新着Pick
SPD04FQDM26GVXSE
産業用ランプ・光源
JPN

産業用ランプ・光源 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
その他電子部品・デバイス製造
>
産業用ランプ・光源
生産ライン、産業機械、プロジェクター等に組み込まれるランプ、光源を製造する企業群。自動車用のランプは本業界より除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
和敬塾はなぜ灘高出身者が多いのか、元IMF副専務理事が語る「自由」な風土 - 和敬塾と私
Diamond Online
|
「和敬塾」という珍しい男子学生寮がある。1955年、産業用冷凍機の国内シェアトップを走る前川製作所の創業者・前川喜作氏が都内を一望できる目白台の細川邸7000坪の土地を手に入れ、建設した。卒塾生は5000人を超え、現在も大学や出身地、国籍、宗教の異なるさまざまな学生が暮らしている。
4Picks
ファストリ、倉庫内自動化に向け日仏の2社と提携
産経ニュース
|
カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは13日、自社倉庫の自動化を国内外で推進するため、産業用ロボットの動作をAI(人工知能)を用いて制御するシステムの開発を手がけるMUJIN(ムジン、東京都)など日仏2社と、物流面で提携したと発表した。ファストリは昨年10月、保管・搬送システム最大手のダイフクと包括提携して倉庫の自動化に着手、今回の提携で世界各拠点での展開を加速させる。
10Picks
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
MONOist
|
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。
12Picks
物流最前線 MUJIN 物流倉庫自動化への挑戦
LNEWS
|
2011年にロボットコントローラメーカーとして創業したMUJIN。産業用ロボットに「知能」を与え、複雑なプログラミング作業を必要とせずにピッキングロボットを動作できる「MUJINコントローラ」は国内外
44Picks
ヘンテコな形の建物でもアルゴリズムで組み上げちゃうロボット
ギズモード・ジャパン
|
Image:ETHZürich/YouTubeモジュール合体で、100平方メートル超の床面積に2階建ても作れる!チューリッヒ工科大学が、スイスの不動産開発業者ERNEAGHolzbauと共同で、建物を産業用のロボット・アームであらかめじめ組み立ててしまう技術の研究をしています(いわゆるプレハブ工法ですね)。たくさんのロボットアームが木材を運び、電ノコなどの工具で削って建物のフレームを組み立てるので
10Picks
PolteがLTE信号によるデバイス追跡技術で約14億円を調達
TechCrunch Japan
|
Polte(ポルテ)は1250万ドル(約14億円)を追加で調達した。同社は、4G(将来的には5Gも)信号を利用して商業用や産業用の追跡サービスを構築している。その主な利点は、GPSで位置情報を取得し携帯通信で送信するよりも、携帯通信のみのほうがはるかに消費電力が少ない点だ。 米国時間10月11日の資金調達ラウンドは、PolteのシリーズAラウンドの延長である。2017年にPolteは600万...
12Picks
中国が引き金を引く電池部材の淘汰、それでも旭化成の首位揺るがず
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される自動車産業の大変革は、材料や部品にも変化を促す。旭化成の代表例は、電動車向けに需要の増えるリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材
10Picks
「5G」がもたらす製造業の革新 ボッシュ、デンソー、コマツ...
日経BizGate
|
製造業における「5G(ファイブジー、第5世代移動通信システム)」の活用用途としては、工場で稼働している工業機械の故障等の予測や検知、産業用ロボットの中央制御や協調作業、製造や配送工程におけるトレーサビリティ(原材料や部材の仕入先や販売先…
29Picks
減益の裏に見えるファナックの積極投資
LIMO
|
景気の先読みを行うための判断材料として、FA(ファクトリーオートメーション)関連企業の業績数字が用いられることが多い。FA関連企業の受注状況が、企業の設備投資動向、ひいては景気変動の変化点を示すことが多いためだ。特に、工作機械用CNC(コンピューター数値制御)で世界シェアトップを有し、産業用ロボットメーカーでも高シェアを有するファナック㈱(山梨県忍野村)の業績への関心が高いのだが、同社は7月...
14Picks
ATMの耐久テストを行なうロボット・アーム。もう他人が触った画面を触らないよう、全部これに任せたい
ギズモード・ジャパン
|
Image:ABBRobotics/YouTube身体が不自由な人でも、音声操作で代わりにやってくれたら便利。きっと皆さんは、どこかで家具や自動車の部品をテストするロボットを見たことがあるかと思います。彼らは商品が消費者の手に渡ってもすぐ壊れないことを確かめるべく、終わりのない作業を延々と繰り返します。このたび産業用ロボットメーカーとしての地位を固める多国籍企業ABB社が新しく公開した動画には、完
12Picks
工場セキュリティ概論~オフィスネットワークと産業用ネットワークの見えない壁~
www.secure-sketch.com
|
IoTの普及とともに工場セキュリティへの注目度が年々高まっています。制御機器やセンシング機器をつなぐ産業用ネットワークはセキュリティリスクが少ないと言われていましたが、いつまでも無関心でいられなくなりました。シリーズでお届けする「工場セキュリティ」、第1回の今回は工場セキュリティの必要性と対策推進の壁を解説します。
24Picks
秋葉原に3Dプリンタの体験型ショールームを開設
MONOist
|
DMM.comは、総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」内に産業用3Dプリンタのショールームを開設した。導入を検討中の法人向けに、3Dプリンタの出力設定や造形後の後加工工程を体験できるワークショップも実施する予定だ。
11Picks
圧力と温度データを簡単に収集できる産業用IoTセンサー「スシセンサー」第2弾
MONOist
|
横河電機は、産業用IoT向け無線ソリューション「Sushi Sensor」の第2弾となる、無線圧力センサーと無線温度センサーを用いた設備監視ソリューションを発売した。設備の点検工数を削減し、設備異常を早期に発見できる。
117Picks
「クモの糸」を超える「ミノムシの糸」がバイオエコノミーを加速する
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2018年12月、繊維、素材、医薬品などのヘルスケア商品などを製造・販売する興和株式会社と、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、共同研究により「ミノムシの糸」を産業用に…
199Picks
衛星通信用の地上アンテナをシェア、宇宙ベンチャーの狙い
ニュースイッチ
|
宇宙ビジネスをより身近に―。Infostellar(インフォステラ、東京都品川区、倉原直美最高経営責任者〈CEO〉)は、衛星通信用の地上アンテナのシェアリングサービスを手がける。農業や船舶、インフラ管理など、小型人工衛星の活躍が期待される産業は広いものの、地上アンテナの整備がネックの一つになってきた。そこでインフォステラがアンテナの空き時間をまとめて融通する。人工衛星と地上を結ぶ通信プラット...
201Picks
とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスとは!?
<PR>JBpress
|
[提供:アムニモ株式会社] コストやリスクなどを理由にIoTの活用に踏み切れていない…そんな悩みを抱える企業でも、とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスが登場!?中小企業こそ取り組むべき「...
103Picks
中国の産業用ロボット市場、2025年に1兆円の大台迫る
ニュースイッチ
|
富士経済(東京都中央区)は、中国の産業用ロボット市場が2025年に18年比2・7倍の9838億円に拡大するとの予測をまとめた。人手不足、人件費高騰、スマートフォンや自動車といった主要産業の需要好調などにより、中長期での堅調な市場拡大を予想。中でも組み立てや搬送系ロボットの大幅な伸びがけん引するとの見通しを示した。 19年は同11・3%増の4125億円を見込む。用途別では組み立てや搬送系のロボ...
28Picks
トヨタが走行中に充電できるソーラールーフ電気自動車をテストへ
TechCrunch Japan
|
トヨタは日本限定のプリウスPHVに用意されていた太陽電池の改良版を、シャープやNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共同でテストしている。このデモカーの太陽電池のプロトタイプは、従来の22.5%から大幅に改善された34%という効率で、太陽光を電力に変換できる。さらに既存モデルとは異なり、走行中に駆動用バッテリーが充電でき、走行距離を大幅に伸ばすことができる。 この新しいシステムは、...
36Picks
物流倉庫のロボット自動化を支援--アクセンチュアとMUJINが協業
ZDNet Japan
|
アクセンチュアは6月28日、産業ロボット向けの制御用ソフトを提供するMUJINと協業を開始したと発表した。物流領域のデジタル変革を進めるため、人工知能(AI)やロボットを活用したサービスを共同で開発、提供していく。
14Picks
「ロボット自身が状況を判断し動作する」MUJINとアクセンチュアが協業し物流設計を最適化
Ledge.ai
|
2019年6月28日、アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京にて経営コンサルティング大手アクセンチュア株式会社と産業用ロボットベンチャー株式会社MUJINの協業が発表された。 協業により、物流倉庫の最適化を経営層を含めた会社全体で取り組めるようにするのが狙いだ。 発表会には両社トップのアクセンチュア株式会社
産業用ランプ・光源 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
ベトナム
アメリカ合衆国