新着Pick
SPD0HOR1U1OJ6KNF
介護サービス
JPN

介護サービス 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連サービス
>
介護サービス
訪問介護や、有料老人ホームなどの介護施設の運営など、高齢者や障がい者を対象とした介護サービスを提供する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
重度障害者「働きたい…」 国 “就労中の介護サービス”見送る
NHKニュース
|
常に介護が必要な重度の障害者の就労状況を厚生労働省が調査したところ、およそ1割の人がすでに働いているか、介護を受けながら…
3Picks
Moff、トヨタ自動車とリハビリ支援を実現するサービスを共同開発
CNET Japan
|
IoTリハビリ支援サービスを展開するMoffは12月16日、トヨタ自動車の未来創生センターと、医療から介護までシームレスなリハビリ支援を実現するサービスの共同開発を開始したと発表した。
21Picks
障害者の就労支援、拡充へ 厚労省、企業への助成金アップ
共同通信
|
障害者の就労支援、拡充へ 重い障害のある人の生活を支える障害福祉サービス「重度訪問介護」が就労中は公的補助を受けられない問題を...
27Picks
高齢者を地域で支える「地域包括ケアシステム」は、「大いなる自己矛盾」にも見えます -「賢人論。」第105回(中編)武内和久氏 - みんなの介護
BLOGOS - 最新記事
|
厚生労働省が「地域包括ケアシステム」の推進を明確に打ち出したのは、2012年の改正介護保険法から。「高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスを切れ目なく提供する」と謳っているが、改正法施行から7年が経ったいま、システムが有効に機能していないとの声もある。かつて、この法律を施行する立場だった武内氏に、このシステムへの現状認識につい...
10Picks
要介護1ってどんな状態?受けられるサービスや費用について徹底解説
ヒトシア
|
介護保険制度が誕生したきっかけは、退院後の行き場がない高齢者の社会的入院による医療費の財源が圧迫したことにあります。 医療が終わり介護が必要な方には介護保険制度に移行してもらおうと考えられたのです。 そんな介護保険サービスを受けるには、要介護認定を受け、その結果『要支援』か『要介護』状態に該当していると認定される必要があります。 要支援は症状に応じて1~2までの2段階に、要介護は1~5までの...
31Picks
介護業界の人手不足に“予想外の一手” 「若者が集まる」介護スキルシェアサービスはどうやって生まれたのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
介護業界の人手不足を解決したい――。そんな思いから、介護系スキルシェアサービスを立ち上げた鈴木亮平氏が思い付いたユニークな方法が、若者を引きつけている。なぜ、介護施設に若者が集まるようになったのか。
14Picks
中国の「時間銀行」にアリペイのブロックチェーン活用 〜ボランティア時間を「貯金」し将来の介護サービスに利用
仮想通貨 Watch
|
アリババの金融子会社アント・フィナンシャルが運営する決済アプリのアリペイ(支付宝)は11月20日、ボランティア活動などの時間を「銀行」に登録し、将来介護が必要になったときに引き出して介護サービスを受けられる新しい取り組み「時間銀行」に、ブロックチェーンを活用すると発表した。TechWeb、新浪財経などが伝えた。
17Picks
ケアプラン有料化、先送りへ 介護保険制度改正の焦点
共同通信
|
ケアプラン有料化、先送りへ 政府は19日、高齢者が介護保険サービスを利用する際に必要な「ケアプラン」(介護計画)の有料化を介護保...
26Picks
高齢化社会を支える世界のスタートアップ (1)訪問介護ケア編
Coral Capital
|
全4回にわたり、在宅療養する高齢者や施設に入居する高齢者の生活や健康面の課題に取り組む、世界の高齢者向けサービスの事例をご紹介します。第1回は在宅向け介護ケアサービスの変容についてです
18Picks
日本の高品質なクール宅急便がアジアで広がり始めた!
ニュースイッチ
|
空港や商業施設などで目にする機会が増えてきた案内ロボットや介護現場で用いられるアシストロボット。少子高齢化に伴う労働力不足解決策の一助として今後の利用拡大が見込まれる、これらロボットを活用したサービスが、対象分野をモノからサービスに広げ、「産業標準化法」として生まれ変わった新JIS法に基づく規格第一号となった。いかに「共存」するか 規格づくりに携わった産業技術総合研究所ロボットイノベーション...
169Picks
介護保険 維持できない?自己負担増やすか 検討始まる 厚労省
NHKニュース
|
高齢化が急速に進み介護費用が増え続ける中、厚生労働省は、介護保険サービスを利用する人の自己負担を増やすかどうか、本格的な…
14Picks
介護・福祉関連市場の調査報告、介護業務効率化支援システムが2025年に2.2倍へ
MONOist
|
富士経済は、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査し、2025年市場予測(2018年比)を含む結果を「Welfare関連市場の現状と将来展望 2019」で発表した。同調査によると、介護業務効率化支援システムが2.2倍の22億円になるという。
105Picks
高所得者の介護負担を引き上げへ 月額上限2~3倍に、厚労省
共同通信
|
高所得者の介護負担を引き上げへ 厚生労働省は5日、膨張する社会保障費抑制のため、主に65歳以上の高所得世帯を対象に、介護保険サービス...
98Picks
医療・介護分野のデータ利活用による新たなサービスが2020年度稼働~「データヘルス改革」の進捗と展望
ZUU Online|経済金融メディア
|
国民の健康寿命のさらなる延伸と、医療・介護サービスの効果的・効率的な提供を目指した「データヘルス改革」による、健康・医療・介護分野のデータ利活用による新たなサービスが2020年度稼働する予定である。 本稿では、予定されている8つのあたら棚サービスの整備状況と今後の展望を紹介する。 ■健康・医療・介護分野でのデータの利活用に向けたこれまでの動き 健康・医療・介護分野でのデータ集積と活用のための...
23Picks
介護訓練や障がいのケアにVRが有効なこれだけの理由
ニュースイッチ
|
介護や医療の分野でVR(仮想現実)の活用が進んでいる。ジョリーグッド(東京都中央区、上路健介社長、03・4455・2694)は、VRによる介護研修サービス「ケアブル」や発達障がい支援機関向けサービス
280Picks
効率化だけじゃない、医療・調剤・介護を根本から変える画期的製品たち
ニュースイッチ
|
国民の健康や生活を支える医療や調剤、介護の現場で人手不足が目立っている。生産年齢人口が減少する中で、働き手の確保は各産業が抱える重要課題だ。これを解決できなければ、サービスの停滞は避けられない。一方で進むのが新技術を活用した業務支援で、ヘルスケア産業でも大きな広がりを見せる。既存の業務を高度化、効率化することで従事者の負荷を軽減することが主な目的だが、業務を根本から変える画期的な製品も登場し...
337Picks
臨時国会に「登院できない」重度障害者への制度の壁
テレ朝news
|
重い障害のあるれいわ新選組の舩後靖彦さんと木村英子さんが制度の壁にぶつかり、来月1日に召集が予定される臨時国会に「登院できない」と訴えました。  れいわ新選組・木村英子さん:「8月1日までに結果を頂けなかった場合は、私たちは登院することはできません」  2人は国の障害福祉制度で、重い障害がある人の生活をサポートする「重度訪問介護」のサービスを受けています。一方で、規則では働き始めると通勤や仕...
介護サービス 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ