新着Pick
SPD0OXUUWUT7T7I0
モーター
JPN

モーター 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
モーター
機構部品のうち、電子機器で利用される各種モーターを製造する企業群。自動車、オートバイのエンジン始動のために利用されるモーターは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
電動車向けモーター用レーザー溶接機でNITTOKUと古河電工が協業
MONOist
|
NITTOKUと古河電気工業(以下、古河電工)は2020年11月26日、協業により電動車向けモーター用レーザー溶接機を製品化したと発表した。電動化が加速し需要が高まる自動車向けモーター製造の生産効率向上に貢献する。
4Picks
【タイ】中国MG、ステーションワゴンのEV発表[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【タイ】中国MG、ステーションワゴンのEV発表[車両] 中国の自動車最大手、上海汽車集団(上汽集団、SAICモーター)とタイの大手財閥チャロン・ポカパン(C...
52Picks
レアアース高騰!中国EV拡大で3年ぶり高値。日本は警戒強める
ニュースイッチ
|
電気自動車(EV)のモーター磁石などに使われるレアアースの国際相場が急騰し、2017年11月以来、約3年ぶりの高値をつけている。中国ではEVなど「新エネルギー車」の10月の販売台数が前年同月比約2倍の16万台に乗るなど、需要が急拡大して価格が押し上げられた。また、中国は12月1日に施行する戦略物資の輸出規制の対象にレアアースを含める可能性もあり、市中では一段の価格上昇や調達難への警戒感が高ま...
16Picks
レクサス初のEVに採用された電動駆動モジュールの実力
ニュースイッチ
|
アイシングループの電動駆動モジュール「eAxle(イーアクスル)」が、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」で初となる電気自動車(EV)の市販モデル「UX300e」に採用された。 イーアクスルは駆動用モーターやギア、インバーターなどの部品を一体化した電動駆動モジュール。高出力と高効率化を両立させ、ほぼ同出力である従来のエンジンと比べて重量が約半分となる軽量化を実現した。 アイシン精機やアイ...
10Picks
日本電産・永守会長76歳 「1円稟議」経営術の何が凄いか
文春オンライン
|
東京証券取引所に上場する企業の株式時価総額トップ20には、自動車関連企業は2社しか入っていない(10月16日現在)。1位のトヨタ自動車(時価総額22兆2830億円)と12位のモーター大手の日本電産(同…
17Picks
700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ
WEB CARTOP
|
新車時は700万円オーバーで販売されていたが  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然ながら排出ガスはゼロ。充電に時間がかかる電気自動車とは異なり、水素燃料はガソリン並...
19Picks
焦点:日本電産と日産がジヤトコ巡り綱引き、自動車に電動化の波
U.S.
|
精密小型モーターで世界トップシェアを握る日本電産<6594.T>が、さらなる成長の原動力として目を向けているのが自動車だ。電動化の波が押し寄せる中、バッテリーに蓄えた電気を駆動力に変える技術にビジネスチャンスを見いだし、企業を相次いで買収。総仕上げとして、日産自動車<7201.T>が7割以上の株式を持つ変速機メーカー、ジヤトコ(静岡県富士市)の取得に乗り出している。
19Picks
疑惑のEVメーカー「ニコラ」が開発続行、2021年に車両発売へ
Forbes JAPAN
|
水素燃料電池トラックの開発を手掛ける「ニコラ・モーター」は、ゼロエミッションの大型トラックを、予定通り2021年後半に発売する方針を明らかにした。同社経営陣によると、1年以上は事業を継続できるだけの資金を保有しているという。同社創業者のトレ・・・
11Picks
中国の電気自動車メーカーWM Motorが1500億円超を調達、230万円台で3万台のEVを納車済み
TechCrunch Japan
|
中国の電気自動車のスタートアップであるWM Motor(WMモーター)は、ライバルであるTesla(テスラ)などによって競争が激化している中、超大型の資金調達を発表(WM Motorリリース)した。5年前に設立された同社は9月22日に、シリーズDラウンドで100億元(1540億円)を集めたのだ。調達した資金は、研究開発、ブランディング、マーケティング、販売チャネルの拡大に投下されるという。 ...
28Picks
テスラの競合「ニコラ」に詐欺疑惑が浮上、GMとの提携直後に
Forbes JAPAN
|
テスラのライバルとして急浮上した、アリゾナ州本拠のEV(電気自動車)スタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」に詐欺疑惑が浮上した。空売り投資家集団のヒンデンブルグ・リサーチが9月10日、ニコラが虚偽の情報を発信している・・・
18Picks
【画像】ハゲていたはずのイーロンマスクの髪がふさふさに!金で買えるという絶望の現実を喰らうがいい : IT速報
IT速報
|
テスラモーターの社長のイーロンマスク 20代のPayPalを起業したとき ↓ テスラモータースの社長をやってる現在
30Picks
燃料電池トラック「ニコラ」は水素社会到来の前触れか? テスラとはまるで異なる事情
ビジネス+IT
|
燃料電池トラックメーカーのニコラ・モーター・カンパニー(Nikola Motor Company)の上場を機に、燃料電池車(FCV)や水素社会への関心が再燃しています。6月の上場直後に株価が急騰、しかしその後、下落したニコラを、私たちは本当に正しく理解し、評価できているのでしょうか。「テスラのライバル」などと評される二コラですが、商用車の電動化に関する調査を行っているInteract Ana...
12Picks
中国CATL、新型バッテリーを研究中 航続距離800キロを目指す
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
車載電池最大手の中国寧徳時代(CATL)は、電気自動車の車台に直接バッテリーを搭載できる新バッテリー統合技術に取り組んでいる。この技術はCTC(Cell to Chassis)と呼ばれるもので、バッテリーセルとシャーシを一体化させた上で、モーター、電子制御、DC/DCコンバーターやOBC(オンボード・チャージャ)などの
13Picks
トヨタもテスラも、中国製「電磁鋼板」採用へ? 日本のキー技術、電磁鋼板を中国が作れるようになったのか?
motor-fan.jp
|
電動モーターに必須の電磁鋼板が品薄になってきた。日本国内での需要は、いずれ鉄鋼メーカーの生産能力を超えるだろう……これは単なるウワサか、それとも事実か。コロナ禍でサプライチェーン寸断を体験したばかりの日本の自動車産業界にまたひとつ、中国に依存する素材が増えるのだろうか。 TEXT◎牧野茂雄(MAKINO Shigeo)
43Picks
米フォード、新CEOにファーリーCOO起用 10月1日就任
Reuters
|
[4日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は4日、ハケット社長兼最高経営責任者(CEO、65)の後任に最高執行責任者(COO)のジム・ファーリー氏(58)を起用すると発表した。10月1日付けで就任する。
13Picks
【くるま問答】電気自動車なのに「鉛バッテリー」も搭載するのはなぜ。駆動用バッテリーだけではダメなの? - Webモーターマガジン
web.motormagazine.co.jp
|
HV(ハイブリッドカー)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)、EV(電気自動車)など大容量の駆動用バッテリーを搭載するクルマには、ガソリン車と同様に鉛バッテリーも採用されている。なぜ、わざわざ2種類のバッテリーを搭載しているのだろうか。
12Picks
日産「キックス」が時速80km以下でほぼエンジンを動かさない秘密
ニュースイッチ
|
新型「キックス」はスポーツ多目的車(SUV)に初めて独自のハイブリッド車(HV)システム「eパワー」を搭載した。既存のeパワー搭載車「ノート」などと比べ、走りの力強さだけでなく、気持ちよさにもこだわって開発した。 力強さではeパワーの制御を徹底的に磨き上げ、出力は従来比で約20%向上した。eパワーはエンジンを発電用のみに使いモーターで駆動する。これまで販売したノートなどから収集したデータをビ...
104Picks
テスラのライバル、ニコラの電動ピックアップトラック予約開始ただし、まだ工場もなく、納期も未定
Business Insider Japan
|
・電動ピックアップトラック「ニコラ・バジャー」の予約が6月29日に開始された。 ・予約内容には250ドル、1000ドル、5000ドルの3種類がある。 ・ニコラ・モーターの創業者兼CEOのトレバー・ミルトンはツイッターで、「すべての予約は、車両が組立ラインに入るまでペナルティなしで100%払い戻し可能...
15Picks
トヨタ、米主要州での感染拡大注視-ヒューストンなどで販売に打撃も
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車の北米部門は、新型コロナウイルスの米主要各州での感染拡大について、販売台数が打撃を被る可能性を示唆する兆候として注視している。北米統括会社トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)の自動車マーケティング・コミュニケーション担当バイスプレジデント、シンシア・テンハウス氏が13日に記者団に語った。
モーター 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム