新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
死語になった自動車用語「ディマースイッチ」
財経新聞
|
最近の車は、ヘッドランプのアッパービーム(上向き照射)とロービーム(下向き照射=通常走行時)の切り替えも自動化する装備まで備えているが、昔は足踏みボタン形式の「ディマースイッチ」が普通だった。
424Picks
ホンダが自動運転車を発売 世界初「レベル3」のレジェンド
共同通信
|
ホンダが自動運転車を発売 ホンダは4日、高速道路での渋滞時にシステムが走行を担う自動運転技術を搭載した高級セダン「レジェンド」...
6Picks
コロナ禍でEV需要に陰りか? デロイトのグローバル自動車消費者調査
マッシュメディア
|
デロイト トーマツ グループは、「2021年 デロイト グローバル自動車消費者調査」を発表した。これは、23カ国2万4000人以上の消費者を対象に、2020年9月から10月にかけて「自動車産業に影響を与える様々な課題」に
4Picks
リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
リーフが危ない!? テスラ156万円値下げの真実と今後の見通しは? 2020年2月17日、テスラモーターズジャパンがモデル3の大幅な値下げを行った。なぜ、これだけの大幅な値下げが行われたのか。今後、ほかのモデルも追随していくのか、もっと安くなっていくのか、解説する。
54Picks
フードトラック(移動販売車)は本当に救世主? 外食大手も参入、専門家はどう見たか
ビジネス+IT
|
コロナ禍に見舞われた2020年、売上減に苦しんだ外食産業でもデリバリー(宅配)の市場規模は前年比1.4倍に拡大していた。今、デリバリーの次の成長業態と目されるのが、フードトラック(移動販売車)である。東京都での許可件数は6年間で1.4倍伸び、大手外食企業も参入している。エヌピーディー・ジャパンのフードサービスシニアアナリストの東 さやか氏は、「大手外食チェーンにとっては固定費を削減できるが売...
5Picks
自動車へのDRAM搭載量は今後3年間で年平均30%超で増加 - TrendForce予測
TECH+
|
半導体市場調査会社のTrendForceは、自動運転技術の進展や5Gインフラストラクチャの構築などを背景に、自動車に搭載されるメモリ容量は今後急速に増加するという予測を公開した。
2Picks
現代自動車、第4四半期の営業利益を下方修正 リコール受け
Reuters
|
[ソウル 4日 ロイター] - 韓国の現代自動車は4日、2020年第4・四半期の営業利益を20%近く下方修正した。
29Picks
GMが北米3工場生産休止を再延長、ブラジル工場も 半導体不足で
Reuters
|
[デトロイト 3日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、世界的な半導体不足の影響が続く中、北米3工場での生産休止を少なくとも4月半ばまで延長し、新たにブラジル・サンパウロ州のグラバタイ工場の操業を4─5月に停止すると発表した。
516Picks
テスラ「モデル3」日本で販売急増-値下げでEV不毛の地に変化
Bloomberg
|
米テスラの主力電気自動車(EV)「モデル3」の日本での販売が、2月の大幅な値下げ以降、急増している。EV専業のテスラは世界3位の自動車市場である日本で苦戦を強いられていたが、政府がEVを含めた電動化推進にかじを切る中、国内メーカーが価格競争に巻き込まれる懸念も出てきた。
6Picks
三菱電機の「偽の宣言書」に自動車メーカー幹部が大激怒しているワケ - 不正を告発できない「職場風土」
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
三菱電機の「車載ラジオ」の品質不正問題が、国内の自動車メーカー幹部を激怒させている。今回、不正の対象となったのは、車載オーディオ機
2Picks
自動車解体後に残る「シュレッターダスト」、削減に向け事業者にインセンティブを政府が検討
ニュースイッチ
|
政府は自動車解体後に残るシュレッダーダスト(ASR)の削減や再資源化を促すため、ガラスやプラスチックなどの素材を扱う解体業者や破砕業者などにインセンティブを支払う制度を導入する検討に入った。2021年下期にもまとめる自動車リサイクル制度に関する報告書の中に盛り込み、現行法の枠組みの中での制度設計を軸として数年以内に運用開始を目指す。 検討案は廃車から生じるプラスチックやガラスなどの破砕や選別...
6Picks
中国の1000万都市はタクシーもバスも100%電動化を達成、「EV先進国」が進める次の一手(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline)
Yahoo!ニュース
|
世界最大の自動車市場である中国では近年、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった新エネルギー車(NEV)の普及が急ピッチで進んでいる。たたき台の段階ながら、2035年までに新
3Picks
ホンダが自動運転車発売、世界初のレベル3
共同通信
|
ホンダが自動運転車発売、世界初のレベル3
3Picks
アマゾン配送車のAIビデオ監視に懸念、米議員がCEOに公開書簡
CNET Japan
|
米上院議員5名がアマゾンのベゾスCEOに公開書簡を送付した。アマゾンが配送車に導入しているビデオ監視システムについて、疑問点を問いただすものだ。
187Picks
半導体製造装置メーカーが最大の勝ち組に浮上、供給危機が強材料に
Bloomberg.com
|
突然の半導体不足は自動車生産に混乱をもたらし、米アップルの売上高の伸びを抑制している。一方で半導体製造装置メーカーの株価にとっては強材料となっている。
10Picks
【海外技術情報】VW:バッテリーから原材料を回収してリサイクルするためのパイロット工場が運転を開始
motor-fan.jp
|
自動車の電化を進めるうえで、どうしても解決せねばならないのが、性能が下がったバッテリーの処理である。現在のところ多くのメーカーが取り組んでいるのは再利用であるが、VWはバッテリーから原材料を回収する方法に挑戦している。その取り組みについて、ご紹介しよう。 TEXT:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)
3Picks
ホンダが世界初の「レベル3」搭載車発売、高速渋滞時に動画視聴も
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - ホンダは4日、自動運転機能「レベル3」を搭載した高級セダン「レジェンド」を5日に発売すると発表した。高速道路での渋滞時にシステムが運転操作を担い、ドライバーは視線を前方から外して動画視聴などができる機能で、レベル3搭載車の市販化は世界初となる。
7Picks
【特集3】座談会 エネルギー大転換時代の息吹 需要拡大で水素化の道開く
エネルギーフォーラム
|
エネファーム、燃料電池自動車などから始まった水素利用。最近では火力発電利用、電力系統への需給調整、再エネ由来の…
276Picks
水素を「バブル」で終わらせない。市場形成への次の一手とは
 グローバルで環境問題への対策が叫ばれるなか、水素社会の実現に向けた動きが活況をみせている。その最たる例が、水素を使って走る燃料電池自動車(FCEV)の実装だ。 三井物産は2020年、JBICと...
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア