのは広告代理店最大手、電通の社内ベンチャーから生まれた「CAROSET(…
(19件の記事)
121Picks
しっとりやさらさら…素材の「感性」価値を定量化、どうやって?
ニュースイッチ
|
三井化学は、しっとりやさらさら、シルキー感などの感性価値の研究を加速する。新たに質感に作用する因子を発見し、研究成果をもとに開発した素材の提案活動を始めた。自動車業界などで素材の感性価値へのニーズが高まっており、より効果的な素材開発や提案につなげる。 三井化学は、自動車の内装材に使われる熱可塑性エラストマーや発泡ポリウレタン、不織布を中心に、約4年前から感性価値の研究を始めた。例えば、「しっ...
4Picks
マツダ、CX-5の悪路走破性を強化 アクセサリーパッケージと特別仕様車も追加
財経新聞
|
マツダは12日、「MAZDA CX-5」に悪路走破性を強化するなどの商品改良を行うとともに、アクティブなライフスタイルをサポートするアクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE(タフ スポーツ スタイル)」と、明るく上品な内装を備えた特別仕様車「Silk Beige Selection (シルク ベージュ セレクション)」を新たに設定し、受注を開始した。
2Picks
中国、対米関税見送り発表 車への報復も中止
共同通信
|
中国、対米関税見送り発表 【北京共同】中国国務院(政府)関税税則委員会は15日、同日に予定していた米国からの輸入品に対する追加...
307Picks
フェイスブック、米国従業員の給与データが紛失-2万9000人に影響
Bloomberg
|
米フェイスブック従業員の個人情報が記録されたハードドライブが先月、従業員の車から盗まれていたことが分かった。
13Picks
「ミニ自動運転車」発売、AIやロボットを学べる
ニュースイッチ
|
グリーンノート(相模原市緑区、立石彰社長)は、人工知能(AI)やロボットの技術を学べるミニチュア自動運転車の学習キット「オリジナルJetbot」を発売した。専門学校や大学、企業の技術教育向けに提案する。 学習キットは米エヌビディアの開発キット「Jetbot nano(ジェットボットナノ)」を活用。ネジなしで簡単に組み立てられ、容易に技術を学べる。価格はジェットボットを含め4万5000円(消費...
7Picks
【消えるのは避けられない運命なら乗るなら今のうち!】大排気量エンジン車でしか味わえない魅力とは
WEB CARTOP
|
世の中がコンパクト化やダウンサイジングにシフトしつつある今、大排気量のクルマは減ってきている。車両本体の価格だけでなく、自動車税や保険料、ガソリン代などコストも高いといったデメリットが目立つが、一方で大排気量でしか味わえない魅力もある。解説したい。
94Picks
プジョーとフィアット、合併合意に来週署名の見通し-関係者
Bloomberg
|
欧州の自動車メーカー、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と「プジョー」を持つグループPSAは来週、合併に向けた正式な合意に署名する見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。合併が実現すれば世界4位の自動車メーカーが誕生する。
12Picks
トヨタとホンダ、「系列」への向き合い方は対照的になってきた!?
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車グループのサプライヤー間の再編は、2019年も加速した。強みを持つ企業に重複事業を集約し、競争力を高める基本軸は続く見通し。一方でその方向性は単なる事業集約から、統合や連携によるシステム提案力の強化へと軸足を移している。 5月、デンソーがトヨタ保有の愛三工業の株式を取得し、出資比率を37・5%に引き上げると発表した。今秋の正式合意を目指していたが、事業移管する製品など「一つひとつ...
13Picks
20年の米国販売72―73万台、世界全体でも微増計画=スバル社長
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>の中村知美社長は12日、2020年の自動車販売は主力の米国市場での伸びが寄与し、世界全体で「若干のプラス」を見込んでいると明らかにした。19年の米国市場は目標の70万台に達し、初のシェア4%台となる見込みで、20年は72―73万台程度を計画しているという。ロイターなどとの取材で述べた。
21Picks
次世代車世界市場、拡大時期は2025~30年頃 矢野経済予測
レスポンス(Response.jp)
|
矢野経済研究所は次世代車(xEV)世界市場の調査を実施し、市場概況、個別メーカーの事業戦略を明らかにし、2030年までの世界の自動車新車販売台数および次世代車に搭載される主要9分野別機器/コンポーネントについて予測した。
6Picks
アメリカで苦戦するマツダ3 その影で好調なCX-30
Forbes JAPAN
|
マツダは今年、2台の新型車を登場させた。新型マツダ3(今までは「デミオ」と名付けられていた)とCX-30。どちらもとてもよくできたクルマだ。スタイリングはマツダらしさのある格好いいデザインだし、スカイアクティブのエンジン技術が高く評価されて・・・
6Picks
米メディアが「レクサスから米国へ〜電気自動車はありません!」と論評
EVsmartブログ
|
11月末、中国の広州モーターショーで発表されたレスサス初の電気自動車である『UX300e』について米メディア『CleanTechnica』が記事で取り上げました。内容としては、明確に「酷評」されています。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア