新着Pick
SPD0S4TIUVCBNPZL
経営・財務アドバイザリーサービス
JPN

経営・財務アドバイザリーサービス 業界

日本
業界一覧
>
法人サービス
>
業務支援サービス
>
経営・財務アドバイザリーサービス
経営戦略、財務戦略に関する課題に対して助言や課題解決手法を提供する企業群。M&A等の仲介、助言業務も本業界に含むが自ら投資業務を行う企業は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
スクエアが「タイダル」買収へ-ジェイ・Zが取締役会メンバーに
Bloomberg
|
モバイル決済サービスを手掛ける米スクエアは、人気ラッパーのジェイ・Zが経営する音楽配信サービス「タイダル」の過半数株式を取得することで合意した。スクエアは、決済など同社が展開する一連のサービスをミュージシャンや新進アーティストに広げる取り組みを進めている。
5Picks
ZHD、アジアでサービス強化=AI倫理の在り方検討―川辺・出沢共同CEO
時事通信社
|
 LINEと経営統合したZホールディングス(HD)共同最高経営責任者(CEO)の川辺健太郎、出沢剛両氏は4日までにインタビューに応じた。両氏は国内とアジア市場で「サービスを深掘りする」とそろって...
5Picks
コード決済の“PayPay一本化”だけではない、ヤフーLINE経営統合が変える3市場の風景キャッシュレス・銀行・EC
Business Insider Japan
|
3月1日、ヤフーを傘下に持つZホールディングス(以下、ZHD)とLINEが経営統合し、新生Zホールディングス誕生した。 同日から決済サービス「PayPay」を中心としたキャンペーンや、LINEアプリ内のサービス一覧上にヤフー系サービスが表示されるなど両社の統合の盛り上がりは、一般消費者であっても肌で...
1211Picks
LINE Payは「PayPay」が吸収へ──Yahoo! JAPAN×LINE経営統合で方針
DIAMOND SIGNAL
|
ソフトバンク傘下でYahoo! JAPANを展開するZ HOLDINGS(Zホールディングス)は、LINEとの経営統合後の初の方針発表会を実施した。両社が競合するスマホ決済サービスでは、ソフトバンク系の「PayPay」へLINE Payのサービスを統合する方針が示された。
180Picks
コロナ克服後も、ショッピングモールに“人が戻らない”悲惨な敗因
ビジネス+IT
|
中国に1000数百カ所以上あるショッピングモールが今、悲鳴を上げている。中国では、すでに街の人出は戻っているが、感染拡大期に新小売スーパー、デリバリーなどの「スマホ注文で宅配」の新小売サービスに慣れてしまい、わざわざ郊外のモールまで出掛けて買い物をするという習慣が失われてしまった。いずれ消費者の足が再びショッピングモールに向く日もやってくるかもしれないが、その日まで経営がもたないモールも多そ...
501Picks
SNS時代における「論壇とネット教養」【ゲスト:東浩紀】
NewsPicks Studios
|
今回は、著書「ゲンロン戦記」で自らの失敗を赤裸々に語り、話題となっている批評家・作家の「東浩紀」さんがゲスト。 会社経営の苦悩から、新しく手がける動画配信サービス「シラス」が目指す"スケールしないモデル"の真意を白熱トーク。 さらに、ネット時代における言論・文壇界の問題点から、個人の価値観や多様性の衰退などSNSの功罪を考察します。 ネット時代の「知の在り方」とは何なのか? 堀江貴文さんと大いに語っていただきます。 <ゲスト>東浩紀(批評家・作家/株式会社ゲンロン創業者・取締役)土居明莉(現役東大生) ※番組を全編視聴するには、有料会員登録が必要です。
11Picks
20代で起業した私がM&A業界で動画マーケティングを推進する理由
20代で起業した私がM&A業界で動画マーケティングを推進する理由|株式会社マーブルのストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY
|
M&A知識メディア「 SOGOTCHA(ソガッチャ) 」や月額制のM&Aアドバイザリーサービス「 SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア) 」などを運営する株式会社マーブルは、2021年1月にM&Aや金融経済分野に特化した動画制作事業「 SOGOTCHA VIZ(ソガッチャビズ) 」及びM&Aノウハウの見える化・研修事業「 SOGO...
15Picks
M&A・事業再建のあり方を変えるAI・データアナリティクスの「威力」──経営の中枢にAIをどう活用できるのか
提供: PwC Japan Group | <PR>Forbes JAPAN BrandVoice
[提供:PwC Japan Group] AI(人工知能)を経営に活用したいと考える企業が増えている。さまざまな分野で導入が進んでいるが、中でも注目されているのが、M&A(合併・買収)案件におけるAIの活用だ。その理由はどこにあるのか。PwCアドバイザリー合同会社 パートナ・・・
26Picks
暗号資産(仮想通貨)と米国株
トウシル 楽天証券の投資情報メディア
|
最近、個々の米国企業の経営上の決断や新サービスの発表が暗号資産(仮想通貨)の価格形成に影響を及ぼすケースが散見され始めています。そこで今日はこれまでのケースを概観するとともに今後の展開について考えてみたいと思います。 米国の個別企業の発…
18Picks
DXとAI時代の「製造業」のデジタル戦略~青田広幸×滝野一征×人見光夫×水上潔×島田太郎
GLOBIS知見録 最新記事
|
G1経営者会議2020 第6部 分科会 テクノベート「DXとAI時代の製造業のデジタル戦略」 (2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校) テクノロジーの進化によって、新しい製品やサービス、概念が生まれ、製造業のあり方も変化している。数年前から製造業では、工場の自動化・効率化を目的に、ファクトリー・オートメーション(FA)、センサーや産業用ロボットなどが活用されていた。一
17Picks
データから価値を生み出す~経営課題解決のためのデータ活用成功のポイント~
talentbook
|
ビッグデータの活用が叫ばれて久しい昨今、データは企業の経営判断のための材料として重要な役割を果たしています。お客様のデータを活用してサービスを提供することが本業のひとつでもあるNTTデータにおい...
112Picks
フードデリバリー「Wolt」が約550億円の資金調達、日本では100都市での展開を目指す
DIAMOND SIGNAL
|
2020年に上陸したフィンランド発のフードデリバリーサービス「Wolt」は日本での事業展開を更に加速させようとしている。同社は1月26日、日本を含む世界の新規都市への進出と経営基盤の強化を目的として、約550億円の資金調達を実施した。
189Picks
2020年に廃業した米国スタートアップを振り返る
TechCrunch Japan
|
何もない通常の年でさえ、スタートアップの経営を成功させるには大変なパワーが必要だ。2020年のコロナ禍の後、すでに余裕のない状態だった多くのスタートアップがぎりぎりの経営を続けている。パンデミックの最中、自社の製品やサービスに対する関心の高まりを感じたスタートアップの中にも、最後まで走り抜くことができなかったものがいくつかあった。 TechCrunchが、その年に生き残れなかったスタートアッ...
7Picks
まずは打倒“楽天経済圏”、そして日本社会のDXに貢献? ヤフーとLINEの経営統合の先にあるものとは - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
|
1日、ZホールディングスとLINEが経営統合、国内最大規模のIT企業が誕生した。シニア層を含むパソコンユーザーに強いYahoo!Japanと、若年層を含むスマホユーザーに強いLINE、さらに決済サービス最大手のPayPayを中心とした200以上の既存サービスを連携させ、「3年後の2023年度の売上収益は2兆円、営業利益は過去最高益となる2250億円を目指す」(川邊健太郎Co-CEO)としてい...
218Picks
アップル、環境対策や社会貢献などで役員賞与を最大10%増減経営陣の評価に財務以外の項目を導入
Business Insider Japan
|
・アップルは2021年の役員賞与を、社会的・環境的な価値観に対する実績に基づいて、最大10%増減させる。 ・この「環境・社会・ガバナンスに関する変動因子」は、アクセシビリティ、教育、環境、多様性と包括性、プライバシーとセキュリティ、サプライヤー責任という6つのコア・バリューに基づいて、賞与を増減させ...
98Picks
ビザスク、「社外役員マッチングサービス」を提供開始
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社ビザスクは、豊富な業界・業務の経験をもつ人の知見を経営に活かす新サービスとして、社外取締役・社外監査役を企業にマッチングする「ビザスクboard」を新たに提供開始すると発表した。 ■サー...
「ビザスクboard」開始 社外取締役・監査役を企業にマッチング
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
838Picks
【安田雅彦】年収の「見える化」は転職の常識をどう変えるか
 今年8月、米国証券取引委員会は米国の上場企業に対して「人的資本の情報開示」を義務づけると発表した。 財務情報や非財務情報によって見えるのが過去の選択の結果なら、人的資本の情報は未来の経営指標を...
286Picks
トヨタが3メガバンクと「製造業支援ファンド」を設立する狙い
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は7日、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、投資会社のスパークス・グループとともに、国内の製造業に投資するファンドを設立したと発表した。優れた技術や人材、サービスを有する国内のモノづくり企業に投資するほか、生産や経営戦略の策定など実務面でもサポートする。2021年10月末までをめどに、企業や投資家から追加出資を募り、総額200億円の運用規模を目指す。 新設した「日本モノづく...
経営・財務アドバイザリーサービス 概要
世界
日本
中華人民共和国
インド
アメリカ合衆国