新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
84Picks
電気自動車の進化に必須といわれる「全固体電池」は実用化できない?
EVsmartブログ
|
トヨタは2017年の東京モーターショーで、2020年代の早い時期に全固体電池を実用化すると発表。全固体電池は電気自動車の進化のカギになる技術として注目されるように。電池研究の第一人者である雨堤徹さんにインタビュー。
4Picks
過去の産物「ターボタイマー」って知ってる? 死語となった車用語5選
くるまのニュース
|
クルマにまつわる用語で、昔はよく見聞きしたものでも、最近は見かけなくなった言葉があります。そこで、いまとなっては「死語」同然のクルマ用語を5つピックアップして紹介します。
6Picks
なぜ車の球切れは警告灯がない? 違反内容やメーター内に表示されない理由とは
くるまのニュース
|
クルマを運転していると気づかないうちに、ヘッドライトやブレーキランプが球切れしていることがあります。ライト類の球切れはそれぞれ道路交通法違反に該当しますが、なぜ油温や水温、残燃料などの警告灯はあるのにライト類の球切れの警告灯はないのでしょうか。
5Picks
ポルシェ、25年までに生産台数50%超を電気自動車に テスラに対抗
AFP
|
【11月20日 AFP】ドイツの高級スポーツ車メーカー、ポルシェは19日、2025年までに同社が生産する車の過半数を電気自動車にする方針を明らかにした。
23Picks
ウーバーの安全文化「不十分」=自動運転事故で―米当局
時事通信社
|
 【シリコンバレー時事】米運輸安全委員会(NTSB)は19日、配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズが起こした自動運転車による歩行者死亡事故について、同社の「不十分な安全文化」が一因になったと...
12Picks
全固体電池研究の最前線
東陽テクニカ
|
電気自動車(EV)普及の鍵として注目の全固体電池。実用化に大きな期待が寄せられています。その最先端を走る東京工業大学菅野了次教授にお話を伺いました。
20Picks
ルノー暫定CEO、一部市場撤退も 日産連合「効率化可能」
Reuters
|
[パリ 19日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー<RENA.PA>のクロチルド・デルボ暫定最高経営責任者(CEO)は19日、中期経営計画の見直しに伴い、一部市場からの撤退やモデル廃止もあり得るという考えを示した。
3Picks
経産省でごみ収集車燃える 東京・霞が関
共同通信
|
経産省でごみ収集車燃える 20日午前10時すぎ、東京都千代田区霞が関1丁目にある経済産業省の庁舎地下2階駐車場で車が燃えている...
2Picks
冬のあいだ、車にあると緊急時に役に立つアイテムリスト
ライフハッカー[日本版]
|
冬のあいだは、役に立つアイテムを車に積んでおくことが大切です。いざという時でも、慌てずに対応できますよ。
14Picks
リチウムバッテリーの寿命を最大限に延ばす方法 —— 鍵はセルの経時劣化補償
EDN Japan
|
電気自動車に搭載されるバッテリーは、いくら優れていても繰り返し使用しているうちに劣化が進み、バッテリーセル間の容量にバラツキが生じます。それにより、1回の充電による有効動作時間、つまりは走行可能な距離が短くなるという課題を抱えます。こうした課題を解決する手段として「アクティブバランス調整」が注目を集めています。このバッテリーパックの容量を回復するための新しい手法「アクティブバランス調整」につ...
73Picks
テスラ、圧倒的な走行実績により自動運転分野で「一人勝ち」
Forbes JAPAN
|
自動運転車はここ数年、自動車業界で熱い注目を集めている。ゼネラル・モーターズ(GM)など既存の大手自動車メーカーから、グーグルの親会社、アルファベットの傘下にあるウェイモ(Waymo)をはじめとするシリコンバレーのスタートアップまで、さまざ・・・
13Picks
中国のEV市場が急減速~通年でマイナスへ
公益社団法人 日本経済研究センター
|
中国で将来の自動車産業の牽引役として期待されている、電気自動車(EV)など新エネルギー車。ここに来て、その販売に急ブレーキがかかっている。昨年来、新車市場全体が冷え込む中、新エネ車だけは前年実績を上回る販売を続けてきたが、今年7月に単月ベースでマイナスに転落。それ以来、回復の兆しは一向に見えない。背景には政府の補助金政策の削減や品質問題があり、2020年以降も大幅な回復は期待できそうにない。...
3Picks
私は“ホームレス”。「現住所=車」のバンライフが、夫婦関係をより良いものにしてくれた
ハフポスト日本版
|
住んでいた家を断捨離しました はじめまして、菅原恵利といいます。私は“ホームレス”です。 以前、「子どもがいない夫婦はかわいそうなのか?」というインタビューのなかでお話した通り、私は夫である菅原拓也と一緒に「バンライフ」という、いわゆる「車上生活」のライフスタイルを選択しています。 今から2年前こと。私はそれまでの人生を何か変えたくて、住んでいた家を断捨離しました。家を持たずに旅生活をはじめ...
5Picks
グローバル戦略で生産実績に明暗、日系自動車メーカーの2019年4〜9月
MONOist
|
日系乗用車メーカー各社の2019年度上期(2019年4~9月)の生産実績は、メーカーによって明暗がはっきりと分かれる結果となった。グローバル生産台数では、トヨタ自動車、ホンダ、ダイハツ工業の3社は上期として過去最高を更新した。一方で、日産自動車、スズキ、マツダ、三菱自動車の4社は前年同期の実績を下回った。
2Picks
【日米貿易協定シリーズ4】自動車一強、トヨタ一強は政界の一強とかわりなし -多様性のない就業構造では将来が危ういばかり- - 篠原孝
BLOGOS - 最新記事
|
<日本の外への徒らな噴出的輸出が生んだ数々の通商摩擦>〔別表「アメリカの貿易赤字上位5カ国・地域の推移」参照〕 この日米貿易交渉の根底に日本の洪水的自動車輸出があることは誰でもが承知している。 日本からの洪水的輸出は何も今に始まったことではなく、繊維摩擦の頃からずっと続いている。相手国の産業を叩きのめしてもお構いなしの噴出的輸出である。このためアメリカとは鉄鋼、半導体と品目を特定した貿易交渉...
3Picks
【タイ】10月の車生産22.5%減少、2年半ぶり2桁減[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【タイ】10月の車生産22.5%減少、2年半ぶり2桁減[車両] タイ工業連盟(FTI)が20日発表した2019年10月の自動車生産台数は、前年同月比22.5%減の1...
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア