新着Pick
SPD0RJUY43BOWVO5
医療用器具
JPN

医療用器具 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連品製造
>
医療用器具
カテーテル、注射器等のディスポーザブル医療器具、手術用針、メス等の体内使用の治療用材料を製造する企業群。ただし、医療用電子機器、人工器具・装具は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
32Picks
日産、米で新型コロナ用医療器具 フェースシールド生産
共同通信
|
日産、米で新型コロナ用医療器具 【ニューヨーク共同】日産自動車は3日、米国で顔全体を保護する医療用フェースシールドの生産を始めたこと...
10Picks
古いWindowsのサポート終了で、医療用画像診断装置の8割超が「危険な状態」にある
WIRED.jp
|
Windows 7をはじめとする古いOSを搭載したマンモグラフィ装置や放射線システム、超音波機器などの医療用画像診断装置の8割以上が、セキュリティの危機に晒されていることが明らかになった。OSのサポート終了後に最新版に更新されなかったり、適切なアップデートが施されていなかったりするからだ。こうした状況に対処するには、メーカーの開発段階からやるべきことがある。
10Picks
【新型肺炎】島津製作所が緊急体制、肺炎診断装置を増産
ニュースイッチ
|
島津製作所は、新型コロナウイルスによる肺炎拡大で急増する回診用X線撮影装置の受注に応えるため、中国・北京工場(北京市)で同装置の増産に入った。同装置は肺炎診断に使用できるほか、移動式のため救急医療などの多様な現場で活躍できるのが特徴。同工場で手がける他の医療機器は受注済みで必要な数量のみを生産し、多くのスペースと人員を同撮影装置の増産に充てる緊急体制を敷いている。 増産規模などは明らかにして...
10Picks
医師コンビが「治療用アプリ」で起業、禁煙に続き高血圧治療アプリを開発 - スタートアップ&イノベーション
Diamond Online
|
医師が薬ではなく、アプリを処方する時代が近づいている。改正薬事法の施行によりソフトウェアが医療機器に追加されたことで、存在感を日に日に高めているのが医療スタートアップのCureApp(キュア・アップ)だ。これまでニコチン依存症治療用アプリを開発してきた同社が1月末に高血圧治療用アプリの治験を開始した。
13Picks
スマホで眼科診療、レンズ開発企業が苦節5年でたどり着いた新分野
ニュースイッチ
|
井澤(東京都板橋区、井沢好恵社長、03・3969・2109)は、眼科向けの照明付き近接撮影装置を開発し、2019年4月から医療機器分野に参入した。スマートフォンを用いて人や動物の目の前眼部を診察できる。ペット用も手がけているコンタクトレンズメーカーが販売元となったこともあり、19年は動物用が好調で月平均10台程度の受注があった。20年からはヒト用の受注も本格的に動きだしており、さらなる飛躍を...
24Picks
普段使いの「AIoTヘルスケア製品」が続々 デザインが勝機を握る?
Forbes JAPAN
|
特別な医療機器や端末ではなく、普段使いの日用品として人々の健康を守るヘルスケア用AIoT製品が続々と登場する気配だ。2020年のコンシューマーエレクトロニクスショー(CES:ラスベガス開催)では、ウェアラブルウォッチのようなデザインの糖尿病・・・
23Picks
5G時代の主導権争い…通信大手が基礎研究に先行投資
ニュースイッチ
|
国内通信大手が次世代技術の基礎研究を強化している。NTTは独ミュンヘン工科大学と共同で、ナノサイズの医療用埋め込み型電子機器の開発に乗り出す。ソフトバンクは東京大学と人工知能(AI)研究所を開設する。第5世代通信(5G)などで通信の高速化が進めば、あらゆる人やモノの動きをデータ化し、AIで解析する新サービスが生まれる。そこで主導権を握る先行投資と言えそうだ。(取材=編集委員・水嶋真人) 【体...
12Picks
NTT、医療用埋め込み電子機器開発に乗り出す
ニュースイッチ
|
NTTはドイツのミュンヘン工科大学と共同で、ナノサイズの医療用埋め込み型電子機器の開発に乗り出す。NTTの研究法人、NTTリサーチ(米カリフォルニア州)傘下の生体情報処理研究所(MEI)とミュンヘン工科大が共同研究契約を結ぶ。生体内の生体信号を長期間、高精度に取得でき、異物反応や拒絶反応などを生じない電極を開発する。20年にミュンヘン市内に共同研究用の拠点を新設、研究員を派遣する。 MEIは...
135Picks
腕時計型の血圧計、生活の中での変動を計測 オムロンが開発
京都新聞
|
健康機器メーカーのオムロンヘルスケア(京都府向日市)は27日、独自開発した腕時計型のウエアラブル血圧計を12月3日に国内で発売すると発表した。医療機器の承認を取得し、生活の中で変動する血圧を正確に計測できる。今後は医療機関とも連携し、疾病の早期発見や予防などの臨床研究に役立てる。  家庭用血圧計で世界シェア首位のオムロンヘルスケアが5年がかりで開発した戦略製品で、身に付けて使う血圧計で医療機...
29Picks
医薬知見×ITの「デジタル治療」、製薬企業が虎視眈々
ニュースイッチ
|
スマートフォンやデジタル端末用のソフトウエアを活用して疾患の診断や予防、治療などを行う「デジタルセラピューティクス」―。一般的なデジタル製品と違い、医薬品医療機器等法(薬機法)の承認に基づき、医療機器として扱うのが特徴だ。現在は北米が先行するが、日本では医療用医薬品以外の事業を育成したい製薬企業が高い関心を寄せており、じわり盛り上がりを見せている。(取材・小野里裕一) デジタルセラピューティ...
5Picks
シーメンス、新型コロナ対策で医療用部品製造を支援するAMネットワークを開設
MONOist
|
シーメンスは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による世界的な医療危機に対し、3Dプリンタを活用したアディティブマニュファクチャリングネットワークを開設し、医療機関や医療機器メーカーから要請のあった医療用部品などの設計・製造を支援すると発表した。
307Picks
欧米で190人が院内感染 オリンパス内視鏡使用後
共同通信
|
欧米で190人が院内感染 医療用光学機器の世界的メーカー、オリンパス(本社・東京)の十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者190人以上が抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していたことが25日分かった。内視鏡の洗浄、滅菌...
17Picks
ニコチン依存にうつ病やがんまで、「スマホアプリ」は第3の治療法になるか
ニュースイッチ
|
キュア・アップは、医薬品でも医療機器でもない、新しい治療法「治療用アプリ」の創出を目指すメドテック(医療×IT)ベンチャー。呼吸器内科医の佐竹晃太社長と、同じく医師でプログラミング技術を習得した鈴木晋最高デジタル責任者(CDO)が起業した。佐竹社長は「治療用アプリというソフトウエアで、病気に効果のある第三の治療法を実現する」と意気込む。 現在の医療では医療機器を使った処置と医薬品の服用が2本...
146Picks
欧米で190人が院内感染 オリンパス内視鏡使用後
共同通信
|
医療用光学機器の世界的メーカー、オリンパス(本社・東京)の十二指腸内視鏡による検査・治療後、欧米の患者190人以上が抗生物質の効きにくい薬剤耐性菌に感染していたことが25日分かった。
144Picks
世界初! 自律飛行ドローンによる輸送システムがスイスで本格稼働
ギズモード・ジャパン
|
世界初の自律飛行ドローンによる配送システムが、10月からスイスで本格的に開始されました。サービスの対象は病院施設。それぞれの施設間で医療器具や輸血用の血液などを輸送するのに使われるとのこと。
116Picks
2014年下半期にヒットしそうな5つのテクノロジー
blog.btrax.com
|
2014年も既に6月に入り、いよいよ下半期にを迎えようとしている。毎年恒例のAppleの関連製品についての開発者会議であるWWDCが開催され、サンフランシスコはその話題で持ち切りである。さて、このタイミングでこれから下半期に流行りそうな5つのテクノロジーを紹介していきたい。 1. 無人飛行機「ドローン」の台頭 無人飛行機「ドローン」関連のサービスが登場し、モノや情報は陸から空へと移り始めるであろう。アマゾンが昨年末、「Amazon Prime Air」という商業用小型無人飛行機による宅配サービスを2015年から始めると発表したのは記憶に新しい。ドローンのメリットとしては、今までコスト、または配達ルートの都合上即日配達を見送っていた地域に低コストかつ迅速に商品を配達できるという点にある。 もともと無人飛行機「ドローン」というのは軍事用に開発が続けられていたが、コンシューマー向け市場へのハードルを下げたのがフランスのパイロット社が開発したAR Droneと呼ばれる、スマートフォンアプリを利用し遠隔で操作できる無人小型飛行機であった。このようなサービスの登場は言い換えれば、商業化に向けての技術はほぼ整いつつあるということを意味している。 商業化への問題は技術的なものより法整備上によるものである。アメリカ国内では無人飛行機の利用が認められているのは警察や消防及び政府機関などの公共サービスに限られており、一般のビジネス向けの利用は未だ禁止されている。ビジネス向けに法律が制定されるのは早くても2015年の後半と予測されている。 未だ無人飛行機市場は解禁されていないが、2025年までに市場規模は8兆円を超えることが試算されており、今後多くの企業がこの分野に進出するのは必至であろう。先ほど紹介したアマゾンがドローンの導入を検討していることから、同業他社である大手Eコマース企業の参入も十分に考えられる。また、ドローンを利用した新たなWifi環境整備も行われるであろう。いづれにしても、本格的な無人飛行機市場が解禁されるのが2015年からと予測出来ることから、解禁前の今年度から無人飛行機ビジネスに関する多くのニュースが伝えられると思われる。 2. ビックデータの需要加速 新たなハードウェアの登場と共に、ビックデータの種類も増加し、その需要も加速するであろう。昨年、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のために乳房を切除したというニュースが紙面を賑わせたが、これも医療向けに使われたビックデータによるものである。 現在、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル系を中心にデータが蓄積され、それがビジネス向けに売買されるというモデルが増えて来ている。今後、Google GlassやAppleから発売が期待されているiWatchなどのウェアラブル端末が増えてくれば、これまでのモバイル端末からのビックデータとはまた違った形で得られた情報のやり取りも増えてくるだろう。 ここで注目すべき点はプライバシーに対しての問題である。異に日本は個人情報、プライバシーに対しての障壁は欧米と比べて高い。欧米は比較的自由にビックデータを扱う事ができ、問題が起きたら対処するという形式が一般的である。そのため、それたを扱う企業にとっては参入障壁は低いと言えよう。一方、日本ではビックデータを集められること自体がタブー視されている傾向にある。2017年には世界のビックデータ関連市場規模は4兆円以上に達すると見込まれており、このような日本の文化的障壁は、日本のビックデータ市場参入に遅れを生じさせることになりかねない。 日本がビックデータ市場において遅れを取る可能性を指摘したが、世界的には急成長している分野であるため、今後ビジネスチャンスが多く出てくるのは必然であろう。また、データサイエンティストなどの分析を専門とする人材に対しての需要も増えるため、ウェアラブル端末を通じてどうやってビックデータが使われるのかという点と同時に、人材の需要に対しても注目していきたい。 3. ヘルスケアの進化 ウェアラブル端末の普及により、ユーザーの健康情報が即座に共有されるようなサービスが増えるであろう。例えば、WWDC 2014にてAppleがリリースしたHealthbookというサービスが挙げられる。これはユーザーの運動量、栄養摂取状況などの健康状態のデータを随時ユーザーに共有するというものである。このサービスは発売が期待されているiWatchとリンクするという可能性も十分にあり得る。 またダイジェスティブルセンターと呼ばれる、カプセル型のセンサーの開発も盛んである。患者がセンサー付きのカプセルを飲む事で、体内情報が的確にかつ瞬時に患者のモバイル端末に伝えられるというものである。今後、このような医療技術とモバイル端末やウェアラブル端末とのリンクが多いに期待できるであろう。 マイクロチップの技術も確立されつつある。未だ臨床段階ではあるが、前述のカプセル型のセンサー同様に、皮膚にチップを埋め込むことで、モバイル端末などとリンクし、患者に健康情報を伝えるという技術の開発が進んでいる。 今年度はAppleのような大手企業がヘルスケア部門に参入すると発表したこともあり、ヘルスケア元年とも言えるであろう。今後は大手のみならず、スタートアップなど多くの企業が参入し、市場規模が急拡大することが見込まれる。 既に具体的に発表されているものの1つとしては、先日、日経産業新聞で弊社代表が紹介してた Beam Brushなどのプロダクトがある。今後はこれまで医療機関でしか利用できなかったようなヘルスケア関連デバイスの一部の機能が一般消費車でも手軽に利用可能になるであろう。 4. 3Dプリンティングによるユニークな製品の登場 かつて3Dプリンティング技術は大手企業向けのものであったが、今後は中小やベンチャーにも多く使われ、数多くのユニークな製品が登場するであろう。例えば、ホリエモンこと堀江貴文氏が紹介したことで人気の出た6秒で完璧な歯磨きができる「3Dプリントの歯ブラシ」が挙げられる。これは歯科医が撮ったスキャンデータを基に生産される歯ブラシであり、わずか6秒で歯磨きが完了するというものである。 この3Dプリンティング市場の課題は、プリント用の機材を導入するのに多大な費用がかかるという点にあった。しかし、その市場が成長し、機材導入の機会が増えれば、市場原理に沿って導入コストも下がるであろう。たとえ、3Dプリンティング系ベンチャーなどの資金的な制約のある企業であっても、大手が機材を貸し出すというパターンも今後現れることが予想できる。 3Dプリンティング市場は2016年度までに3000億円の市場規模になると言われており、今年度からさらに3Dプリンティングを利用した製品が登場するのは必至である。またこの分野の製品の特徴でもある、個人に合わせたユニークな製品が登場するであろう。今後どのように活用されるのかも期待できる分野であるため、これからも注視していきたい。 5.「自動運転技術」による新ビジネス Google、Intelやトヨタなどの大手企業を中心に自動運転技術、特に自動運転車の開発が盛んになるであろう。最近では、Googleが自動運転車の試作車を公開した。また、先月にはIntelが自動運転技術のために必要な半導体開発のために、日本のベンチャー企業、ZMPに出資したのも記憶に新しい。この自動運転技術開発の最大のメリットは事故の確立を格段に減らせるというものである。 前述したGoogleの自動運転車市場への参入の理由は、自動運転技術の確立のためのOS開発があるからである。一度、OS技術が確立すれば、現在のモバイル端末のように、OSに合わせて開発がなされる。言い換えれば、OS技術を所有するGoogleが市場の主導権を握り、実際に機器を開発する自動車企業がそれに従うという自動車市場にとっては全く新しいビジネスモデルになるのである。 今後、先に述べたIntelの日本企業への出資のように、OS開発のためのベンチャーへの出資が増えてくるであろう。また、乗車中にできた空き時間を楽しむためのエンターテインメント、または自動運転車に則したハードウェア端末の開発なども進むと予測される。そして、この自動運転技術を使って車いすへの応用なども期待できるであろう。これから自動運転技術開発のためのベンチャーへの出資を中心として、大きめのニュースが取りざたされるのは間違いないであろう。 まとめ 2014年の上半期の時点で既に多くのテクノロジーが発表されているが、下半期は実際に多くのシーンにてウェアラブル端末が導入されると共に、ヘルスケアサービスなどの外部サービスとのリンクが始まり、そしてそのサービスを経由して集められる様々なデータが活用され始めるであろう。 また、ドローンや自動運転技術などの大規模な技術が確立され始める年でもある。いづれにしても、新たなプラットフォームと成り得る技術躍進が今後始まり、それに伴うサービスのリリース、データの活用が期待できる下半期になると予想される。 photo by Jeff Stvan
98Picks
米グーグルがバッテリー技術を自社で開発中応用分野はウエアラブル、医療、通信など広範
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
スマートフォンなどの消費者エレクトロニクス製品や、医療用の小型機器、あるいは電気自動車に至るまで、様々な機器を飛躍的に発展させることができると期待されているバッテリーの新技術を米グーグルが研究していると、複数の海外メディアが報じている。
13Picks
医師の働き方改革促進で医療機器・設備に特別償却
LIMO
|
医師の過度な労働の負担軽減のため、「医師の働き方改革」に基づく法案作りが進み、先行して、2019年4月1日に医師およびその他の医療従事者の労働時間短縮に資する機器などの特別償却制度が施行された。制度が適用されるのは、19年4月1日~21年3月31日までに取得または製作された器具や備品(医療用機械・装置含む)ならびにソフトウエアで、1台または1基の取得価額が30万円以上のもの。導入した場合、普...
64Picks
医療ロボ「HAL」海外で普及拡大が止まらない
ニュースイッチ
|
サイバーダインは医療リハビリ用の身体装着ロボット「HAL」で、海外展開を加速する。日本は医療機器の承認に時間がかかるが、海外ではスムーズな国も多く、医療機関や病院にHALの性能をアピールし、売り込む。欧米に加え、マレーシアやタイ、フィリピンなど東南アジア諸国にも積極拡販する。海外売上比率は2018年3月期の9%から、19年3月期は17%に高まった。20年3月期はさらに高まる見通しだ。 HAL...
67Picks
東芝、四日市市に半導体新工場 投資額は数年間で5千億円!? 3次元メモリーを本格量産へ
産経ニュース
|
不正会計問題で経営再建中の東芝が、記憶用半導体の新工場を三重県四日市市に建設する方向で調整に入ったことが8日、わかった。平成30年度ごろの稼働を目指し、記憶容量を高めた3次元構造の半導体(3次元メモリー)を本格的に量産する。医療機器子会社の売却益や銀行借り入れで資金調達し、数年で5千億円規模の投資を行う。限られた投資余力を主力事業に振り向け、収益力強化をはかる。
医療用器具 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア