新着Pick
SPD0FPEMEF80DAQS
電源
JPN

電源 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
電源
各種電機製品等への電力供給の源となる電源装置を製造する企業群。オンボード、ユニット等形式は問わない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
JAL、737用新クラスJシート公開 USB電源新設
Aviation Wire
|
日本航空(JAL/JL、9201)は10月26日、ボーイング737-800型機の国内線仕様機向け「クラスJ」新シートを報道関係者に公開した。エアバスの最新鋭機A350-900型機や787-8の国内線仕様機のデザインを一 […]
1Pick
アップル幹部、iPhone 12とProに電源アダプタ非同梱の理由などを回答
Engadget 日本版
|
すでにiPhone 12とiPhone 12 Proの到着報告が相次いでいるなか、アップルのiPhoneマーケティング担当副社長カイアン・ドランス氏がテック系ポッドキャスト「Rich on Tech」に出演し、両機種についてのさまざまな質問に対して回答しています。 5G接続とバッテリー持続時間 この質問に対してドランス氏は「システム全体でソフトウェアの最適化を行う」ことに加えて、新機能「スマ...
1Pick
今売れてる電源タップTOP10、1位から5位までエレコムが独占 2020/10/26
BCN+R
|
「BCNランキング」2020年10月12日から18日の日次集計データによると、電源タップの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
3Picks
アングル:日本「脱炭素」で重い腰、電力安定供給へ課題も - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
清水律子[東京 26日 ロイター] - 日本がようやく「脱炭素」に重い腰を上げた。産業としても期待される洋上風力などの再生可能エネルギーを主力電源と位置付け、育成に本腰を入れる。ただ、電力の「安定供給」のためには、蓄電池など島国日本にとって必須な技術の確立を急ぐ必要があるほか、原発再稼働の議論は避けて通れない現実もある。他国に遅れをとっている現状、この目標を掲げなければ、国際社会での活動がま...
11Picks
FIT電気+証書、「再生可能エネ」に改定へ/監視委、表示案まとめ
電気新聞ウェブサイト
|
◆需要家に分かりやすく 小売電気事業者が非化石証書をつけた電気を需要家に販売する際の表示方法が固まりつつある。需要家から見た分かりやすさを重視したのが特徴だ。現在は「実質的な再生可能エネルギー」という表示しか認められないFIT電気と、再生可能エネルギー電源由来の非化石証書を組み合わせて「再生可能エネルギー」と表示することも認める。電力・ガス取引監視等委員会は有識者会合での議論が収束後、表示の在り
22Picks
三菱重工が発電用水素エンジンの事業化視野に!2030年代の実用化が目標
ニュースイッチ
|
三菱重工業は水素を燃料に使う発電用エンジンを開発する。環境負荷を大幅に低減し、燃料電池と比べて導入コストの抑制を見込める。分散電源の需要に対応し、エネルギーの「脱炭素化」と電力の安定供給を重視する企業などへの展開を視野に入れる。水素の利活用に向けたインフラ整備が中長期で進むことが予想されており、2030年代の実用化を目指す。 子会社の三菱重工エンジン&ターボチャージャ(相模原市中央区)が、生...
16Picks
エネルギー基本計画見直し議論へ 経産省、電源構成が焦点
共同通信
|
エネルギー基本計画見直し議論へ 梶山弘志経済産業相は9日の閣議後の記者会見で、国の中長期的なエネルギー政策の指針であるエネルギー基本...
99Picks
よみうりランド、観覧車での「空中テレワーク」にも対応、ワーケーション向け新プラン提供開始、1日1900円 
INTERNET Watch
|
株式会社よみうりランドは、新プラン「アミューズメントワーケーション」を10月15日より提供すると発表した。東京都稲城市/川崎市多摩区にある遊園地「よみうりランド」において、プールサイドに電源やWi-Fiを備えた同プラン専用スペースを整備。テレワーク利用者向けに貸し出すほか、観覧車のゴンドラに乗って空中でテレワークやテレビ会議ができる特典も付ける。
50Picks
容量市場に対する見解ー新電力の立ち位置、再エネアグリゲーターを目指す立ち場からー
U3イノベーションズ
|
株式会社ディー・エヌ・エー エネルギー事業推進部 シニアマネジャー 松尾 豪 新電力の立ち位置、再エネアグリゲーターを目指す立ち場からの容量市場考察 9月14日に公表された容量市場の約定価格は、大方の想定を大きく上回る14,137円/kWとなり、ほぼ上限価格に達した。これまで電源の固定費を負担してきた旧一般電気事業者や卸電力市場価格の下落に苦しんできた発電事業者、収益化に苦しんできたデマンドレスポ
19Picks
容量市場の問題と近代国家システムの限界
note(ノート)
|
容量市場のメインオークション約定結果が公表され、1.6兆円は衝撃的だの国民負担だのと騒がれているが、本当は関係者からすればすべてわかっていたことで、オープンなプロセスでルール設計の議論が行われており、手続き上はなんの問題もないし、将来電源の安定性確保はなんらかの形で必要なので、避けて通る事もできない。 制度に関してはu3iアドバイザーの戸田氏の解説が詳しい(やや詳し過ぎる)が、要するに容量市...
1Pick
iPhone 12を急速充電、出力100W! 4口で厚さ2.9cmの電源アダプター「IIano」
Engadget 日本版
|
「USB充電器」はもはや日常生活に欠かせないアイテムですが、製品によってその特長は異なりますね。例えば大容量、急速充電が可能などが挙げられますが、こうしたUSB充電器に欲しい特長を全て兼ね備えたアイテムが登場しました。それが今回紹介する「IIano」です。現在、GREEN FUNDINGで支援を募集しており、個数限定ですが最大44%引き(1万3590円が7590円)になるキャンペーンを実施中...
19Picks
国が旗振り役となる洋上風力発電、日本が世界に追いつくために必要なこと
ニュースイッチ
|
洋上風力発電が事業化に向けて動きだした。2021年半ばにも長崎県五島市沖で実施する事業者が選ばれ建設に着手する見通しだ。秋田、千葉県沖の4区域でも早ければ21年内に事業者が決まる。これに先立ち、経済産業省と国土交通省は洋上風力の産業力強化に向けた官民協議会を立ち上げ協議を始めた。年内にも産業ビジョンを公表する見込みだ。再生可能エネルギーを主力電源化するための切り札として、洋上風力が位置付けら...
14Picks
KADOKAWAが光るマンホールを所沢に設置、ケロロやガンダムなど28種
Engadget 日本版
|
KADOKAWAは8月1日から、埼玉県所沢市に設置された「LEDマンホール」にてイラスト広告の掲出を開始しました。 LEDマンホールは、所沢市上下水道局が開発した広告用デザインマンホールです。仕組みとしては、鉄蓋の中に発光ユニットを設置し、表面に光を透過するプレートを取り付けています。電源は、近傍に設置したソーラーパネルにより発電した電力を使用します。 LEDマンホールは11月6日グランドオ...
358Picks
アップルはなぜ「外れやすいMac 電源アダプター」を開発したのか
Diamond Online
|
イノベーションを実現していく企業には共通する発想がある。「だったら○○しなければいい」というシンプルさを求める考え方だ。この考え方で生まれたアイデアは強力に人を引き付ける。
11Picks
「再生エネ比率を40%に」政府目標を飛び越えた経済同友会、提言の意図
ニュースイッチ
|
経済同友会が再生可能エネルギー普及に向けた提言で野心的な数値目標を掲げた。2030年の電源構成に占める再エネ比率を40%にすべきだとした。原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張している。 40%の内訳は太陽光・風力発電で30%、水力・バイオマス・地熱などの発電で10%とした。電力需要が現状並みに推移すると仮定して...
151Picks
「アレクサ、暑いね」で扇風機ON、「Amazon Smart Plug」1,980円
AV Watch
|
Amazonは、Amazon純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」を15日に発売した。価格は1,980円(税込)。は音声アシスタントのAlexaに対応し、Amazon EchoシリーズなどのAlexa搭載デバイスを通じ、音声で照明などの家電製品の電源オン/オフを操作できる。Amazon.co.jpで注文受付と出荷を開始しているほか、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、ロフ...
39Picks
「皮膚に貼るディスプレイ」フルカラー化に成功、大日本印刷と東大
Engadget 日本版
|
東京大学・染谷隆夫博士の研究チームと大日本印刷は、皮膚に貼る「スキンディスプレイ」のフルカラー化に成功しました。 「スキンディスプレイ」は、薄型で伸縮自在なディスプレイと、駆動・通信回路および電源を一体化した表示デバイスです。 特徴は、繰り返しの伸び縮みに対応する超フレキシブルな電子回路基板を採用したこと。一般的なフィルム基板でも曲げたり丸めたりできますが、繰り返しの伸び縮みには対応できませ...
電源 概要
日本
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン