新着Pick
SPD0THZM9W8RL7L5
出版(雑誌社)
JPN

出版(雑誌社) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版(雑誌社)
主に特定分野の情報誌の出版を主力とする企業群。但し、事業主からの掲載広告収入を元に定期製作されるフリーペーパー等は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
【続報】NewsPicksの取材により、hey社CEO佐藤裕介氏がついに経歴詐称を認める「元Google天才エンジニア」/STORES/佐俣奈緒子/佐俣アンリ/光本勇介/
note(ノート)
|
以前報じたhey株式会社CEO佐藤裕介氏の経歴詐称疑惑について、NewsPicks社の取材により「経歴詐称」が確定した。 経緯はNewsPicks社が出版している書籍『STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか (NewsPicksパブリッシング) 堀新一郎』の中で「(佐藤裕介氏は)Googleにエンジニアとして入社」と記載していたため、事実を確認するべく私が問い合わせたところか...
95Picks
倒産寸前の英国の雑誌社「フューチャー」を救った女性CEOの凄腕
Forbes JAPAN
|
英国のメディア企業、フューチャー(Future Plc)の事務所は、お洒落とは程遠い西ロンドンの袋小路の奥にあり、両脇には安宿が立っている。低層の白いビルの中に入ると、パーティクルボードが付いた安物の机が何列も並んでいるが、そこで働く社員は・・・
124Picks
インテリ気取りで「受け売りの知識」を披露私たちはみんな「亜インテリ」なのかもしれない
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
インテリを気取ってはいるけれど、そのじつ耳学問で仕入れた受け売りの知識をひけらかしているだけの人々——丸山眞男はいまから50年以上前にこうした存在を「亜インテリ」と呼びましたが、じつは現代こそが「亜インテリ」というキーワードによって特徴づけられるのかもしれません。『みんな政治でバカになる』(晶文社)を上梓した、批評家の綿野恵太氏が解説します。
26Picks
豊かさが導く「人」中心の社会が持続可能な社会を実現する
note(ノート)
|
TAKA(@Murakami_Japan)です。この度、素敵なご縁があって初の著書を出版(祥伝社9/30発売)させて頂きます。それに関連して、本書でも取り上げている「持続可能な社会」を実現するための要素、取り巻くポイントなどを少し本書を抜粋しながらご紹介していきたいと思います。 持続可能な社会への責任が問われる時代 日々の生活で手一杯の時代では、その日暮らしで先のことを考える余裕はなかったで...
22Picks
どうしてゴールドマンを辞めた僕が、漫画「ドラゴン桜」の製作を手伝ったのか?
note(ノート)
|
この度、ダイヤモンド社から本を出版する。 『お金のむこうに人がいる』―元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた予備知識のいらない経済新入門― タイトルと、それに続くサブタイトルの不協和音が半端ない。 「お金のむこうに人がいる」なんて道徳的なタイトルの本を、サブタイトルで言っているように資本主義ど真ん中のゴールドマンで働いていた僕が書くことに尋常じゃない違和感を覚える人は多いんじゃないだ...
54Picks
「商社」「金融」でダブル1位になった大学は?有名企業への実就職率ランキング
ダイヤモンド・オンライン
|
就活生の人気が高い企業は、そのぶん内定を勝ち取るのも困難だ。大学通信は毎年、大学ごとの卒業生(大学院進学者を除く)に占める「有名企業400社」への就職者数の割合を「実就職率ランキング」として公表している。このうち、商社と金融のランキングに注目して、上位大学の顔ぶれをみていこう。現在発売中のAERAムック『就職力で選ぶ大学2022』(朝日新聞出版)から紹介する。
286Picks
「人の倍稼ぐフリーランス」が、じつは「稼ぐ」よりも大事にしていること
マネー現代
|
20年連続「高収入」のフリーランスが一番大事にしてるのは、じつは「稼ぐこと」ではなかった……。ブックライターとして数多くの成功者に取材する中で学んだ、地位でも名誉でもお金でもない、人間にとっての喜びとは。『人の倍稼ぐフリーランス46の心得』(草思社)を出版したブックライター上阪徹氏が説く、表面的なノウハウにとどまらない「仕事の心得」。
73Picks
「クイック・ジャパン」次号の発売休止 小山田圭吾氏「いじめ告白」記事問題で「編集体制の見直し必要」
J-CASTニュース
|
太田出版は2021年8月4日、同社が発行する雑誌「Quick Japan(クイック・ジャパン)」次号...
12Picks
食とファッションの「リジェネラティヴ」な循環は、次の時代のラグジュアリーとなる:特集「FOOD: re-generative」イヴェントレポート
WIRED.jp
|
人類の活動は、これまで常に自然の豊かさとのトレードオフで成り立ってきた。いまある環境を保全し持続可能な経済活動を模索するだけでなく、自然の資源を再生しさらに豊かにしていく「リジェネラティヴ」な循環の鍵はどこにあるのか──。雑誌『WIRED』日本版VOL.40の刊行イヴェントでは『フードテック革命』の共著者である岡田亜希子とエシカルファッションプランナー鎌田安里紗を招き、「リジェネラティヴ」な...
320Picks
「山を買う」ブームで、日本の自然環境はどう変わる?
NewsPicks編集部
|
まるで預言者のように、新しい時代のムーブメントをいち早く紹介する連載「The Prophet」。今回登場するのは、書籍『山を買う』(山と渓谷社)を上梓したジャーナリストの福﨑剛氏。同書は、ウィズ...
81Picks
文系でも新入社員でも可能な「DX人材」になるための7つのポイント
ダイヤモンド・オンライン
|
「DX(デジタル・トランスフォーメーション)はあらゆる企業の経営戦略の中核になっていて、もうDXリテラシーによる人材の“線引き”が始まっています。新入社員も例外ではありません」。こう話すのは『デジタル技術で、新たな価値を生み出す DX人材の教科書』(朝日新聞出版)の著者、鶴岡友也さん。24歳ながら株式会社STANDARDのCTOとして480社以上の企業にDX人材教育サービスを提供中。高密度の...
469Picks
衰退する「新聞・雑誌」の未来を徹底討論【ゲスト:佐々木俊尚】
NewsPicks Studios
|
今回は、元毎日新聞記者でジャーナリストの佐々木俊尚さんがゲストに登場。 昨年9月、朝日新聞社は中間決算が純損益419億円と、9年ぶりの大赤字に。「新聞社の経営」や「押し紙問題」はどう変わるのか?また、雑誌業界は電子出版が勢いを増す中、紙媒体はどうやって生き残るのか? 10年前に紙メディアのパラダイムシフトを予期した佐々木さんと堀江さんが、衰退の一途を辿る「新聞・雑誌」の未来を徹底議論します。 <ゲスト>佐々木俊尚(ジャーナリスト・評論家)土居明莉(現役東大生) ※番組を全編視聴するには、有料会員登録が必要です。
1059Picks
【教養】渋沢栄一に学ぶ「運の引き寄せ方」
NewsPicks編集部
|
「経営の神様」と称される渋沢栄一。銀行経営という金融業を柱に、数々の産業と事業を創出し続けた。『渋沢栄一 変わり身の早さと未来を見抜く眼力』(平凡社新書)を上梓した京都大学名誉教授の橘木俊詔氏が...
23Picks
DXがわからない経営者・AIを使えないベンチャーは去ったほうがいい【ゲスト:夏野剛さん】 - ダブルハーベスト
Diamond Online
|
シナモンAI共同創業者として、多くの企業にAIソリューションを提供して、日本のDXを推進する堀田創さんと、『アフターデジタル』『ネットビジネス進化論』をはじめ、数々のベストセラーでIT業界を牽引する尾原和啓さんがタッグを組んだ『ダブルハーベスト──勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』(ダイヤモンド社)が刊行された。「このままでは日本はデジタル後進国になってしまう」「日本をAI先進...
1208Picks
ホリエモンが「家業を継ぐ」のをおすすめしない理由
Diamond Online
|
斜陽産業の家業を継げ、と言われたらどうするか。創業60年の実家、南福岡自動車学校の事業継承と経営の立て直しをした経験をまとめた『スーツを脱げ、タイツを着ろ!』(ダイヤモンド社)を上梓した江上喜朗氏と、ヒルズ族から監獄行きを経験し、現在も実業家として手腕を発揮する堀江貴文氏との対談をお送りする。
1101Picks
スタバがリーダー研修で社員に勧める4冊
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
企業の経営幹部や管理職を養成する講座では、どんな本を薦めているのか。雑誌「プレジデントウーマン」(2018年1月号)では4社に取材。今回…
803Picks
80万部が11万部になった「cancam」。売れない雑誌の共通点とは?
toriaezutori.com
|
とりわけ売れない雑誌が持つ、3つの特徴 出版不況の中でも特に雑誌は落ち込みが激しいと聞きますが、2008年以降からの雑誌の発行部数を調べると、全体としてシュリンクしているのはもちろんのこと、とりわけ落ち込みが激しいジャンルがありました。以下のような特徴を持った雑誌です。 ・インフルエンサー(モデルや読モ)が主体
790Picks
TSUTAYA展開のCCC、なぜ崩壊する出版市場に「逆張り」するのか
ビジネス+IT
|
書籍の衰退が叫ばれてから久しいが、その中にあって逆張りの戦略を試みる企業がある。それはTSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)である。徳間書店や主婦の友社など著名出版を買収したほか、カメラ販売のキタムラへの出資も行い業容を拡大している。一方で、TSUTAYA店舗の整理を急ピッチで進めるなど、事業の再構築も急ぐ。CCCは何を目指しているのか、最近の動きから探った。
出版(雑誌社) 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム