新着Pick
SPD0M11MGWIRZKXA
マンション開発
JPN

マンション開発 業界

日本
業界一覧
>
不動産
>
不動産開発・流通
>
マンション開発
マンション(住宅の中で一つの建築物に複数の住宅が存在する建築物)のオーナー、開発主体となる企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
HoloLensでマンションの外壁検査 報告業務を半分に 長谷工と日本MSらが開発
ITmedia NEWS
|
マンションの外壁タイル打診検査のためのMRソリューション「AR匠RESIDENCE」を長谷工などが開発。作業員が「HoloLens 2」を装着し、点検記録を行う。
47Picks
三菱地所がマンション「自主管理」を推す理由
東洋経済オンライン
|
「管理会社に任せず、自分たちで管理する『自主管理』という選択肢を提案します」7月1日、イノベリオスの安藤康司取締役は、マンション管理業務のアプリ開発を発表した会見でこう宣言した。イノベリオスは、この6…
2Picks
熟練の技をMRで--長谷工ら、マンションの外壁点検をする「AR 匠 RESIDENCE」開発
CNET Japan
|
長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー、日本マイクロソフトは、マンションの外壁点検にMRを使ったソリューション「AR 匠 RESIDENCE」を共同開発したと発表した。長谷工リフォームが建物診断を行う関東エリアに導入している。
2Picks
長谷工ら/タイル打診検査にMR/報告書作成業務を半減
建設通信新聞Digital
|
長谷工コーポレーションとアウトソーシングテクノロジー(東京都千代田区、茂手木雅樹社長)は、日本マイクロソフトの技術協力を得て、マンションの外壁タイル打診検査のためのMR(複合現実)ソリューション「AR 匠 RESIDENCE」を開発した。従来2人1組で実施していた打診検査が1人でも可能となり、また報告書作成業務の労力が半減し、全体で約30%の効率化が期待できる。 両社は、日本マイクロソフトと...
58Picks
電子鍵ベンチャーが「顔パス」システム開発
産経ニュース
|
電子鍵ベンチャーのビットキー(東京都中央区)は11日、集合住宅用オートロック向け顔認証システムを開発したと発表した。両手がふさがっていても、入居者か否かを瞬時に見分ける。成田空港などで顔認証による搭乗手続きができるようになったが、集合住宅という身近な場所でも「顔パス」が現実化しつつある。
371Picks
Suicaでマンションのオートロックを開錠可能。JR東日本が新宿区に賃貸物件
Engadget 日本版
|
JR東日本とジェイアール東日本都市開発は、Suicaなどの交通系ICカードを利用して、マンションのオートロックを開錠できる12階建ての大規模賃貸住宅「びゅうリエットグラン新宿戸山」を5月下旬にオープンすると発表しました。 同物件に採用する入退室管理システム「セントリックス」は、JR東日本、JR東日本メカトロニクス、セントラル警備保障が共同開発しており、JR東日本グループの賃貸住宅として初の採...
14Picks
宿泊事業からの撤退をサポート「民泊撤退コンシェルジュ」開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
テックアットは、民泊、ホテル、マンスリーマンション等の宿泊事業から撤退を検討しているオーナー・運営会社向けのコンシェルジュサービスを開始したことを発表した。 民泊撤退コンシェルジュは、『物件開発を…
15Picks
「マンション向けMaaS」、実験的に始動!日鉄興和不動産が発表
自動運転ラボ
|
マンション分譲事業などを手掛ける日鉄興和不動産(本社:東京都港区/代表取締役社長:今泉泰彦)は2020年2月24日までに、自社開発の分譲マンションでマンション専用オンデマンドモビリティ「FRECRU(フリクル)」をマンシ […]
14Picks
マンション自主管理のスタートアップ「Matera」が12億円を調達
TechCrunch Japan
|
Matera(マテラ)はフランスのスタートアップで、以前はiLLiCopro(イリコプロ)という社名だった。このほど1000万ユーロ(約12億2700万円)の調達ラウンドを完了した。この会社は集合住宅の管理を行うのに必要なツールを提供するSaaSプラットフォームを開発している。 ラウンドをリードしたのはIndex Venturesで、既存の出資者であるSamaipataも参加した。ほかにエン...
15Picks
米国では転職に必須のスキル「プロジェクトマネジメント」の基本
ダイヤモンド・オンライン
|
マンションの建設も、革新的な車の開発も、家族旅行も、全て「プロジェクト」だ。こうしたプロジェクトを、目標に向けて着実に進めるためのフレームワークが「プロジェクトマネジメント(PM)」である。
325Picks
学生向け賃貸住宅に新規参入相次ぐ サービス「至れり尽くせり」、市場は安定成長
産経ニュース
|
学生向け賃貸住宅市場が活況だ。大学進学率の上昇や外国人留学生の増加を追い風に、付加価値を高めたマンション・寮の開発が進んでいる。賃貸市場は空き家の増加が影を落とすが、学生向けは安定成長が見込めるとして新規参入が相次いでいる。
207Picks
今までありそうでなかった?!『カフェ付きマンション』が世田谷区砧に新登場!
HOME'S PRESS
|
さまざまな施設が揃う“ホテルライク”なマンションは、これまで大規模物件や高級物件の特権とも言われてきた。しかしこのマンションは、小規模で検討しやすい価格帯でありながら、ひと味違うサービスが揃うという。ありそうでなかった「カフェ付き」マンションの開発秘話を聞く。
201Picks
六本木に完成した国際基準高級マンションのすごさ
mainichi.jp
|
東京都港区六本木4丁目。東京ミッドタウンに近く、三河台町の呼び名を持つ場所で、注目すべきマンションの分譲が行われている。  マンションの名前は「プラウド六本木」。プラウドのブランド名で分かるとおり、野村不動産が「HKRJ Roppongi特定目的会社」とともに事業主となるマンションだ。香港に本社を置く国際的デベロッパーHKRIと野村不動産が手を組み、超都心の分譲マンションを開発したのである。
197Picks
マンションが10万円で投げ売り…中古は買い手おらず大余剰、不動産=負の遺産の時代に
ビジネスジャーナル
|
ここ数カ月、不動産にまつわる本が書店に増えてきた。しかも、どれも内容はお先真っ暗の市場の未来だ。 『2020年マンション大崩壊』(牧野知弘/文春新書)は、不動産開発・運用アドバイザーによるもので、...
117Picks
スペースマーケットと東京建物が資本業務提携--スペースの時間貸しが生み出す不動産の新たな形
CNET Japan
|
スペースの時間貸しという新たな不動産サービスを確立したスペースマーケットと、オフィスビルからマンション、戸建て住宅の開発、リゾート事業まで幅広く手がける不動産会社の老舗東京建物が、資本業務提携を結んだ。目指すのはスペースシェアによる不動産利活用のイノベーションの推進だ。
84Picks
シャープ創業の地がスマートオフィス&マンションに。田辺ビル敷地を野村不動産と共同開発
AV Watch
|
シャープと野村不動産は25日、シャープ田辺ビル(大阪市阿倍野区西田辺1丁目)の敷地を利用して、住宅とオフィスを核とした「シャープ スマートタウン(仮称)構想」の検討を共同で進めることで合意した。
59Picks
今は新築マンションを買うべきではない過去の同クラスの5割高、将来価値暴落のリスク
ビジネスジャーナル
|
「新築マンションは買ったとたんに価値が2割下がる」――これは不動産業界では常識とされている。新築マンションにはマンションを開発したデベロッパーのコストが上乗せされており、中古市場では高くとも新築価格の...
51Picks
東京建物が湾岸エリアのマンション開発にこだわる理由 – MONEY PLUS
MONEY PLUS | くらしの経済メディア
|
2019年が近づいてきて、いよいよオリンピックイヤーの2020年まであと1年となりました。そんな中で注目されているのが、東京の有明や晴海などの「湾岸エリア」。このエリアには現在、開発が進む公共施設やマ
11Picks
九州電力、初の海外不動産開発 国内ホテル投資も、収入多様化
共同通信
|
九州電力、初の海外不動産開発 九州電力は3日、不動産投資を本格化し、米国での集合住宅開発と国内のホテルにそれぞれ出資すると発表した...
マンション開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ