新着Pick
SPD0LQLEU3009N95
ネット・ATM専業銀行
JPN

ネット・ATM専業銀行 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
銀行・ノンバンク
>
ネット・ATM専業銀行
実店舗を配置せず、営業上必要な店舗のみを有し、主としてインターネットや電話等の通信端末を介した取引、またはコンビニエンスストア等に設置されている現金自動預け払い機 (ATM)による決済業務を主要事業としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
三菱UFJと三井住友 相互のATMで手数料無料に
NHKニュース
|
大手銀行がATMの共同利用に乗り出します。三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、22日から全国の駅前などにあるお互いのATMか…
2Picks
銀行ATM、月30万円の維持費が重荷 共通化の時代へ
朝日新聞デジタル
|
三菱UFJ銀行と三井住友銀行が22日から、駅前や商業施設など約2800拠点のATMを共通化する。預金者は相手行のATMでも、自行と同じ手数料で使える。現金を使わないキャッシュレスが広がり、自前のAT…
3Picks
店舗外ATM、22日から共通化 三菱UFJと三井住友
共同通信
|
店舗外ATM、22日から共通化 三菱UFJ銀行と三井住友銀行は22日から、銀行の店舗外にある現金自動預払機(ATM)をお互いに開放す...
90Picks
手ぶらで現金下ろせます、健康状態チェックも-セブン銀の新型ATM
Bloomberg
|
セブン銀行は12日、NECの顔認証技術を搭載した新型の現金自動預払機(ATM)を発表した。最新の技術により新たなサービス機能を加えたほか、AI(人工知能)とあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用し、現金の需要予測の向上や機械の故障を減らすことができるとしている。
128Picks
セブン銀行とNEC、顔認証で本人確認できる新型ATM発表 スマホ決済が普及しても「ATMはオワコンではない」
ITmedia NEWS
|
セブン銀行とNECは、顔認証技術に対応したカメラや、本人確認書類を読み取れるスキャナーなどを搭載した新型ATMを発表した。
140Picks
ふくおかFGが地銀“初”の「ネット銀行」、それでも厳しすぎる現実が待ち受けるワケ
FinTech Journal
|
九州の地銀グループである「ふくおかフィナンシャルグループ(FG)」が、インターネット専業銀行を開業する方針を明らかにした。地方銀行は人口減少よる市場縮小から経営統合の動きが相次いでいるが、経営統合は主にコスト削減が目的であり、必ずしも攻めの方策になるとは限らない。初の試みとなるネット専業銀行の開設は、地方銀行の起爆剤となるのだろうか。
22Picks
じぶん銀行で通信障害 6時間で復旧、停電影響か
共同通信
|
じぶん銀行で通信障害 KDDI傘下のじぶん銀行(東京)は10日、同日昼ごろに通信障害が発生し、現金自動預払機(ATM)が利...
273Picks
ローソン銀行ATMがドラクエ仕様に--取引でレベルアップの効果音が再生
CNET Japan
|
ローソン銀行は、ローソン店舗などに設置しているローソン銀行ATMについて、9月2~30日までの間、「ドラゴンクエスト」仕様に“レベルアップ”する。ドラゴンクエストのゲーム画面をデザインした画面を表示するほか、「取引開始」ボタンを押した後に、おなじみのレベルアップの効果音が流れるという。
16Picks
DBS銀行が見据える金融の未来
ZUU Online|経済金融メディア
|
現在、世界一のデジタルバンクといわれる「DBS銀行」は、日本での認知度こそ低いものの世界中の金融業者から注目を集めています。 デジタルトランスフォーメーションのトップランナーとして、何が革新的なのか、今回はDBS銀行がもたらす社会変革について考察していきます。 ■ DBS銀行とは何か DBS銀行はシンガポールを拠点に活動しており、その名前が世界中に知れ渡ったのは金融専門情報誌の「ユーロマネー...
29Picks
銀行に大変革が起きる年は「2023年」と言える理由
FinTech Journal
|
銀行がテクノロジーキャッチアップに遅れたのは、金融不況に見舞われた上にインターネット対応をためらったことが大きな原因だった。ファットなコスト構造を改革することなくここまで来たこともそれに輪をかけた。ここ数年のフィンテックブームで動き出した面もあるが、この先、金融機関を待ち受けている未来は?京都大学公共政策大学院 教授であり初代日銀FinTechセンター長を務めた岩下 直行氏が直言する。
16Picks
生き残りかけて地銀が全国戦略、ふくおかFGの「みんなの銀行」は試金石に
ニュースイッチ
|
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が“域外”に向けた戦略を深化させている。2020年度の開業を目指す地銀初のインターネット専業銀行は地銀の枠を越えた全国がターゲット。今年10月末のサービス開始を見
10Picks
Bluetoothを使ったクレカのスキマーを検出するアプリを研究者が開発
TechCrunch Japan
|
ガソリンスタンドや銀行のATMに密かに設置されていることのあるクレジットカードスキマー。そうした装置をワイヤレスで検出できる新たなアプリを、コンピューター科学者のチームが開発した。 カードスキマーがATMの正面全体を覆ってしまうような時代ははるか昔のこと。近頃のクレジットカードスキマーは小さく、ほとんど目につかない。そして、その多くがBluetoothを使ったワイヤレス通信機能を備えている。...
43Picks
中国に登場「5G銀行」、海外メディアとして初取材
TBS NEWS
|
アメリカと中国が激しい主導権争いを繰り広げる次世代の移動通信システム「5G」。通信速度は今の100倍と言われ、世界で生活やビジネスを変えると言われています。国をあげて5Gの実用化を急ぐ中国に登場した「5G銀行」を海外メディアとして初めて取材しました。  北京に登場した「5G銀行」。まず目に入るのは受付の女性ですが、実はこれ、人間そっくりのAIロボット。中国の銀行では初登場です。 Q.ATMの...
27Picks
クサ〜い「おじさん臭」、原因の9割は「見た目」かもしれない
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
いま、加齢臭を気にするおじさんたちを中心に、ロート製薬の「DEOCO(デオコ)」が大ヒット中だ。「おじさんでも若い女子の甘い香りがまとえる」とネットや口コミで話題となり、大手通販サイトでも品切れ状態が続いている。しかし専門の医師によれば、実際にはデオコをいくら使っても、中高年の男性が発するニオイの根本的なケアにはならないという。
17Picks
地域密着と利便性、初の「ネット銀行」は地銀のカンフル剤になるか
ニュースイッチ
|
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は7日、2020年度をめどにインターネット専業の新銀行を設立すると発表した。準備会社「みんなの銀行設立準備」(福岡市中央区)を全額出資で8月中旬に開設する。デジタル技術の進展に伴う顧客の行動変化や社会構造の変容に対応するため「デジタルネイティブバンク」を掲げ、幼いころからデジタル技術に親しんでいる世代の取り込みを図る。 地方銀行によるネット銀行の設立は初...
12Picks
「働けるうちは働く!」ための仕事と人生の設計方法#55
note(ノート)
|
「エイジレスで定年のない働き方」の実現をサポートする中高年専門ライフデザイン・アドバイザーの木村勝です。 【事例】社外セミナーで学んだ同期のつながりがセーフティネットになった事例 Gさんは、中小企業の総務部で長年人事・総務を担当。大企業のように法務部門があるわけでなく、法改正があると自分のアンテナで情報を仕入れ、就業規則や制度改定に対応してきました。 その際に特に参考になったのが、人事専門研...
449Picks
【銀行革新】フィンテックで作るインターネットの「次の世界」
NewsPicks Brand Design
|
──宮上さんが感じるネットサービスのグローバルトレンドを教えてください。主に2つあると感じています。1つは「プライバシーの保護」、もう1つは「データの利活用」でしょう。これまでのネットビジネスは...
97Picks
「幼稚園」9月号の付録は「セブン銀行ATM」 本物さながらのギミック、大人も欲しがる完成度に
BIGLOBEニュース
|
子どもではなく大人が喜んでしまいそうな付録で話題の雑誌「幼稚園」の9月号に、セブン銀行とコラボした「セブン銀行ATM」が登場する。「セブン銀行ATM」は、「幼稚…(2019年7月29日 15時13分0秒)
51Picks
病児保育、あるのに使われてない?利用率3割を変える現役医師の挑戦
ami
|
「病児保育施設」というセーフティネットをご存じだろうか。 専門知識と技術を備えた保育士や看護師が、子どもの状態に合わせ適切な保育を引き受ける施設である。しかし利用手続きの煩雑さや認知度の低さ...
ネット・ATM専業銀行 概要
日本
アメリカ合衆国