新着Pick
SPD0E5K8KLAN59Z6
タイヤ
JPN

タイヤ 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
タイヤ
乗用車、トラック、バス等の各種自動車に利用されるタイヤの製造を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
ブリヂストンのストレス軽減タイヤ「プレイズPX」最新版、2020年2月発売
財経新聞
|
ブリヂストンは、2020年2月に「プレイズ」 ブランドの最新版を発売すると発表した。
6Picks
2020年用F1新タイヤを全チームが拒否。投票の結果、2019年型の継続が決定
AUTO SPORT web
|
FIAとF1タイヤサプライヤーのピレリは、2020年シーズンのタイヤの仕様について投票を行った結果、2019年の仕様を来年も引き続き使用することが決定したと発表した。 ピレリは2019年シーズンを通して各チームの協力のもとで開発テストを行った後、第19戦アメリカGPのFP1で全チームに2020年用プロトタイプタイヤをテストする機会を提供した。その結果、2019年型タイヤの継続を望む声が多く、最
11Picks
インホイールモーターとは? 100年眠っていた技術が「EV時代の寵児」となり得るワケ
ビジネス+IT
|
エコカーに追い風が吹き、車輪に直結して駆動するタイプのインホイールモーターの世界市場は2019~2027年の8年間で10倍以上に拡大すると予測され、今後EV駆動方式のデファクト・スタンダードとなる可能性がある。その利点は弱点を補っても余りあるとも言われ、日産やトヨタはEV搭載車のプロトタイプを発表。インホイールモーターの開発競争にはベアリング、電子部品、タイヤ、重電といった異業種も続々と参入...
11Picks
自動運転レベル4向けタイヤの空気圧を遠隔監視 住友ゴムと群馬大CRANTS
自動運転ラボ
|
住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/社長:山本悟)は2019年11月28日、自動運転レベル4(高度運転自動化)に対応したタイヤの空気圧を遠隔でモニタリングできる仕組みを構築したと発表した。 同社は群馬大学の次世代モ […]
195Picks
すきやばし次郎本店、ミシュランから消える 最新版発表
朝日新聞デジタル
|
日本ミシュランタイヤは26日、飲食店と宿泊施設を星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2020」を発表した。最高ランクの三つ星の飲食店は11軒、二つ星48軒、一つ星167軒。あらたな三つ星店は「か…
52Picks
20代女性「タイヤがパンクして困ってたところ、通りがかった男性が助けてくれた 40代ぐらいで小デブハゲで見るからに独身 すごく気持ち悪かった」 : ツイッター速報
ツイッター速報
|
1: 風吹けば名無し 2019/11/02(土) 18:15:43.39 ID:J0evcQjk0 やっぱ女性の頭の中を的確に表現した秀逸な投稿だと思いますねこれは。 pic.twitter.com/2AowdAnMTM— 越谷の俗物 (@ieyasukoshigaya) 2019年11月2日
10Picks
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
MONOist
|
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。
19Picks
左右のタイヤを別の角度で曲げる、ジェイテクトの左右独立ステアバイワイヤ
MONOist
|
ジェイテクトは「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において、左右独立型ステアバイワイヤシステムを発表した。
25Picks
ブリヂストンが3Dプリント製コンセプトタイヤを提案、新素材「SUSYM」で実現
MONOist
|
ブリヂストンは「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた「世界初」(同社)をうたうポリマー「SUSYM(サシム)」を用いた3Dプリント製コンセプトタイヤを参考出品した。
42Picks
「車輪の再発明はもう止めよう」BtoBマーケの才流、ベイジ、WACULが自社ノウハウをシェアする理由
MarkeZine
|
BtoBマーケティングには、形式知化できる領域が存在する――。その考えに基づき、BtoBマーケティング支援の才流、Web制作会社のベイジ、Webサイト分析・改善提案ツール「AIアナリスト」を提供するWACULの3社は、BtoBサイト改善の勝ちパターンをまとめた「チェックリスト/ワイヤーフレーム」を公開した。本記事では、3社が社内で培ったノウハウを無料で公開するに至った理由、サイト改善を高速で...
12Picks
ブリヂストンや東京大学など、タイヤにモーターと受電機能を組み込んだ「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」説明会
Car Watch
|
東京大学大学院新領域創成科学研究科 藤本研究室とプリヂストン、日本精工(NSK)、ローム、東洋電機製造は10月10日、EV(電気自動車)の走行に必要な受電と駆動をタイヤに組み込んだ「第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」を開発したと発表し、走行中給電の様子を公開した。
22Picks
オールシーズンインタイヤ、国内で市場活気づく事情
ニュースイッチ
|
国内で乗用車用のオールシーズンタイヤ市場が活気づいている。欧米では普及しているが、地域によって道路環境の違う日本での販売は限定的だった。近年は性能を強化してラインアップを増やす海外メーカーの進出や、需要の掘り起こしを狙う国内メーカーの投入が相次ぐ。突然の降雪でも慌てずに運転できるメリットを訴求し、雪が少ない都市部などでの利用増を見込む。(文=松崎裕) オールシーズンタイヤは夏用と冬用タイヤの...
72Picks
宇宙ホテルの構想発表、27年のオープン目指す
CNN.co.jp
|
宇宙空間に浮かぶ巨大な車輪のようなホテルの建設構想が発表された。2025年打ち上げ、27年の本格オープンを目指す。
15Picks
自動運転車を支える部品メーカーの未来技術とは?
FUJITSU JOURNAL
|
次世代の自動車といえば、自動運転機能のみが注目される傾向が見られるが、実際にはそれ以外の部分でも、クルマのロボット化が進んでいる。 日本の住友ゴムやAGC、小糸製作所などが開発している新たなセンサー機能を持つスマートタイヤ/ヘッドライト/シート、ウィンドウアンテナも大きな役割を果たしていく。新たな技術潮流の中で生き残るために、関連産業も自らの製品のあり方を見直し、改革を推進しているのである。
13Picks
【インド】アポロタイヤ、新車市場低迷も投資を継続[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】アポロタイヤ、新車市場低迷も投資を継続[車両] インドのタイヤ大手アポロ・タイヤズは12日、新車市場の動向にかかわらず、投資を継続していく方針を明ら...
28Picks
「典型的で、最悪なケース」精神科医が法廷で語ったDVの“車輪構造”と児童虐待【目黒5歳児虐待死裁判・証人尋問①】
ハフポスト
|
「自分の責任を感じて出廷してます」と語った医師。「私たちが『助けてほしい』という言葉を、引き出すべきだった。これは、私は社会の責任だと思います」
22Picks
なんと時速490km! ブガッティが達成したスピード記録、陰のヒーローは「タイヤ」だった(動画あり)
WIRED.jp
|
なんと時速490km──。ブガッティが、このほど自動車のスピード記録を更新した。3億円超のハイパーカーである「シロン」に改良を施した試作車によるもので、これまでの最高記録を大幅に塗り替えたのだ。エンジンや空気抵抗、トランスミッションなどに手が加えられているが、その陰の立て役者ともいえるのが、ミシュランがつくった「5,300Gに耐えるタイヤ」だった。
108Picks
新たな燃費基準“油田から車輪まで”。未熟なEV、HVに再脚光
ニュースイッチ
|
自動車業界で勢いを増す「電動化」の潮流に変化が起きている。電気自動車(EV)の陰に隠れがちだったハイブリッド車(HV)が再び注目されてきた。トヨタ自動車は関連特許の開放を決め、中国政府は環境規制でH
タイヤ 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア