新着Pick
SPD0THZM9W8RL7L5
出版(雑誌社)
JPN

出版(雑誌社) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版(雑誌社)
主に特定分野の情報誌の出版を主力とする企業群。但し、事業主からの掲載広告収入を元に定期製作されるフリーペーパー等は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
44Picks
1を100に。ビジネスアイデアや戦略を実行に移す「畳み人」というスキル
ライフハッカー[日本版]
|
『「畳み人」という選択』(設楽悠介、プレジデント社)の著者は幻冬舎でブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」の編集長を務めている人物。幻冬舎コミックスやクラウドファンディング出版のエクソダスなど、関連会社の取締役も兼務しているそうです。
12Picks
いまあえて主張しないといけない。複数性とは「悪」である:これからの〈らしさ〉のゆくえ #1 千葉雅也
WIRED.jp
|
技術革新が進む時代に、〈らしさ〉とは、ジェンダーをもつこととは、個人であることとは、いかなる意味をもつのだろうか。2019年、初の小説作品『デッドライン』を上梓した気鋭の哲学者・千葉雅也から語られた言葉には、わたしたち「人間」がいま考えるべきことへの実践的な示唆が満ちていた。(雑誌『WIRED』日本版Vol.36より転載)
11Picks
「子供の科学」バックナンバー1年分と「天文ガイド」1月号など無料公開
sorae 宇宙へのポータルサイト
|
誠文堂新光社が出版する子供向け科学雑誌「子供の科学」のバックナンバー1年分を無料公開する特設サイトがオープンしました。 この対応は、新型コロナウイルスによる一斉休校により自宅で過ごす小中学生のためのもの。大人も子供も一緒…
94Picks
「23年ぶりに出版市場復調」でも雑誌の休刊が止まらない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
1996年をピークに縮小しつづけてきた出版市場が、昨年、ついに微増に転じた。ライターの飯田一史氏は「数字上は『底を打った』と言えるが、…
30Picks
漱石は「I LOVE YOU」を「月が綺麗ですね」 と訳したとか。今のあなたなら何と訳す? - 心をつかむ超言葉術
Diamond Online
|
夏目漱石は「I LOVE YOU 」を「月が綺麗ですね」と訳したという都市伝説がある。  その真偽はさておき、「愛してる」と言わないで「愛してる」を伝える言葉を考えることは、コピーライティングのトレーニングの上でとても役に立つという。  ダイヤモンド社より『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』を刊行したコピーライターの阿部広太郎氏は、講座の最初にいつもこの課題を用意...
170Picks
なぜ講談社は台湾で「女性メディア」を広めるのか
NPコミュニティチーム
|
出版社のイメージってどのようなものでしょうか? 書籍、雑誌、コミック、出版不況、紙からデジタルへの変革期……。そんなイメージでしょうか。実際には、「出版社」と一括りに語ることが難しいほど、激しい...
16Picks
TikTokを退職します。
note(ノート)
|
こうみくです! この度、マーケティングマネージャーとして勤めていたバイトダンス社@北京本社を退職することになりました。正式には現在は春節休暇中でありまだ在籍しておりますが、近いうちに正式な退職となります。 2018年末にTikTokに出会ってすぐにどハマりし、2019年にはそんな大好きなTikTokにマーケターとして北京本社にジョイン。10月末には、TikTokに関する本を出版させてもらう(...
97Picks
【東京五輪】金子達仁、森保ジャパンが金メダル候補である理由
SportsPicks編集部
|
先日、老舗のスポーツ雑誌の編集部の人間からこんな質問を受けた。「今回のオリンピックは盛り上がるのでしょうか?」聞けば、近年オリンピックモノの刊行物の売れ行きは芳しくなく、雑誌社としたら、大会が盛...
84Picks
リバネス丸氏と投資家蛯原氏が注目するディープテック──日本が抱える3つの課題をグローバルなビジネスに
Biz/Zine
|
2019年8月に刊行した『テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」』(ダイヤモンド社)が好評な、蛯原健氏による対談シリーズ。今回は大企業の新規事業開発、スタートアップの創業支援、次世代の教育などを幅広く手掛ける株式会社リバネスの代表取締役 グループCEO 丸幸弘氏をゲストに迎えた。  丸氏は近著『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』(尾原和啓氏との共著 日経...
28Picks
「世界がどんどん悪くなっている」というのはフェイクニュース。 先進国の格差拡大にも関わらず 「公正なルール」のもとでの不平等は受け入れられる 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々
Diamond Online
|
2004年に『タイム誌』の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれた進化心理学者のスティーブン・ピンカーは、『暴力の人類史』(青土社)につづいて2018年に“Enlightenment Now(いまこそ啓蒙を)”を上梓し、日本でも『21世紀の啓蒙』(草思社)として昨年末に発売された。上下巻で1000ページちかい大部の本で、とてもそのすべてを紹介できないが、かんたんにいうなら「18世紀の...
155Picks
フルカラーKindleの可能性。新型E-Inkディスプレイを見てきました #CES2020
ギズモード・ジャパン
|
Photo:AndrewLiszewski(Gizmodo)E-Inkで雑誌も読みたい。EInkはタブレットの到来(iPadが電子ペーパー採用の電子書籍リーダーを全滅させると大勢が予想していた)に耐えただけでなく、成長を続けています。しかし、ラップトップやスマホの天板に置かれる省電力性スクリーンとしてだけではありません。EInk社はCESで、AmazonのKindleなどのデバイスをフルカラー化す
18Picks
アメリカ人はなぜそんなに犬が好きなのか─人間よりも犬の死に同情することも… | アメリカニュース解説
クーリエ・ジャポン
|
1996年から2006年まで出版されていた伝説的なアメリカ文学専門誌「アメリカン・ブックジャム」。東京とニューヨークに編集部を置き、アメリカの出版界やニューヨークのダウンタウンの文化について、現地から情報を発信していた雑誌で、今でもファンが多い。その創刊者にして元編集長の秦隆司氏は現在もニューヨーク在住。アメリカ社会を長年にわたり見つめてきた、「アメリカの政治ニュースを追うポリティカル・ジャンキー
11Picks
患者が望まない延命治療を行うことは常に正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて - 有馬斉 / 倫理学 - SYNODOS
BLOGOS - 最新記事
|
1.はじめに今年の2月に『死ぬ権利はあるか―安楽死、尊厳死、自殺幇助の是非』(春風社、2019年)を出版した。580頁と少しぶ厚い本になったが、これを丸ごとかけて、人の死期を早めたり、生命を維持しなかったりすることの是非について論じた。具体的に取り上げたのは、主として、臨床で生じるケースである。いわゆる安楽死、尊厳死、医師による自殺幇助などと呼ばれる一連の医療者のふるまいに焦点を当てた。本書...
341Picks
破綻したグリーンピアを再生すべく 森岡毅が歩んだ「獣道」
Diamond Online
|
ダイヤモンド社より刊行された『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』がベストセラーとなっている株式会社 刀CEO・森岡毅氏。 彼は倒産確実と言われていたUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を、わずか数年で世界第4位のテーマパークにまで導いた稀代のマーケターとして知られる。2017年に独立して刀を立ち上げ、沖縄の新テーマパーク構想に取...
29Picks
グーグルはなお自社サービス優遇=欧州の価格比較サイト41社
Reuters
|
[ブリュッセル 28日 ロイター] - 独出版・新聞大手アクセル・シュプリンガー<SPRGn.DE>傘下の「イデアロ」を含む欧州の価格比較サイト運営会社41社は欧州委員会に書簡を送り、米アルファベット傘下グーグル<GOOGL.O>がいまだに検索結果において自社サービスを優遇しているとして、一段の行動を取るよう求めた。
160Picks
若手社員の退職やメンタルへルスの不調が頻発、キャリアコンサルタントはどう助言したのか?
Diamond Online
|
総合商社でキャリアカウンセリング室を立ち上げ、20年のキャリアコンサルティングの現場経験を持つ浅川正健氏が、今年10月に『企業内キャリアコンサルティング入門』(ダイヤモンド社刊)を上梓した。今回はある中間管理職の下で社員が退職したり、メンタルヘルス不調で出社できなくなったうえ、その中間管理職も思い悩んでいるという事例を紹介する。キャリアコンサルタントはどんな風に判断し、どのように対応したのか。
14Picks
SPRINGboard〜若者の“きっかけ”になる雑誌を若者出版するプロジェクト〜
camp-fire.jp
|
若者の想い「sentiment」と文化「culture」を雑誌を通して伝えることで、若者の“きっかけ”を作りたいです。2020年の1月に発売を目標に、現在大学生2人で活動しています。皆さんにご協力いただき、より多くの方にSPRINGboardできっかけを...
478Picks
銀行の9割、銀行員の99%は「消える」──なぜもう「銀行はいらない」のか?
FinTech Journal
|
ビジネスモデルの崩壊によって銀行の9割、銀行員の99%は「消える」──衝撃的な予測を掲げるのが『もう銀行はいらない』(ダイヤモンド社)を上梓した上念 司氏だ。その思いは、実は上念氏自身が銀行員だった1990年代から抱いていたという。「銀行が消える日」までのシナリオとはどのようなものか? 上念氏に聞いた。
87Picks
「賭け」だった誌面リニューアル。新たな読者を呼び込んだ方法とは
NewsPicksアカデミア
|
松田 私たちに課された新しいミッションは、それまで隔週発行だった『レタスクラブ』を月刊化することでした。雑誌が刊行スパンを変えることは、大きなリスクをともないます。まず単純に、販売額が減少します...
13Picks
「迷惑な外国人」を攻撃…日本人の「観光客ぎらい」はなぜ進むのか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
しばしばテレビや雑誌を賑わす、外国人観光客の「マナー違反問題」。日本社会には「観光客ぎらい」とでも呼ぶべき空気が蔓延しているが、なぜそうなってしまうのか。『パンクする京都 オーバーツーリズムと戦う観光都市』を上梓した社会学者の中井治郎氏が解説する。
出版(雑誌社) 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム