新着Pick
SPD0MC3BEWFH1UFY
百貨店
JPN

百貨店 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
百貨店
衣食住の多岐にわたる商品群を総合的に品揃え 、類似商品ごとに売り場に配置する大規模小売店を運営する企業群。セルフサービス方式の商店は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
ホークス日本一セールを開始 地元・福岡の百貨店など
共同通信
|
ホークス日本一セールを開始 プロ野球、福岡ソフトバンクホークスが球団初の日本シリーズ3連覇を達成して一夜明けた24日、地元の福岡...
2Picks
百貨店売り上げ23%増=駆け込みで5年半ぶり伸び率-9月
時事通信社
|
 日本百貨店協会が23日発表した9月の全国百貨店売上高は前年同月比23%増の5153億円と2カ月連続でプラスだった。10月の消費税増税を前に駆け込み購入が本格化し、前回増税前の2014年3月(2...
3Picks
9月全国百貨店売上高は前年比23.1%増、増税前の駆け込み需要で
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - 日本百貨店協会が23日発表した9月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比23.1%増と大幅な伸びとなり、5153億円を売り上げた。前年比プラスは2か月連続。10月からの消費税増税が目前に迫ったことで、駆け込み需要が盛り上った。
2Picks
9月の百貨店売上高23.1%増 増税前駆け込みで
共同通信
|
9月の百貨店売上高23.1%増 日本百貨店協会が23日発表した9月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比23.1%増となり、...
1Pick
米・百貨店メイシーズ、無料の「即日配送」をテストする理由
DIGIDAY[日本版]
|
メイシーズ(Macy’s)は9月、一部の地域で無料の即日配送サービスをテストすると発表した。10月1日より30の地域で、75ドル以上の注文品を無料で即日配達するという。通常、メイシーズはこのサービスに8ドルの配送料を課している。メイシーズは以前から、デリブ(Deliv)と提携して即日配送サービスを提供してきた。
603Picks
中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力 日本の百貨店、復活のヒントもあった!
デジタルシフトタイムズ
|
立教大学ビジネススクール教授 田中道昭氏がデジタルシフトの最新動向をお届け。アリババのリサーチを目的に、同氏が中国・杭州へ視察した中で訪ねた「デジタル百貨店」を解剖する。
27Picks
バーニーズ、資産売却で合意 オーセンティック・ブランズなどに
Reuters
|
[16日 ロイター] - 8月に米連邦破産法11条(民事再生法に相当)の適用を申請した米高級百貨店チェーンのバーニーズ・ニューヨークは、保有資産をブランドのライセンス事業を手掛けるオーセンティック・ブランズ・グループと投資銀行のB.ライリー・ファイナンシャル<RILY.O>に売却することで合意した。破産裁判所向けの文書で明らかになった。
410Picks
「明日会社がなくなっても、大丈夫」と言える働き方をしよう
商業界オンライン
|
大手小売企業の店舗閉鎖やリストラが相次いで発表されています。セブン&アイ・ホールディングスではコンビニの「セブン-イレブン」を約1000店舗閉店・移転、百貨店のそごう・西武では5店舗の閉店と2店舗の売場面積の縮小を発表しています。またアパレルのオンワードホールディングスでは、ハイブランドのセレクトショップ「オープニングセレモニー」など不採算事業からの撤退や約600店舗の閉鎖が決まっています。...
109Picks
大量閉店「セブン&アイ」はどこへ行く?
ニュースイッチ
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、グループ企業で百貨店業態のそごう・西武と、総合スーパー(GMS)のイトーヨーカ堂で2022年度末までに約3000人の人員を削減する。そごう・西武は21年2月
33Picks
オンワード、構造改革で数百店閉鎖へ 一部ブランドも廃止 配置転換も
産経ニュース
|
アパレル大手のオンワードホールディングス(HD)は4日、店舗閉鎖を柱とする事業構造改革を実施すると発表した。閉鎖店舗数は数百店に上る見通しで、不採算ブランドの削減や人員の再配置にも踏み込む。主要販路である百貨店販売の不振が続く一方、インターネット通販が急速に普及して事業環境が大きく変化する中、収益構造の転換を急ぐ考えだ。
17Picks
軽減税率が追い風?令和初のおせち商戦、早くも熱気
ニュースイッチ
|
令和初のおせち商戦が熱を帯びてきた。働く女性が増え「『おせちは作るものから買うもの』へと意識が変化している」(高島屋)といい、客単価も高いことから百貨店にとって全体の売り上げに寄与する重要な商材だ。特に今年は、消費増税があった中でも大半が軽減税率対象のため、各百貨店は「正月は税率10%の外食を控え、税率が低いおせちを買って自宅で過ごす人が増える」と見て、売り上げ増を狙う。(取材・丸山美和) ...
163Picks
相次ぐ地方百貨店閉鎖 大手も新たな客層開拓に活路
産経ニュース
|
伊勢丹府中店(東京都府中市)、伊勢丹相模原店(相模原市)、山交(やまこう)百貨店(甲府市)が30日にそろって閉店。地方経済の減速で老舗百貨店の閉店が相次ぐ中、東京や京都、神戸などに店舗を構える大手百貨店は生き残りをかけた体制整備を進める。店舗改装で若者に人気のテナントを入れるなど、魅力的な店舗作りで新たな客層を取り込もうと工夫を凝らす。
29Picks
松屋社長「小売業界が『内税方式』を検討すべき」理由
ニュースイッチ
|
10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられる。当社のような百貨店業界を含む、小売業界にとっては強い逆風になる。9月は高額商品を中心に駆け込み需要もあり売上高は対前年同月を上回るだろうが、10月は厳しい数字になるのは間違いない。 商売人として消費増税を歓迎する方は少ないだろう。私も百貨店の社長としては大手を振って賛成とは言いにくい。しかしながら、国の将来を考えると増税やむなしというのが...
87Picks
アパレルのワールドが「ポップアップ型百貨店」。若手支援でファッション業界を活性化
Business Insider Japan
|
2018年9月に再上場を果たした大手アパレルのワールドが、新たな取り組みに挑戦している。 「ワールド・ファッション・エコ・システム(WFES)」と呼ぶ新しいビジネスモデルで、これまで培ってきたノウハウやシステムを開放し、若い才能やD2Cブランドを支援することで、ファッション業界全体の活性化を目指すも...
百貨店 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア