新着Pick
SPD0GBR7K0UJEHIL
医療情報システム開発
JPN

医療情報システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
医療情報システム開発
電子カルテを中心とした福祉施設、医療機関向けの業務系システム、臨床試験向けの支援管理システムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
トヨタ、中国5社と燃料電池システム開発で年内に合弁設立
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は5日、中国における燃料電池車(FCV)の普及に向けて、現地メーカー5社と燃料電池システムを開発する合弁会社を年内に北京市内で設立すると発表した。総投資額は約50億1900万円。トヨタが開発する商用車を中心としたFCVなどへの搭載を想定し、共同でFCV普及の基盤づくりに取り組む。
1Pick
鼻腔内の検体採取を自動化、医療従事者の感染リスクを減らすロボットシステム(MONOist)
Yahoo!ニュース
|
メディカロイドは2020年6月3日、兵庫県神戸市市役所で記者会見を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応などを目的とした「自動PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査ロボットシステム - Yahoo!ニュース(MONOist)
5Picks
中国における水素社会の実現に向け、6社連合で商用車用の燃料電池システムの研究開発会社を設立
トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
|
このたび、中国における燃料電池車両(FCV)普及に向けて志を同じくする6社(詳細下記)が新会社「連合燃料電池システム研究開発(北京)有限会社」の設立に向け、合弁契約を締結いたしました。主な業務内容として、中国におけるクリーンなモビリティ社会に貢献する商用車用の燃料電池システムの開発に取り組んでいきます。トヨタ、億華通を筆頭に各社が出資し、董事長には董長征、総経理には秋田隆が就任予定です。20...
2Picks
トヨタ、中国5社と燃料電池システム開発で年内に合弁設立 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[東京 5日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は5日、中国における燃料電池車(FCV)の普及に向けて、現地メーカー5社と燃料電池システムを開発する合弁会社を年内に北京市内で設立すると発表した。総投資額は約50億1900万円。トヨタが開発する商用車を中心としたFCVなどへの搭載を想定し、共同でFCV普及の基盤づくりに取り組む。新たに設立する会社名は「連合燃料電池システム研究開...
3Picks
ロボットや医療機器向けで用途が広がる電子回路基板、製造開発受託が拡大
MONOist
|
製品がITやネットワークなどを前提にしたモノへと生まれ変わろうとする中で、重要性を増しているのが電子回路基板である。電子回路基板の開発や製造受託で成長する長野OKIの取り組みについて、代表取締役社長に就任した薄井薫氏に話を聞いた。
8Picks
厚労省のオンライン申請、また停止 雇用調整助成金(時事通信)
Yahoo!ニュース
|
厚生労働省の雇用調整助成金のオンライン申請が、システムの不具合で再び停止したことが5日、判明した。  同省がトラブルの原因などを調査している。オンライン申請をめぐっては、個人情報が流出する問題で
6Picks
トヨタ、中国5社と合弁会社 燃料電池の普及向け連携加速
共同通信
|
トヨタ、中国5社と合弁会社 トヨタ自動車は5日、中国の自動車会社など5社と燃料電池システムの開発を手掛ける合弁会社を北京に設立す...
199Picks
楽天、5Gシステムを海外販売へ NECと共同開発
産経ニュース
|
楽天は3日、第5世代(5G)移動通信システムの通信ネットワークについて、クラウドを使った「仮想化」と呼ぶ新技術を採用したシステムを来年にも海外で販売する方針を示した。NECとシステムの中核を担う設備の共同開発を進め、提供先のニーズに沿った機能を提供していきたい考えだ。
16Picks
エムスリー、AIによるコロナ肺炎診断の承認申請 アリババと開発
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - 医療情報サービスのエムスリー<2413.T>は3日、人工知能(AI)を用いて新型コロナウイルスによる肺炎を検出する画像解析システムを開発し、厚生労働省に製造販売の承認を申請したと発表した。
4Picks
スタートアップH2L、透過ホログラムとして出勤できるリモートワークシステム「HoloD(ホロディ)」を発表
YouTube
|
H2L, Incが、ホログラムと身体情報の伝達技術を応用したリモートワークシステムHoloD(ホロディ)とその申し込み受付を発表しました。HoloD(ホロディ)は、映像と体の動きを透過ホログラムで職場に伝達することで、リモートワーカーとの気軽なコミュニケーションを支援します。12,000円から月額料金で利用可能。
67Picks
感染者が症状をスマホ入力 新型コロナ情報共有システムが運用開始
FNNプライムオンライン
|
新型コロナウイルスの感染者が自らスマートフォンなどで症状を入力し、それを国が一元管理するシステムの運用が始まった。新しいシステム「HER-SYS」では、感染者が自ら、スマホなどで発熱や息苦しさなどの症状を入力する。この情報は、国が一元管理し、医療機関や保健所でも迅速に患者の状態を、迅速に把握できるという。神ノ田昌博厚生労働省健康局健康課長「これまでは、情報共有するにあたり医療機関からFAXで...
2Picks
鼻腔内の検体採取を自動化、医療従事者の感染リスクを減らすロボットシステム
MONOist
|
メディカロイドは2020年6月3日、記者会見を開催し、新型コロナウイルス感染症への対応などを目的とした「自動PCR検査ロボットシステム」を神戸市と連携して開発すると発表した。PCR検査にロボットを導入することで、検査過程で医療従事者がCOVID-19に感染するリスク低減などを狙う。
205Picks
大阪府がキャッシュレス決済のアプリ開発へ
産経ニュース
|
大阪府は2日、新型コロナウイルス対策として独自に運用している感染者追跡システムと連動した新たな飲食店向けのアプリを開発すると発表した。追跡システムに登録した飲食…
1Pick
ヘルスケア向けチャットボットOrbitaがオンライン診療を促進する
Techable(テッカブル)
|
コロナ禍によって医療へのアクセスが難しくなる中、オンライン診療への期待が高まってきた。米Orbitaは医療情報を必要とする人へ適切な情報を提供するよう、患者との対話をAIによって高度化することを目指している。 医療向けの...
14Picks
アメリカ・シカゴで赤錆防止装置披露-日本システム企画株式会社の新聞掲載情報(2019年10月7日)
イノベーションズアイ
|
日本システム企画(東京都渋谷区)は9月19、20日に米シカゴで開催された建築総合展示会「シカゴビルド2019」に配管内赤錆(さび)防止・更生装置「NMR パイプテクター」を展示した。同社は15年前に英国法人「Japan System Planning UK」を設立。バッキンガム宮殿をはじめ、英国国会議事堂、大英博物館など多くの建物にパイ...
17Picks
他人をサポートするために、まずはあなた自身を労わろう 感情的な支援を提供するための4つのヒント
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
|
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる不安は収まるどころか、いっそう拡大している。医療機関だけでこの問題に対処するのは限界があり、このままではメンタルヘルスケア・システムが崩壊しかねない。精神…
12Picks
日本システム企画株式会社 - 既得権益の壁を壊し、日本の技術革新と経済復興の道をつくれ!
Biglife21,ビッグライフ21,
|
「環境」と「健康」をテーマに社会貢献へと突き進む 既得権益の壁を壊し、日本の技術革新と経済復興の道をつくれ! 〈世界唯一の技術・配管防錆装置「NMRパイプテクター」を開発〉 日本システム企画株式会社/代表取締役社長 熊野活行氏 目の前の壁に「命懸け」で挑み続ける社長の半生 「このままでは日本がダメになってしまう
25Picks
地方自治体のDXはコロナ禍でようやく進展する?
ニュースイッチ
|
情報サービス各社が新型コロナウイルス感染症対策に追われる地方自治体のデジタル変革(DX)を促すサービスを相次ぎ無償提供している。トッパン・フォームズは2日から、非接触で本人確認ができるシステムを提供。NTTデータは特別定額給付金の支給業務を効率化する人工知能(AI)を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)を提供している。無償提供により「3密」を回避しながら業務を効率化できるITシステムの機能...
医療情報システム開発 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン