新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
エルピーダ坂本元社長に聞く、中国紫光集団の副総裁オファーを受けた理由 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
中国半導体大手の紫光集団が11月15日、日本最後のDRAM半導体メーカー・エルピーダメモリ(2013年に米マイクロン・テクノロジーが買収)の元社長・坂本幸雄氏(72歳)を高級副総裁に起用すると発表した。デリケートな国際情勢が続く中、あえて中国のオファーを受けた意図を、坂本氏に聞いた。
13Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 パワーデバイスで健闘する日本の半導体企業
PC Watch
|
日本に大手の半導体企業(半導体メーカー)はほとんど残っていない。そのように考えられる向きが少なくない。半導体メモリメーカーの繁栄と没落の記憶が、未だに強く刻まれているからだろう。とくにDRAMメーカーは1980年代に隆盛を誇っていたにも関わらず、2000年代には崖っぷちに追い込まれた。2000年代に日本のDRAMメーカーはエルピーダメモリ1社となり、そして倒産し、Micron Technol...
22Picks
半導体装置市場、報じられない地殻変動…カギ握る台湾TSMCの動向、中国市場の挙動不審
ビジネスジャーナル
|
2015年以降、メモリ市場が爆発的に成長するとともに、それまで最大規模を誇っていた露光装置市場は、ドライエッチング装置市場に1位の座を奪われた(拙著記事『米中・日韓貿易戦争で、中国・韓国勢が躍進の兆し…半導体製造装置市場で』、2019年10月15日)。
11Picks
半導体・枚葉式洗浄装置市場、凄まじい韓国勢の成長 出荷台数でスクリーンを抜いた韓国SEMES
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
半導体の洗浄装置市場で、2015年から2018年にかけてメモリ市場が爆発的に成長するに伴い、韓国SEMESが飛躍的に成長した。
11Picks
ようやく回復期に入った半導体市場 ―― 問われる次への戦略
EE Times Japan
|
2019年9月末に発表されたWSTS(世界半導体市場統計)によれば、2019年8月の世界半導体市場規模は前年同期比15.7%減の354億米ドル。このうちメモリ市場規模は同39.6%減の93億米ドルであった。この低迷ぶりは2019年7月の実績とほぼ同レベルで、数字の上ではまだまだ厳しい状況が続いているわけだ。しかし、筆者としては「ようやく回復期に入ったのではないか」と今後の見通しを予想している...
11Picks
【台湾】東芝メモリHD、光宝科技のSSD事業買収[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【台湾】東芝メモリHD、光宝科技のSSD事業買収[IT] 半導体大手の東芝メモリホールディングスは8月30日、台湾電子部品大手の光宝科技(ライトン・テクノロジ...
13Picks
ハイテク敗戦の鬼子「米マイクロン」が高笑い
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
半導体メモリー大手の米マイクロンテクノロジーが6月、広島工場において10年ぶりとなる新棟を披露した。 サンジェイ・メロートラCEOは、「我々は半導体業界で世界4番手にまで成長した。今後数年間に数十億ドル規模の投資を行う」と意気軒昂。地元経済を潤すけっこうなハナシに聞こえるが、実は「ハイテク敗戦」の鬼子だ。血税を投じて育てた虎の子「エルピーダメモリ」を競争相手に叩き売らざるを得なくした経済産業...
84Picks
東芝メモリ、年内上場断念へ 米中摩擦で市況悪化
共同通信
|
東芝メモリ、年内上場断念へ 大手半導体メーカーの東芝メモリホールディングス(HD)が、年内に予定していた東京証券取引所第1部への...
18Picks
任天堂スーファミミニの分解でわかった「ムーアの法則」と製品寿命の関係 - 変化し続ける街 知られざる深セン
Diamond Online
|
半導体の集積度が18ヵ月ごとに倍増することで、プロセッサやメモリ等半導体製品の価格低下・性能向上をもたらす「ムーアの法則」。電子機器の製品開発でも、専用のマイコン設計を必要とした少品種大ロット生産から、汎用のマイコンチップにソフト面で差別化する多品種少量に時代は変わってきている。製品分解と半導体から見える製品の背景とは。
29Picks
メモリ不況の夜明けは近い、市場動向から見たDRAMとNANDの挙動
EE Times Japan
|
世界半導体市場統計(WSTS)のデータを用いて市場動向をグラフにしてみたところ、両者の挙動が大きく異なることを発見した。本稿では、その挙動を示すとともに、その理由を考察する。その上で、二つのメモリ市場の未来を展望する。
51Picks
東芝メモリ、1.3兆円調達へ 財務基盤強化、政策投資銀など
共同通信
|
東芝メモリ、1.3兆円調達へ 半導体大手の東芝メモリホールディングス(東京)は31日、日本政策投資銀行とメガバンク3行から合計で1...
842Picks
【完全解説】教養としての、日本の半導体「栄枯盛衰」の歴史
NewsPicks編集部
|
連日、報道が続く「東芝メモリ」の売却報道。このニュースをより深く理解するためには、東芝の不正会計だけではなく、かつて世界を席巻した「日の丸半導体」の歴史を知ることが重要だ。IoT時代で、半導体が...
15Picks
東芝が復活を賭ける「地味な稼ぎ頭」の正体
東洋経済オンライン
|
同じ東芝の半導体事業で、業績の明暗が大きく分かれている。東芝は2018年6月に、虎の子だった半導体メモリ事業「東芝メモリ」を売却した。当時は東芝の営業利益の大半を占めており、反対の声も少なくなかったが、…
40Picks
東芝とルネサスの半導体はそっくり(津田建二)
Yahoo!ニュース 個人
|
これまで、東芝はNANDフラッシュで躍進を遂げてきた。このためNANDフラッシュ以外の事業は陰に隠れて見えなかった。ところが、NANDフラッシュを切り出したためメモリ以外の半導体が浮き上がってきた。
588Picks
日本の技術は負けていないという思考停止
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
日本の半導体はソニーのイメージセンサー、東芝のフラッシュメモリなど数少ない勝ち組を除いては、総崩れになりました。 特に酷い状態なのがシステムLSI。日立、三菱電機、NECの半導体をスピンオフして作られたルネサスエレクトロニクスは業績悪化によって、社内の半数近くもがリストラされる状況に追い込まれました。 東芝でも不適切会計の舞台になったように、システムLSI事業は不採算だったようで、これからリ...
378Picks
東芝メモリ:売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ
毎日新聞
|
東芝は、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を米ファンドなどに売却する計画について、5月末までに独占禁止法の審査で中国当局の承認が得られなければ売却を中止する方針を固めた。既に債務超過を解消しており、売却の必要性は乏しいと判断した。中止の場合、必要な設備投資資金を確保するため東芝メモリの新規株式公開
344Picks
【解説①】なぜ東芝は、「赤字の元凶」原発事業を売らないのか
NewsPicks編集部
|
「稼ぎ頭のメモリ半導体が切り離されて、一番の爆弾である原発事業が残るというのも、グッドとバッドが逆になっていて、酷い話ですよね」ある電機メーカーの幹部は、東芝の現状を見てこう指摘する。確かに、2...
333Picks
東芝 半導体子会社の売却を中国が承認 日米韓連合に売却へ
NHKニュース
|
東芝が経営再建に向けて決めた半導体子会社「東芝メモリ」の売却の懸案となっていた中国の独占禁止法の審査について、中国当局か…
310Picks
【迫真】ついに決定。東芝、半導体売却の知られざる「5月危機」
NewsPicks編集部
|
迷走に次ぐ迷走を続けていた東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却問題が、ついに決着した。東芝メモリをめぐっては、東芝再建に必要な資金を捻出するために売却を決めていたが、世界8つの国と地域で独占禁...
55Picks
東芝メモリ、今夏にも上場申請 売上高の目標は2兆円超
朝日新聞デジタル
|
東芝から昨年6月に独立した半導体大手の東芝メモリが、今夏にも東京証券取引所に上場を申請する方針を固めた。最速で年内の上場をめざす。2017年秋に掲げた「3年後の株式上場」の前倒しを検討していたが、半…
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール