新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
29Picks
ムーディーズ、東芝を3段階引き上げ=半導体売却で財務改善
時事通信社
|
 大手格付け会社のムーディーズ・ジャパンは18日、東芝の長期格付けを「Caa1」から「B1」に3段階引き上げたと発表した。半導体子会社「東芝メモリ」を1日に売却したことで「財務基盤が著しく改善し...
38Picks
WDと東芝メモリ連合は「サムスン」に勝てるか
東洋経済オンライン
|
──東芝メモリの売却が完了しました。パートナーの経営が軌道に乗り、資金的にも安定するのは、われわれにとっても喜ばしいことだ。──WDと東芝、東芝メモリの関係をあらためて教えてください。半導体の前工程で…
279Picks
東芝:初の自社株買い実施、7000億円規模-アクティビストが要望
Bloomberg
|
東芝は13日、7000億円程度の規模で自社株買いを行う方針を決定したと発表した。実施時期や手法など詳細は今後詰める。6月1日に半導体子会社「東芝メモリ」の売却を完了し、9700億円の売却益を得たことから、早期の株主還元を行うと表明していた。東芝としては初めての自社株買いとなる。
13Picks
2018年の世界半導体市場、2年連続の2桁成長へ
EE Times Japan
|
2018年の世界半導体市場は、ドルベースで前年比12.4%増となる見通しだ。メモリの高成長などにより、2年連続の2桁成長を見込む。WSTSが発表した。
11Picks
半導体日本「最後の砦」 東芝の落城 - 大鹿靖明
WEBRONZA(ウェブロンザ)
|
大容量化に成功した東芝 日本の半導体業界「最後の砦」である東芝の半導体子会社「東芝メモリ」が、米ベインキャピタルなど日米韓連合に売却され、議決権の49.9%を外資に握られることになった。 日本の半導体
10Picks
東芝メモリと米ベインキャピタルが会見(全文1)数年後、東証上場が目標
THE PAGE
|
東芝が売却した半導体会社「東芝メモリ」と米投資ファンド「ベインキャピタル」が4日午後1時から都内で記者会見を開いた。東芝メモリから成毛康雄社長、ベインキャピタルから杉本勇次日本代表が出席した。 ※【...
15Picks
「半導体メモリー」なき東芝のメリット
ニュースイッチ
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」(東京都港区)が独立する。同社売却で最後の関門だった中国の独占禁止法審査が承認され、6月1日をめどに手続きが完了する。年数千億円の営業利益を稼ぎ出すメモリー事
307Picks
【迫真】ついに決定。東芝、半導体売却の知られざる「5月危機」
NewsPicks編集部
|
迷走に次ぐ迷走を続けていた東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却問題が、ついに決着した。東芝メモリをめぐっては、東芝再建に必要な資金を捻出するために売却を決めていたが、世界8つの国と地域で独占禁...
333Picks
東芝 半導体子会社の売却を中国が承認 日米韓連合に売却へ
NHKニュース
|
東芝が経営再建に向けて決めた半導体子会社「東芝メモリ」の売却の懸案となっていた中国の独占禁止法の審査について、中国当局か…
12Picks
最先端3D NANDフラッシュに隠されていた事実 ~国際メモリワークショップ(IMW)2018レポート
PC Watch
|
半導体メモリ技術の研究開発に関する国際学会「国際メモリワークショップ(2018 IEEE 10th International Memory Workshop(IMW 2018))」のメインイベントであるテクニカルカンファレンス(技術講演会)が、5月14日にはじまった。会場は、京都府京都市の「ウェスティン都ホテル京都」である。
12Picks
「東芝メモリ」売却中止を検討。IPOも選択肢に
ニュースイッチ
|
東芝による半導体メモリー子会社、東芝メモリ(東京都港区)の売却について、中国の独占禁止法の審査期限まで2週間を切った。東芝は「売却前提」の姿勢を変えないが、水面下では主力取引銀行なども含め、東芝メモ
379Picks
東芝メモリ:売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ
毎日新聞
|
東芝は、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を米ファンドなどに売却する計画について、5月末までに独占禁止法の審査で中国当局の承認が得られなければ売却を中止する方針を固めた。既に債務超過を解消しており、売却の必要性は乏しいと判断した。中止の場合、必要な設備投資資金を確保するため東芝メモリの新規株式公開
10Picks
半導体メーカーの世界ランキング:サムスンが初のインテル超え、東芝はどうなるのか
ビジネス+IT
|
これまで米国勢が牛耳ってきた半導体産業。ところが、汎用メモリを足がかりに韓国勢が台頭、ついにサムソン電子がインテルから首位の座を奪った。さらに、「量で勝負」の汎用メモリの市場は、新興国メーカーも虎視眈々と狙っている。先進国メーカーも「質で勝負」できる技術力を身につけなければ、総崩れとなるリスクがある。日本勢は東芝が経営危機に陥るなど、旗色がさえない状況だ。だが、経営再建を終えた「あの企業」が...
15Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 半導体ブームは西へ ~米国、日本、韓国、台湾そして中国
PC Watch
|
その昔、半導体業界では「半導体ブームの中心は時間の経過とともに西へ動く」という俗説が吹聴されたことがあった。筆者の記憶では、半導体ブームが韓国で勃興し、日本の半導体メモリ産業が脅かされてきた1990年前後に、初めて聞かされた。
85Picks
半導体売却、契約解除は想定せず=車谷・東芝CEO
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - 東芝<6502.T>の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は3日、報道各社の共同インタビューで、3月末までに半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却が完了しなかったことで、契約を解除できる権利が発生したことについて、基本的には権利行使せず、早期の売却完了を目指していく姿勢をあらためて示した。
35Picks
NANDフラッシュメモリ市場は今後どうなる? IHSマークイット南川氏が最新動向を展望
ビジネス+IT
|
スマートフォンなどの普及により、今やなくてはならない存在となった「NANDフラッシュメモリ」。IHSマークイットの調査によれば、2017年の同市場はスマートフォンやSSDの成長により、金額ベースで前年比40%以上の急成長を遂げたという。今後もこの成長は続くのだろうか? 半導体分野に詳しい同社の主席アナリスト 南川 明氏が世界を取り巻くデジタルメガトレンドの現状からNANDフラッシュメモリ市場...
35Picks
東芝メモリ売却が4月以降に…期限の23日までに中国の独禁法審査通過せず 「何が起こるか分からない」
産経ニュース
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却が当初予定した3月末に完了せず、4月以降に持ち越される可能性が高まった。売却契約では平成29年度中の売却完了には3月23日までに各国当局の独占禁止法審査を通過する取り決めだが、中国当局からの承認が下りなかった。東芝は「3月末の完了をまだ諦めていない」というものの、極めて厳しい情勢だ。今後、株主から売却撤回を求める意見が強まり、波乱含みの展開になる...
17Picks
サムスン「西安工場」の弱点をつけ!東芝メモリ、3Dメモリーの増産戦略
ニュースイッチ
|
東芝の半導体子会社の東芝メモリは、2022年度までの5年間で先進の3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー工場を最大2棟追加建設し、4棟稼働させる。市場が想定通りに拡大すれば、建設計画を進めている
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール