新着Pick
SPD0OXUUWUT7T7I0
モーター
JPN

モーター 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
モーター
機構部品のうち、電子機器で利用される各種モーターを製造する企業群。自動車、オートバイのエンジン始動のために利用されるモーターは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
チューリッヒ大、ドローンが故障しても飛び続けるシステムを開発!
マッシュメディア
|
民間航空機はエンジンの1つが停止しても問題なく飛び続けられるが、4つのプロペラを備えたクワッドコプターの場合そうはいかないようだ。 モーターが1つ故障すれば、ドローンは安定性を失いそのままクラッシュする。チューリッ
26Picks
メルセデス新EVは約500万円から。海外発表「EQA」はGLAベースのコンパクトSUVに
Engadget 日本版
|
独メルセデス・ベンツが、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車「EQA」を海外発表しました。 EQAは同社のSUV「GLA」をベースとした電気自動車。最初に投入される「EQA 250」には66.5kWhバッテリーが搭載され、486キロメートルの航続距離を実現しています。 また、モーター出力を200kW以上に高めた前輪駆動バージョンや、航続距離を500キロメートルに延長したモデルも投入が予定さ...
4Picks
トヨタ自動車、豊田章男氏の発言と、モータージャーナリストのEV推しに対する懸念 
EnergyShift(エナジーシフト)
|
YouTube番組「エナシフTV」のコメンテーターをつとめるもとさんが、番組では伝えられなかったことをお話しします。今回は、トヨタ自動車と日本のEV導入についてです。
3Picks
フォード、タカタ製エアバッグ搭載の300万台リコール 費用6億ドル
Reuters
|
[ワシントン 21日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーターは21日、破裂の危険性があるタカタ製エアバッグを搭載した車両300万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。このうち270万台が米国でのリコール。
253Picks
日本電産社長、マスク氏と「会談したい」-EVモーター供給に意欲
Bloomberg.com
|
日本電産の関潤社長はブルームバーグとのインタビューで、電気自動車(EV)メーカー、米テスラへのEV用駆動モーターの供給に意欲を見せた。日産自動車出身の関氏は、EV市場で世界覇権を狙うテスラに照準を合わせることで、車載事業の拡大に弾みをつけたい考えだ。
146Picks
新型FCV「ミライ」に続々採用、トヨタ系部品メーカーの技術力がスゴい
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車系の部品メーカーの製品が、トヨタが9日に発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」に採用されている。アイシン精機などアイシングループでは、電動駆動モジュール「eAxle(イーアクスル)」が採用された。 イーアクスルは駆動用モーターやギア、インバーターなどの部品を一体化した電動駆動モジュール。これまでトヨタの高級車ブランド「レクサス」初の電気自動車(EV)の市販モデ...
12Picks
「年収3割増」日本電産が打ち出す…待遇改善で人材確保 : 経済 : ニュース
読売新聞
|
日本電産の関潤社長は22日、読売新聞のインタビューに応じ、2023年までに従業員の年収を平均3割増やす方針を明らかにした。世界的に「脱炭素」の機運が高まり、電気自動車用モーターを中心に需要増が見込まれるためで、待遇改善
576Picks
【日本電産】カリスマ永守会長が行った「人事評価」改革
NewsPicks編集部
|
カリスマ経営者・永守重信会長(76)が率いるモーター大手の日本電産で、「ある異変」が起きている。同社は、コロナ下でも業績が好調で、株価も右肩上がりだが、その一方で、今年に入って離職者が増加してい...
11Picks
トヨタなどがネオジム使用量5割減の磁石部材開発、中国依存リスク減らす
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車と大同特殊鋼、高効率モーター用磁性材料技術研究組合(MagHEM)は、ネオジムの使用量を従来比2割から5割減らせるネオジム磁石部材を開発した。車載用モーターに部材として供給できるようになり、次世代モーターの設計で使える。ネオジム磁石は最強の磁石で、自動車やロボットなどの大出力モーターに使われる。自動車の電動化が進むと、膨大な量のネオジムが必要なため、新磁石部材の希土類(レアアース...
12Picks
もうかるEV・電池・モーター:乗ってみて分かった、テスラ「モデル3」が「日本車を駆逐する勢い」の本当の理由 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
米テスラ社の電気自動車(EV)「モデル3」に試乗した。きっかけは、週刊エコノミスト12月8日号(11月30日発売予定)でテスラを取り上げることになったからだ。
52Picks
レアアース高騰!中国EV拡大で3年ぶり高値。日本は警戒強める
ニュースイッチ
|
電気自動車(EV)のモーター磁石などに使われるレアアースの国際相場が急騰し、2017年11月以来、約3年ぶりの高値をつけている。中国ではEVなど「新エネルギー車」の10月の販売台数が前年同月比約2倍の16万台に乗るなど、需要が急拡大して価格が押し上げられた。また、中国は12月1日に施行する戦略物資の輸出規制の対象にレアアースを含める可能性もあり、市中では一段の価格上昇や調達難への警戒感が高ま...
17Picks
レクサス初のEVに採用された電動駆動モジュールの実力
ニュースイッチ
|
アイシングループの電動駆動モジュール「eAxle(イーアクスル)」が、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」で初となる電気自動車(EV)の市販モデル「UX300e」に採用された。 イーアクスルは駆動用モーターやギア、インバーターなどの部品を一体化した電動駆動モジュール。高出力と高効率化を両立させ、ほぼ同出力である従来のエンジンと比べて重量が約半分となる軽量化を実現した。 アイシン精機やアイ...
10Picks
日本電産・永守会長76歳 「1円稟議」経営術の何が凄いか
文春オンライン
|
東京証券取引所に上場する企業の株式時価総額トップ20には、自動車関連企業は2社しか入っていない(10月16日現在)。1位のトヨタ自動車(時価総額22兆2830億円)と12位のモーター大手の日本電産(同…
17Picks
700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ
WEB CARTOP
|
新車時は700万円オーバーで販売されていたが  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然ながら排出ガスはゼロ。充電に時間がかかる電気自動車とは異なり、水素燃料はガソリン並...
23Picks
焦点:日本電産と日産がジヤトコ巡り綱引き、自動車に電動化の波
U.S.
|
精密小型モーターで世界トップシェアを握る日本電産<6594.T>が、さらなる成長の原動力として目を向けているのが自動車だ。電動化の波が押し寄せる中、バッテリーに蓄えた電気を駆動力に変える技術にビジネスチャンスを見いだし、企業を相次いで買収。総仕上げとして、日産自動車<7201.T>が7割以上の株式を持つ変速機メーカー、ジヤトコ(静岡県富士市)の取得に乗り出している。
19Picks
疑惑のEVメーカー「ニコラ」が開発続行、2021年に車両発売へ
Forbes JAPAN
|
水素燃料電池トラックの開発を手掛ける「ニコラ・モーター」は、ゼロエミッションの大型トラックを、予定通り2021年後半に発売する方針を明らかにした。同社経営陣によると、1年以上は事業を継続できるだけの資金を保有しているという。同社創業者のトレ・・・
12Picks
中国の電気自動車メーカーWM Motorが1500億円超を調達、230万円台で3万台のEVを納車済み
TechCrunch Japan
|
中国の電気自動車のスタートアップであるWM Motor(WMモーター)は、ライバルであるTesla(テスラ)などによって競争が激化している中、超大型の資金調達を発表(WM Motorリリース)した。5年前に設立された同社は9月22日に、シリーズDラウンドで100億元(1540億円)を集めたのだ。調達した資金は、研究開発、ブランディング、マーケティング、販売チャネルの拡大に投下されるという。 ...
28Picks
テスラの競合「ニコラ」に詐欺疑惑が浮上、GMとの提携直後に
Forbes JAPAN
|
テスラのライバルとして急浮上した、アリゾナ州本拠のEV(電気自動車)スタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」に詐欺疑惑が浮上した。空売り投資家集団のヒンデンブルグ・リサーチが9月10日、ニコラが虚偽の情報を発信している・・・
モーター 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム