新着Pick
SPD0VCGDRHSJ7TLH
ラグジュアリーブランド
ALL

ラグジュアリーブランド 業界

世界
業界一覧
>
消費財
>
衣服・装飾品製造
>
ラグジュアリーブランド
高級衣料品、バッグ、宝飾品等のラグジュアリーブランドを傘下に有し、多国籍に展開する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
YOSHIKIの着物ブランド「YOSHIKIMONO」が英ヴィクトリア&アルバート博物館の着物展に抜擢(BARKS)
Yahoo!ニュース
|
YOSHIKIが手掛ける着物ブランド「YOSHIKIMONO」が、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館(以下V&A)で2月29日から開催されるヨーロッパ初の大々的な着物展『Kimono: Kyo - Yahoo!ニュース(BARKS)
11Picks
売れる『世界観』のつくり方 〜顧客を巻き込むD2Cのブランド戦略〜
NewsPicks
|
デザインやクリエイティブを起点に、新規事業のコンサルティングやブランディングを手掛ける「Takram」。 同社のディレクター・ビジネスデザイナーである佐々木康裕氏による『D2C 世界観とストーリーテリングで顧客を巻き込むブランド戦略』が2020年1月に創刊され、大きな話題を呼んだ。 今回は、書籍の発売を記念し、モデレーターにファッション・クリエイティブ・ディレクターである軍地彩弓氏を迎え、「...
11Picks
D2Cブランドのグロースには何が必要か?
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
D2Cブランドが注目を集めています。その立ち上げを成功に導き、さらに大きく発展させるためには、顧客に対して一貫したUXを提供し、ブランドの世界観が顧客に正確に伝わるコミュニケーション設計が必要不...
185Picks
D2Cブランド成功の鍵は「ワンイシュー」
NewsPicksアカデミア
|
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、書籍、イベント、記事などを通じて、最先端の実学を提供しています。今回は2020年1月20日に開催されたTakra...
28Picks
ランジェリーのビクトリアズ・シークレット、シカモアが経営権取得へ
Bloomberg
|
アパレルやボディーケア用品のブランドを展開する米Lブランズは、ランジェリーブランド「ビクトリアズ・シークレット」の経営権を米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社シカモア・パートナーズに譲渡することで同社と合意した。同ブランドを11億ドル(約1230億円)と評価する取引になる。
2Picks
地球環境という大きな物語も、あなたのたった一枚の選択から始まっていく。“倉庫の服”を蘇らせるアップサイクリングブランド、「FROMSTOCK(フロムストック)」が誕生。
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
株式会社アダストリアのプレスリリース(2020年2月21日 12時00分)地球環境という大きな物語も、あなたのたった一枚の選択から始まっていく。“倉庫の服”を蘇らせるアップサイクリングブランド、[FROMSTOCK(フロムストック)]が誕生。
108Picks
シュプリームとナイキだけが「フリマアプリ」でバカ売れする理由
マネー現代
|
2018年、楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」のブランド別取引件数ランキングに“異変”が起こった。SupremeとNIKEのストリートブランドが1位、2位に急上昇したのだ。続く2019年もNIKEが1位、Supremeが2位とトップを独占。まさにラクマにおける「2強」ブランドとして君臨している。1990年代から2000年代初頭にかけて若者を虜にしたストリートファッションが、近年、世界的なリ...
12Picks
日本ブランド/トップ100発表「Best Japan Brands 2020」
流通ニュース
|
ブランディング会社のインターブランドジャパンは2月18日、ブランドの持つ価値を金額換算する独自のブランド価値評価(Brand Valuation)手法を用い、日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best […]
129Picks
「大阪都中央区やめて」…東京・中央区が再考求める…「銀座ブランド築かれてきた」
読売新聞
|
大阪市を廃止して4特別区を新設する「大阪都構想」が実現した場合、2特別区の名称が「北区」と「中央区」となることについて、東京都の北区と中央区が「混同される恐れがある」として、大阪府・市に名称の再考を求めていることが分か
361Picks
【3分まとめ】世界最大の企業・ウォルマートの最新決算をつかむ
NewsPicks編集部
|
アマゾンやアリババのようなEコマース(電子商取引)企業や、自社ブランドのネット販売に特化した「D2C(Direct-to-Consumer)」企業が台頭する中で、リアル店舗を多く抱える従来型の小...
3Picks
ステューシーの40年史:ある男の名前がストリートウェア文化の代名詞になるまで
I-d
|
ステューシーがなければ、シュプリームもストリートウェアも存在しなかった。発祥の地・オレンジカウンティの遊歩道から、Diorの2020年メンズプレフォールコレクションまで。サブカルチャー生まれのブランドが、現在のファッションをかたちづくっていった軌跡を辿る。
38Picks
国内ブランドの評価ランキング 12年連続でトヨタが首位 初ランクインは9社
ITmedia ビジネスオンライン
|
インターブランドジャパンが日本のブランドランキングを発表した。12年連続で首位はトヨタだった。2位はホンダ、3位は日産。セブン-イレブンなど9社が初のランクインを果たした。業界別に見ると、金融業界が伸び悩み、化粧品業界が成長。よりブランドの力を上げるために必要なものとは。
54Picks
靴ブランドのコールハーン、米でIPOへ 「アスレジャー」に注力
Forbes JAPAN
|
米投資会社の傘下にある米老舗ファッションブランド、コールハーン(Cole Haan)が、米国での新規株式公開(IPO)を申請した。ドレスシューズなどで知られる同社は、スポーツウエアを普段着に取り入れた「アスレジャー」市場でのシェア拡大を目指・・・
22Picks
OLがたったひとりで下着D2Cブランドを起業、2つのマーケティング戦略
TechCrunch Japan
|
商品入荷後、1日で完売したD2Cランジェリーブランドがある。IT企業でエンジニアとして働いていたOLの「仕事中のブラジャーの締め付けがストレスだった」という悩みをきっかけに作ったノンワイヤーブラ専門のランジェリーブランド「BELLE MACARON(ベルマカロン)」だ。 ノンワイヤーブラとは、ワイヤーによる締めつけがなく、着心地よく着られるブラジャーのこと。BELLE MACARONは着け心...
170Picks
「ジープ」の販売台数が10年で13倍も増えた理由
東洋経済オンライン
|
日本市場では、数多くの輸入車ブランドが発売されている。その中で、最も大きな存在感を放つのがドイツ車だ。2019年の国内輸入車販売台数の合計は、約34万8000台(JAIA発表)。そのうちのトップは「メルセデス・ベ…
11Picks
新車販売は伸び悩みも、タイヤ会社の業績が好調なのはなぜ?
ニュースイッチ
|
タイヤ4社の2020年12月期連結業績は全社増収、営業増益となる見通し。世界の新車販売が伸び悩み新車用タイヤは落ち込む予想だが独自ブランドや高機能タイヤが市販用タイヤの世界販売を支える。一方、新型肺炎の影響は読み切れない。不透明感が増す中で業績予想が一変する可能性も出てくる。 市販用タイヤの世界販売が増える見通しは各社共通する。ブリヂストンの20年12月期は営業利益率が高い鉱山用タイヤが回復...
15Picks
D2Cブランドを支える"Shopify(ショッピファイ)"とEコマースの未来
trans+(トランスプラス)
|
「アマゾンキラー」として注目されるカナダ発のECプラットフォーム"Shopify(ショッピファイ)"。まだまだ日本でなじみの薄い同社だが、グローバル規模では既にeBayを抜き、Amazonに次ぐ規模まで成長。昨今のD2Cブランドにとって「必須のツール」として紹介されるほど、EC業界で大きなうねりを起こし続ける存在だ。 Shopify(ショッピファイ)とは そもそも「Shopify(ショッピフ...
29Picks
プロダクトではなく「ライフスタイル」を売る:D2CブランドAllbirdsは、日本のリテールに変革をもたらすか
WIRED.jp
|
リテール業界に地殻変動を起こしたビジネスモデル「D2C(Direct to Consumer)」。その震源地・米国から初めて日本に進出してきたD2Cブランド「Allbirds」は天然素材を使ったサステナブルな製品で、消費者から支持を集める。D2C黎明期である日本市場で、AllbirdsはいかにD2Cモデルを実装しようとしているのか。D2Cブランドビジネスに精通するTakramディレクターの佐...
341Picks
"広告宣伝費ゼロ"のグローバルD2C企業、テスラモーターズのマーケティング戦略
note(ノート)
|
先日テスラモーターズ(Tesla Moters)の直近決算に関するStockclipの記事を引用したところ、予想外に反響がありました。一見すると多額のマーケティング予算を投下しているように思える当社が、広告宣伝費を1円も使っていなかったという事実には、相当なインパクトがあったと推察されます(トヨタの年間広告宣伝費は4,500〜5,000億円規模)。 近年D2Cブランドが話題になることも増えて...
ラグジュアリーブランド 概要
世界
インド