新着Pick
SPD0M4M6JES3EU43
電力(火力・原子力)
JPN

電力(火力・原子力) 業界

日本
業界一覧
>
公共サービス
>
公共インフラ
>
電力(火力・原子力)
火力や原子力を用いて、発電から電力卸、企業、家庭等への供給までの全てまたは一部を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
世界中で捨てられる再エネからの電気 - 山本隆三 (常葉大学経営学部教授) - WEDGE Infinity
BLOGOS - 最新記事
|
[画像をブログで見る] 9月に起こった北海道大停電により、電力供給では常に需要と供給が一致しなければ、停電することを多くの人が学んだ。通常の品物と異なり電気は大量に安価に貯めることができないため瞬時に需給をバランスさせることが必要になる。供給量が少なくても、多くなりすぎても停電する。 10月の九州での再生可能エネルギーの出力制御により、原子力、火力発電所の大半は一度停止すると再立ち上げに時間...
8Picks
経団連 原発建て替え・新増設求め 電力システム改革提言
産経ニュース
|
経団連は8日、環境重視の動きが世界的に高まる中での電力システム改革に向けた提言を発表した。提言は、東日本大震災以降、火力発電への依存度が8割を超えている現状に国際的な批判があると指摘。その上で、原子力を脱炭素化社会に不可欠なエネルギー源と位置付け、安全性確保を前提に原発の着実な再稼働に取り組むよう訴えた。
8Picks
エネルギーの自給自足を行う「マイクログリッド」はやり方によっては高い電力自給率を実現する
GIGAZINE
|
日常生活の中で使う「電力」は、火力・水力・原子力・風力などいろいろなリソースをもとに、生活の場から離れたところに建設された発電所で集中的に生み出され、送電線を経由して供給されています。これに対して
7Picks
電力システム改革を「貫徹」する新たな施策、2020年に向けて実施へ (2/2)
スマートジャパン
|
政府は小売全面自由化や発送電分離を柱とする電力システム改革を「貫徹」するため、6項目にわたる施策の検討に入った。電力会社が石炭火力や原子力で作る低コストの電力を市場で取引するよう促す一方、再生可能エネルギーと原子力を合わせた「非化石電源」の取引市場も創設する方針だ。
6Picks
欧米で電力網向けの大容量蓄電活発 金融業界も市場争奪戦
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
電力網向けの大容量蓄電システムを、太陽光や風力など再生可能エネルギーと組み合わせて原子力や火力並みの安定的な電力供給を実現しようとする取り組みが欧米を中心に本格化し始めた。蓄電システムの製造コスト削減が進んでいることに加え各国の規制当局が導入に向けた支援策を打ち出しているためだ。日本のメガバンクをはじめとする金融業界でも有望な融資先としてプロジェクトの争奪戦が激化する兆しを見せている。
6Picks
2030年の原発依存度20%超 - 藤田憲彦
BLOGOS - 最新記事
|
報道によれば、経済産業省は昨日の有識者会議で、安定して発電できる石炭や原子力、水力などのベースロード電源の比率を現在の40%から震災前の60%程度にまで戻す方針を示し、そのためには2030年の発電電力量に占める原発の比率が20%超になるとの方向性を示したと報じられています。ベースロード電源とは、電力供給網における一日の需要の最低水準を満たす電源のことで、原発や水力、石炭火力など昼夜を問わず一...
5Picks
[特集]電力各社の供給力(火力・原子力)
www.denkishimbun.com
|
◆需給両面での対策に万全 政府は、今夏の節電要請を見送った。東日本大震災以降の節電・省エネルギーの…
5Picks
ドイツ最大の電力会社は、なぜ分割されるのか?
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
ドイツの電力業界は、いま大揺れに揺れている。 「我が社の現在の体制では、市場の急激な変化に対応できない。だから、根本的な改革を行うことにした」。ドイツ最大手のエネルギー企業エーオンのヨハネス・タイセン社長は、去年12月1日の記者会見で、同社が2016年に原子力、火力発電を新会社に切り離し、本社は風力・太陽光発電などの新エネルギーや、IT技術を駆使した送電網ビジネス「スマート・グリッド」などに...
5Picks
「発電コスト」で判明! 原子力VS火力VS太陽光、一番安い電力は?
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
電源別の発電コストが発表された。東日本大震災後の状況を踏まえて、修正されたものだ。原子力、火力、太陽光……、一番安い電力は何か。
4Picks
土記:送電線「空きゼロ」の怪=青野由利
毎日新聞
|
<do-ki>  電気を送る送電線は全国に張り巡らされている。火力でも水力でも原子力でも、発電所から電気を消費者に届けるには送電線につながなくてはならない。  今、そこに風力や太陽光などの再生可能エネルギーをつなごうとすると、送電線を持つ大手電力会社から「もう満杯で入らない」と断られるケースが相次いでいる。つなぎたいなら、巨費を負担して自前で送電線を増強して、と言われるらしい。
4Picks
[英国] ロイド社、火力と原子力の競争力などに関する調査結果を発表 - 海外電力関連 トピックス情報
www.fepc.or.jp
|
電気事業連合会が運営する日本の電気の総合情報サイト。原子力発電の推進と原子燃料サイクルの確立に向け、その中核となるプルサーマル計画や高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)の最終処分に関する情報等を配信。
3Picks
二項対立をあおる報道は日本のエネルギー政策を良くしない。
COMEMO
|
経済新聞でありながらこの記事は残念。>太陽光など分散型の電源は、原子力や火力など大規模集中型を中央制御してきた電力会社の経営にはなじまない。大規模集中型を中央制御してきた電力会社の「系統」に、太陽光など分散型の電源はなじみづらいということは
3Picks
勝手に電力ビジネス分析【2章】(発電戦略の変化/ベースロード電源市場)
note(ノート)
|
2章は主に、最近の環境変化について書きたいと思います。 新電力を例にすると ベース電源→主に常時BUで、時々相対電源 ミドル電源、ピーク電源→市場調達 が多いと思われます。実は、ベース電源は、原子力発電、石炭火力発電、水力発電がメインで、新電力が原子力、石炭はほぼ持ってないですし、水力発電も自治体と大手電力が昔から相対契約をしている関係で中々アクセスできないのが現状です! それでは新電力が競...
3Picks
三菱重工が長期事業戦略、脱炭素化前提に成長図る/原子力継続を強調
電気新聞ウェブサイト
|
エネルギーシステム関連事業の基本戦略を明らかにした安藤副社長 三菱重工業はエネルギーシステム関連事業で2030年以降の長期を見据えた基本戦略を明らかにした。エネルギーシステムを扱う「パワードメイン」の強みは高効率火力や原子力などの高度な技術に加え、再生可能エネルギーを活用した電力供給システムも提供できることと認識。世界的な脱炭素化の潮流を踏まえ、「パワー&エナジー・ソリューション・プロバイダ...
3Picks
福島原発事故の賠償に新電力も3兆円分共同負担へ 不利な状況続く事業者
産経ニュース
|
経済産業省が東京電力ホールディングスの福島第1原発事故の賠償費用の約3兆円分を、電力自由化で参入した新電力と大手電力の共同負担とする方針であることが3日、分かった。代わりに大手電力は新電力の需要の約3割に相当する量を目安に、石炭火力や原子力などで発電した安価な電気を取引市場に開放する。価格競争による料金引き下げで賠償による消費者の負担を抑える。
3Picks
JERA完全統合 東電は次の再編・統合交渉に弾み、中部電は警戒
産経ニュース
|
東電HDと中部電が「JERA」に火力発電事業を完全に移す。東電は、送配電や原子力事業でも他社との再編・統合を成功させ、経営改革に弾みをつけたい考えだ。電力需要の縮小が避けられない中部電も、首都圏での電力販売を強化できるメリットはある。ただ、中部電社内では「主力」の火力発電事業を東電に奪われかねないとの警戒感はなお根強く、両社の思惑には温度差もある。
3Picks
原発電気を新電力に供給 経産省案、賠償負担と引き換え
朝日新聞デジタル
|
経済産業省は5日、大手電力が原子力や石炭火力発電所でつくった安い電気を義務的に新電力に供給させる「新市場」の創設案をまとめた。現在、東京電力福島第一原発の事故による賠償費の一部を新電力に負担させるこ…
2Picks
<止まらない電気料金値上げに警鐘>北海道・泊原発の停止だけでも年2000億円の大損害 - mediagong
BLOGOS - 最新記事
|
石川和男[NPO法人社会保障経済研究所・理事長]***東日本大震災による東京電力・福島第一原子力発電所の事故が起こって以降、その煽りを喰らう形で全国の原発が発電再開を容認されずにいる。そのため、電気料金値上げ認可が全国の電力会社で連発している。原発を停止すると、その分を火力発電で代替しなければならないが、燃料となる石油などの値段は原子力に比べてかなり高い。だから、原発停止が長引くと追加的な燃...
2Picks
ベースロード電源市場なるまやかし - 河野太郎
BLOGOS - 最新記事
|
経産省が、核燃料サイクルについて、国民に欺瞞に満ちた説明を繰り返してきたことには、これまでも触れてきました。経産省の嘘は、それだけではありません。福島第一原発の事故処理の費用が膨らむと同時に、こんどは、ベースロード電源市場なるものが急浮上してきました。経産省の理屈はこうです。一、石炭火力や大型水力、原子力などの安価なベースロード電源については大手電力会社が大部分を保有しており、新電力のアクセ...
電力(火力・原子力) 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア