新着Pick
SPD0G0P5169OJOG5
酒類・食品卸
JPN

酒類・食品卸 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
食品専門卸
>
酒類・食品卸
主に食品小売業向けに、加工食品、菓子類、飲料・酒類等の卸売りを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
コロナ禍でも業績V字回復。独自路線をつらぬく飲食店向けEC「八面六臂」とは?
ECのミカタ
|
――八面六臂株式会社の事業内容について教えてください。 松田 当社は飲食店向けの総合卸売事業を展開しています。対象エリアは1都3県で、販売は全てWEBサイトを通じて行います。わかりやすく例えると、料理人さんのためのアスクルのようなサービスですね。商品は鮮魚や肉、野菜などの生鮮食品がメインですが、パスタや冷凍品、洗剤やタワシ、テイクアウト用の弁当箱といった什器類のお取扱いもあります。少量多品種...
11Picks
サントリーとユニ・チャーム静岡-福岡間における共同輸送を開始:時事ドットコム
時事ドットコム
|
[サントリーホールディングス株式会社]― 環境負荷低減を目指した取り組み ―サントリーMONOZUKURIエキスパート(株)とユニ・チャーム(株)は、物流における環境負荷低減を目指し、静岡―福岡間の鉄道コンテナによる商品輸送の一部を共同で実施し、2月中旬から本格稼働します。サントリーグループは、水や農作物など自然の恵みに支えられた食品酒類総合企業として、「水と生きる」をステークホルダーとの約...
18Picks
伊藤忠、大手卸と食品サプライチェーンDX推進 食品ロス・機会ロスを削減
環境ビジネスオンライン
|
伊藤忠商事(東京都港区)は2月1日、グループ会社で食品卸大手の日本アクセス(東京都品川区)と連携し、食品サプライチェーンDX(デジタルトランスフォーメーション)を本格的に展開すると発表した。日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測と発注最適化のソリューションを導入する。
13Picks
伊藤忠商事、AI需要予測と発注最適化を導入 発注業務を半分に - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
伊藤忠商事株式会社は2月1日、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に、人工知能(AI)を用いた需要予測および発注最適化のソリューションを導入開始したと発表。関連記事:ライフ、AI需要予測を導入 作業時間を年間15万時間も削減伊藤忠商事は2020年から、株式会社ブレインパッドやグループ会社の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と連携。...
29Picks
伊藤忠商事、食品サプライチェーンDXを本格的に展開へ
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠商事株式会社は、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測及び発注最適化のソリューションを導入...
925Picks
【直撃】楽天×西友。「ネットスーパー」の覇権争いが面白い
NewsPicks編集部
|
巨大マーケットをめぐるバトルが、ますます激しくなってきた。経済産業省の調査結果によると食品・飲料・酒類市場は約1兆8000億円という大きな市場だが、EC化率は2.89%。これからさらなる成長が見...
959Picks
Amazon、レジなし食品スーパー「Amazon Go Grocery」1号店をシアトルに
ITmedia NEWS
|
Amazonが、すでに米国で25店舗展開しているレジなしショップ「Amazon Go」の初の食品スーパー「Amazon Go Grocery」をシアトルで開店した。野菜や果物、惣菜、酒類などをカートに入れるだけで購入できる。
890Picks
若者だけではなかった!「酒離れ」の主役たち
ニュースイッチ
|
経済解析室で公表している鉱工業指数では、工場のロボットや車などの工業製品の他にも、衣類や食料品といった身近な商品の国内生産や出荷の動きをみることもできる。そんな商品の一つに酒類がある。酒類は「
54Picks
コロナが変えた食品販売 「ダークストア」の登場、PB人気上昇も
Forbes JAPAN
|
新型コロナウイルスの流行により、食のトレンドは変化した。多くの人がインターネットで食料品を注文し、自宅への配送や店舗での受け取りが活用されるようになった。また、箱ワインなど大容量の酒類の人気が高まり、美食の国であるフランスでさえ冷凍食品が飛・・・
225Picks
“年収400万円時代”に先手を打つ
NHKニュース
|
「2020年には全世帯の6割が年収400万円未満になる」こう予測したのは役所でもシンクタンクでもなく、消費者にとってはなじみが薄い食品卸の最大手「三菱食品」です。製品をみずから作り出しているわけでもなく、消費者に直接商品を売っているわけでもない卸売りの会社が、独自の調査・分析をもとに未来を予測している…、そんな情報を耳にして一体どのような未来を想定し、どんな一手を打ち出そうとしているのか、取...
224Picks
軽減税率 財務省が対象品目の3ケース示す NHKニュース
www3.nhk.or.jp
|
与党税制協議会は消費税の軽減税率に関する検討委員会を開き、財務省は対象品目として、「酒類を除く飲食料品」「生鮮食品」「精米」の3つのケースを…
203Picks
食品衛生法、15年ぶりの大改正。影響のある業種と対応すべきこと
フーズチャネル
|
外食、製造、卸、小売など、食品業界すべての事業者に関わる「食品衛生法」が2018年6月に改正された。HACCPの制度化や食品リコールの報告義務化など、大きな見直しが行われている。どのような対応が求められるか、専門家の見解とともに見てみよう。
133Picks
自民の「満額回答」、公明に困惑も 軽減税率に外食案
朝日新聞デジタル
|
食品全般だけでなく、外食も――。消費税率を8%に据え置く軽減税率の対象品目について、自民党は公明党の想定を上回る「酒類をのぞく食品全般と外食」という案を打ち出した。この大盤振る舞いに必要な財源は総額…
42Picks
ロボット40体がルーティンを代行!3.5万時間の削減を目指す、サントリーの働き方改革
SELECK
|
〜残業を減らすだけでは、働き方改革とは言えない。RPAの導入で日々のルーティンを効率化し、個人の成長を促すサントリーグループの取り組みとは〜日本を代表する酒類・食品メーカーであるサントリーグループでは、2016年より、全社を挙げた「働き方
37Picks
軽減税率 | 食料品全般…加工も対象 財源1兆円で自公合意
毎日新聞
|
自民、公明両党は9日、軽減税率の対象に関し、2017年4月の消費増税と同時に生鮮食品と加工食品を含む食料品(酒類、外食を除く)とすることで合意した。軽減措置で必要な財源は1兆円規模となる。来夏の参院選での選挙協力を念頭に、生鮮食品に限定するよう主張した自民党が大きく譲歩することで決着した。与党はこれを受け、10日にも16年度税制改正大綱を決定する。
29Picks
食品の生産者や卸をD2C化するPortobelが大繁盛、利用者が3倍に
TechCrunch Japan
|
スタートアップのPortobelは、食品生産者が消費者へ直接配達をサポートできるようにビジネスをシフトする支援を行っている。 Portobelのメイン投資家はHeroic Venturesで、創業者のRanjith Kumaran(ランジス・クマラン)氏は過去に、ファイル共有のHightail(OpenTextが買収)やポイント還元のPunchTab(Walmart Labsが買収)を創業し...
31Picks
三菱vs住友、庶民が集う小売りの現場で商社エリートたちが「華麗なる戦い」
ダイヤモンド・オンライン
|
ピカピカのエリート商社マンに、客商売はできるのか? 規模にものをいわせ、食品卸からコンビニエンスストアまで商流を支配する三菱商事には「やり過ぎ」との批判も付きまとう。片や住友商事は、優良な食品スーパーやドラッグストアを手塩にかけて育て上げたが、今後の規模拡大は容易ではない。
22Picks
酒類の世界的売り上げ 2024年まで回復しないとの予測も
Forbes JAPAN
|
世界の新型コロナウイルス感染症によるパンデミック(世界的大流行)により、米国では当初、オフプレミス(買った場所と違う場所で消費する小売)での酒類の売り上げが増加した。消費者が、全国規模での外出禁止令に先駆け、食料品置き場に在庫を増やしておこ・・・
酒類・食品卸 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
フィリピン
オーストラリア