新着Pick
SPD0GBR7K0UJEHIL
医療情報システム開発
JPN

医療情報システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
医療情報システム開発
電子カルテを中心とした福祉施設、医療機関向けの業務系システム、臨床試験向けの支援管理システムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
高齢者の医療・介護情報一元化 北九州市 緊急時の適切治療図る
西日本新聞
|
北九州市は今秋から、高齢者の緊急搬送や入院時に備え、病名や服用中の薬、介護保険サービスによる支援状況などの情報を一元化し、医療機関がいつでも確認できるようにするモデル事業を福岡県医師会、北九州市医師会などと連携して始める。高齢者の場合...
3Picks
スタンフォード大学が肌に貼り付けて生体情報を収集できる「BodyNet」を開発
マッシュメディア
|
病状や健康状態などをモニターするとき、心拍や呼吸のチェックは基本だ。そのモニターがシールをはるだけでできるようになるかもしれない。 スタンフォード大学は、肌に貼り付けるタイプのバイタルサインモニター「BodyNet
14Picks
社長がアホやからITがでけへん。 - ガチで、システムわからないんだけど……。
Diamond Online
|
「思いがけず情報システム部門に配属されてしまった」 「本業でいっぱいいっぱいなのに、新規プロジェクトにアサインされ、膨大な時間とられてうんざり」 「専門用語もITのしくみも、正直、意味がわからない」 企業がITビジネスをどんどん広げていく傾向にある中、そんな悩みを抱える人が増えているようです。 そこで、かつてない「システム発注者のための入門書」として注目を集め、発売早々連続増版を重ねる『シス...
8Picks
CT画像をAIが前処理、放射線科医の有能な“助手”に
ニュースイッチ
|
富士フイルムが開発した人工知能(AI)で放射線科医を支援するシステム「SYNAPSESAIviewer(シナプス・サイ・ビューワ)」は、放射線科医の診断の前にAIが「前処理」を済ませて作業量を軽
468Picks
SBI社長、地銀連携でメガ構想 HD新設でシステム開発一元化
共同通信
|
SBI社長、地銀連携でメガ構想 SBIホールディングスの北尾吉孝社長(68)は16日までに共同通信のインタビューに応じ、地方銀行の経...
2Picks
LYKAON、人の目に近い認証精度を実現した顔認証システムを開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
LYKAONは、AI人工知能で学習した高精度アルゴリズムを搭載し、顔認証システム「LYKAON-i(リカオンアイ)」を開発したことを発表した。なお、2019年9月にリリースされるとのことだ。 「L…
10Picks
小さなパン屋が実現、防災と世界の飢餓救済を両立するビジネスモデルとは?
Diamond Online
|
1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに「パンの缶詰」を開発した「パン・アキモト」。2代目社長の秋元義彦氏の発明は、それだけにとどまらなかった。効率的に支援が必要な地域に缶詰を届ける新たなシステムも生み出したのである。
2Picks
HRテック企業の始まり―勤怠管理システムT-REX開発秘話
PR Table
|
綜合キャリアグループは、創業当時より製造マーケットに強い人材サービス企業として、“働く”をHRテックで支えてきました。これまでHRテック企業として歩んできた道のりを、システム開発リーダーの青木勝...
14Picks
マーケティング部員は全員外国人、中小の医療機器メーカーの狙いとは
ニュースイッチ
|
フジタ医科器械は外国人だけで構成するマーケティング部署を2018年から設置している。「市場開拓部」として医療機器の開発や、海外から輸入した製品の販売、マーケティングなどの業務を3人の外国人が担う。中堅・中小の医療機器メーカーが外国人のみの部署を持つのは珍しい。多様な人材を生かした働き方として注目される。(森下晃行)通訳のつもりが 「もともとは展示会の通訳として働いてもらうつもりだった」とフジ...
14Picks
「プラズマ推進機」で注目の宇宙ベンチャーMomentusの挑戦
Forbes JAPAN
|
シリコンバレーに拠点を置く宇宙ベンチャーMomentusが7月17日、2550万ドル(約28億円)のシリーズA資金調達をアナウンスした。同社は、月往復などでの活用を想定する大型推進システムを開発し、2020年に初打ち上げを行う予定だ。Mom・・・
37Picks
100万人以上の生体認証情報が公開状態。企業や組織150万か所で使用の出入管理システムに脆弱性
Engadget 日本版
|
銀行や英国警視庁、防衛企業など世界150万か所で使われている生体認証システムBiostar 2にセキュリティ上の問題が発見されました。発見したセキュリティ研究者によると、100万人以上の指紋や暗号化されていないパスワード、顔認識情報など個人データが外部からアクセス可能な状態になっていたとのことです。Biostar 2生体認証プラットフォームを開発するSupremaは7月に、83か国5700組...
2Picks
ストックマーク、論説ニュース分析システム「LOGOS」を開発--三井物産戦略研究所に導入
CNET Japan
|
ストックマークは8月19日、AIテクノロジーを活用した論説ニュース分析システム「LOGOS(ロゴス)」を三井物産戦略研究所と共同開発し、同社向けに運用を開始したと発表した。
2Picks
顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)
ScanNetSecurity
|
ボルボ・カー・ジャパン株式会社は8月8日、同社の直営店「ボルボ・カー虎ノ門」にて顧客の個人情報をメール流出させたことが判明したと発表した。
205Picks
GPSが不正確に ── 地球の磁極はますます速く移動している
Business Insider Japan
|
・地球の北磁極は常に移動している。 ・近年、北磁極の移動スピードが速くなっていることを受けて、アメリカ海洋大気局(NOAA)らは、予定を前倒しして世界地磁気モデル(WMM)を更新した。WMMは、GPSアプリからアメリカ国防省のナビゲーションシステムまで、あらゆる位置情報システムのベースとなっている。...
10Picks
遺伝情報、脂質膜、エネルギー供給を備えた人工細胞を開発
MONOist
|
九州大学は、脂質膜の境界を持ち、エネルギーのやり取りをしながら自律的に遺伝子発現するバイオリアクター「オンチップ膜融合型人工細胞」をミネソタ大学と共同で開発した。
11Picks
海上で魚の食欲を即時判定して給餌を完全自動化、ウミトロンが魚群食欲解析システムを開発
TechCrunch Japan
|
UMITRON(ウミトロン)は8月14日、海上自律型の魚群食欲解析システム「UMITRON FAI(Fish Appetite Index)」を開発したことを発表。これは機械学習によって魚の餌食いをリアルタイムで自動評価するアルゴリズムで、愛媛県愛南町に導入済みの同社開発のスマート給餌機「UMITRON CELL」と連携することで、養殖事業の効率化を図ることが可能になる。 具体的には、魚の遊...
11Picks
次世代車向けデバイス開発加速、ロームが名大に研究室の狙い
ニュースイッチ
|
ロームは電気自動車(EV)や自動運転車など、次世代車向け半導体デバイスの開発強化を狙い、名古屋大学に研究室を新設した。月内に本格稼働する。次世代車向けシステムが求めるニーズを先取りしたデバイス開発につなげるのが目的。ローム本社の研究開発センター(京都市右京区)で年初に本格稼働した新実験装置による研究と、名大との共同研究も連動させ、システム目線のデバイス開発を加速する。 自動車や自動車部品大手...
235Picks
病室にいながら“外出を疑似体験”できるVR制作サービス開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
東地開発・omoieizo事業部は、終活・人生の終末期サポートする企業・医療、老人施設や個人向けに、外出を疑似体験・想い出の地など現地に赴くことができない人の希望を叶える映像(360°VR映像で風…
医療情報システム開発 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン