新着Pick
SPD0MC3BEWFH1UFY
百貨店
JPN

百貨店 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
百貨店
衣食住の多岐にわたる商品群を総合的に品揃え 、類似商品ごとに売り場に配置する大規模小売店を運営する企業群。セルフサービス方式の商店は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
蜂蜜の甘み広がる優しいビール 京都産材料にこだわり、百貨店などで販売へ
京都新聞
|
京都府笠置町で採れた蜂蜜を使ったビール「KASAGIハニーエール」を、京都市上京区の醸造所「ウッドミルブルワリー・京都」が造った。後口に蜂蜜の風味と甘みがじんわり広がる優しい味わいといい、24日から同町内で先行販売する。  同町関係者と知り合った醸造所の代表、辻本大和(ひろかず)さん(46)が、同町内で採れる蜂蜜があることを知り、ビール造りを提案した。  450リットルの仕込み量に対して2リ...
128Picks
山形「大沼」が破産申請 1700年創業、松坂屋と三越に次ぐ老舗百貨店
毎日新聞
|
経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は27日、山形地裁に破産を申請した。正社員約150人ら従業員計約200人を同日付で解雇する。
6Picks
県庁所在地で初、百貨店が消える 山形の老舗大沼が破産
朝日新聞デジタル
|
創業300年を超す老舗で、山形県内唯一の百貨店「大沼山形本店」(山形市)が26日の営業を最後に閉店し、同店を経営する大沼(長沢光洋社長)は27日、山形地裁に自己破産を申請した。日本百貨店協会によると…
5Picks
山形県唯一の百貨店「大沼」を運営する(株)大沼が破産開始決定
東京商工リサーチ
|
(株)大沼(TSR企業コード:210002948、法人番号:2390001000289、山形市七日町1-2-30、設立1947(昭和22)年12月15日、資本金1億5000万円、代表取締役:長澤光洋氏)と、関連の(株)大沼友の会(TSR企業コード:014613190、法人番号:4390001000304、同所、設立1973(昭和48)年3月8日、資本金2000万円、代表取締役:同氏)は1月2...
2Picks
「明日破産する」突然の宣告 山形唯一のデパート即閉店
朝日新聞デジタル
|
山形からデパートが消える――。日本百貨店協会加盟としては山形県内唯一の百貨店「大沼山形本店」を経営する「大沼」(本社・山形市)が27日、山形地裁に自己破産を申請し、地裁は破産手続きの開始を決定した。…
1Pick
山形県唯一の百貨店「大沼」、山形地裁に破産を申請
財経新聞
|
経営再建を進めていた山形県山形市の百貨店「大沼」と関連の大沼友の会が27日、山形地裁へ破産を申請した。
2Picks
「本当にどうすることもできなかった」消費増税以降の資金繰り限界 従業員191人全員解雇・破産申請の百貨店「大沼」 山形(さくらんぼテレビ)
Yahoo!ニュース
|
経営再建を目指してきた山形市の百貨店「大沼」が、資金繰りの悪化を理由に山形地裁に破産を申請した。山形本店などの店舗の営業はすでに終了し、県内から百貨店が姿を消した。(河北町の女性)「きょうはどうした - Yahoo!ニュース(さくらんぼテレビ)
2Picks
山形の百貨店「大沼」が破産=1700年創業の老舗
時事通信社
|
 老舗百貨店大沼(山形市)が27日、山形地裁に自己破産を申請し、破産手続きが開始された。大沼は1700年に創業した老舗。従業員約200人は26日付で解雇された。負債総額は約30億円。
1Pick
老舗百貨店、大沼の破産で山形県が取引先に融資 国の支援も要請
産経ニュース
|
創業から320年の歴史を持つ山形市の老舗百貨店、大沼が27日に自己破産を申請し、破産手続きの開始が決定されたことを受け、山形県は28日、連鎖倒産を防ぐため、運転資金を融資する県の制度を取引先の中小企業に適用すると発表した。さらに県は、取引先の資金繰りを支援する国の「セーフティーネット保証制度」の適用も政府に要請する。
6Picks
高級ブランド購入、多くが中国人なのに…嘆く百貨店
朝日新聞デジタル
|
中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、中国政府の指示で中国からの団体ツアー旅行が27日から一時禁止とされ、日本国内の観光関連業界に不安の声が広がっている。インバウンド(…
3Picks
山形の百貨店「大沼」が破産申請 全3店舗を閉鎖、売り上げ低迷
共同通信
|
山形の百貨店「大沼」が破産申請 経営再建を目指していた山形市の老舗百貨店「大沼」は27日、山形地裁に自己破産を申請したと明らかにした...
1Pick
破産した老舗百貨店「大沼」、会見で「消費増税で資金繰りが悪化」と釈明
東京商工リサーチ
|
業歴320年を誇る山形県唯一の百貨店「大沼」を運営する(株)大沼(TSR企業コード: 210002948)は1月27日、関連会社とともに山形地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。  27日14時より大沼は「山形グランドホテル白鳥の間」で記者会見を開いた。席には、両社の代表取締役だった長澤光洋氏が立った。申請代理人等の姿はなく、長澤代表がひとりで対応する異例の展開となった。  大沼は何...
15Picks
“社会貢献の日”に…バレンタイン商戦が様変わり
ニュースイッチ
|
2月14日のバレンタインデーに向け、百貨店各社の商戦が本格化する。数年前までは「日本初上陸」をうたう海外ブランドのチョコレートが話題を集めたがそれも一巡。「食べることで社会貢献につながるチョコレート」(高島屋)が関心を集めている。「どうせ買うなら社会に役立つ方が良い」という消費者の意識変化もあるようだ。“愛を告白する日”だったバレンタインデーも様変わりしている。 高島屋が販売するピエール・ル...
15Picks
三越伊勢丹HDが特別損失67億円! バブル入社組は消えゆく運命?
MONEY TIMES
|
百貨店やファッション業界ではいま「改革」が求められている。ECを含む多様な業態に対する対応力の強化や事業コストの抑制など、大胆な構造改革も必要となる問題だ。三越伊勢丹ホールディングスも例外ではない。このほど発表した「特別損失約67億円」はその状況を物語る。第3四半期決算で特別損失約67億円を計上へ
62Picks
訪日消費で劇的“転身” 「高島屋東別館」滞在型ホテルに
産経ニュース
|
アールデコ調の美しい外観で知られる大阪・日本橋の「高島屋東別館」が18日、訪日外国人客(インバウンド)を主なターゲットとしたホテルに衣替えする。前身の百貨店時代に「東洋一の百貨店建築」と称された歴史的建造物だが、老朽化や交通アクセスの不便さなどから、活用方法が長年の課題だった。インバウンドの勢いを得て本格的な再スタートを切る。
12Picks
『デフレが深まり貧困化する日本を憂う』(小島健輔)
商業界オンライン
|
19年はインバウンドも頭を打って百貨店売上高は11月までの累計で98.6と18年通期の98.9を下回り、アパレルで一人勝ちして来たユニクロも9〜11月売上げが95.9(既存店+EC)と失速するなど、消費税増税も災いして消費は一段と冷え込んでいる。その中で目を引くのがセール時期の一段の早期化と単価の低下で、デフレが再び加速している。20年はオリンピックの狂騒の陰で日本の貧困化とデフレが加速する...
217Picks
インスタグラムで人気のD2Cブランドを集めた"新しいデパート"がマンハッタンにオープン、行ってみた
Business Insider Japan
|
百貨店は死にかけているかもしれないが、トレンディーなアイテムを集めたマーケットというコンセプトは盛況だ。 ニューヨークのマンハッタンでは12月中旬、自らを「百貨店の新たなタイプ」と称するネイバーフッド・グッズ(Neighborhood Goods)がオープンした。アメリカでは今、こうした実験的な小売...
18Picks
ヤフーLINE経営統合、ライザップ化の恐れあり - 単に専門店を集めただけの百貨店
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
ポータルサイト日本最大手のヤフーを展開するZホールディングス(ZHD)と通信アプリ大手のLINEが経営統合に関する基本合意書を締結したと発…
百貨店 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア