新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
67Picks
東芝、上期業績予想を上方修正 半導体メモリ−市況好調
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - 東芝<6502.T>は28日、2016年4—9月期の連結業績予想(米国基準)を上方修正した。スマートフォン用の需要増などによって、主力の半導体フラッシュメモリーの市況が想定を上回る好調だったことが背景。従来、300億円と見込んでいた営業利益は700億円に引き上げた。
49Picks
ビッグデータ時代到来、恩恵は斑模様の半導体業界 爆発する半導体メモリ市場と製造装置市場(前編)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
本格的なビッグデータ時代が到来した。半導体の種類ごとの月額売上高をグラフにしてみると、2016年以降、メモリ市場が、ほぼ垂直に立ち上がっている。
25Picks
高層化の継続で、製造コストを爆下げする3D NANDフラッシュ
EE Times Japan
|
今回からは、半導体メモリのアナリストであるMark Webb氏の「Flash Memory Technologies and Costs Through 2025(フラッシュメモリの技術とコストを2025年まで展望する)」と題する講演の概要をご紹介する。
24Picks
DRAMとNANDフラッシュのベンダー別シェア
EE Times Japan
|
2018年に開催された「フラッシュメモリサミット」では、さまざまな講演が行われた。今回から始まるシリーズでは、半導体メモリ市場を分析した講演「Flash Market Update 2018」の内容を紹介する。
24Picks
東芝が倒産する日~「日本経済史上最大級の惨事」はいつ起こるのか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
原発事業の失敗で膨らみ続ける巨額の借金返済のために、虎の子の半導体メモリ事業を売却し、「解体」の道を突き進む東芝。だが、ジャーナリスト・大西康之氏は「この売却がスムーズにいくとはとても思えない」と懸念する。電機業界を30年近くにわたって取材し、新刊『東芝解体 電機メーカーが消える日』を上梓した同氏の分析とは──。
22Picks
半導体、メモリバブルに浮かれてはダメだ(津田建二)
Yahoo!ニュース 個人
|
半導体産業は2017年、メモリが61%成長した。他の半導体は10%しか成長しなかった。メモリは半導体産業の25%程度を占める。このためメモリの売上額がその市場を大きく左右した。
20Picks
2016年Q2のNANDフラッシュ売上高は前四半期比で3.4%の増加 - DRAMeXchange
マイナビニュース
|
市場動向調査企業であるTrendForceの半導体メモリ市場調査部門DRAMeXchangeは9月13日付け(台湾時間)で、2016年第2四半期(4~6月期)におけるNAND型フラッシュメモリの売上高ランキングおよび各社の同分野におけるビジネス・技術動向調査結果を発表した。
17Picks
東芝、「ドル箱」メモリ事業売却→巨額売却益をすべてハゲタカファンドにむしり取られる
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
東芝の2018年4~6月期の連結純利益(米国会計基準)は1兆167億円で、前年同期の503億円から急増し、4~6月期としては過去最高となった。 半導体メモリ子…
16Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 パワーデバイスで健闘する日本の半導体企業
PC Watch
|
日本に大手の半導体企業(半導体メーカー)はほとんど残っていない。そのように考えられる向きが少なくない。半導体メモリメーカーの繁栄と没落の記憶が、未だに強く刻まれているからだろう。とくにDRAMメーカーは1980年代に隆盛を誇っていたにも関わらず、2000年代には崖っぷちに追い込まれた。2000年代に日本のDRAMメーカーはエルピーダメモリ1社となり、そして倒産し、Micron Technol...
16Picks
「情けない東芝」を著名投資家アインホーン氏が買ったワケ
ZUU Online|経済金融メディア
|
東芝 <6502> は、米原子力事業における巨額損失など一連の企業統治失敗から、2017年3月期決算では当期利益が9500億円の赤字、株主資本が5400億円のマイナスに陥った。しかも決算に監査法人の承認が得られないなど、上場企業としての体をなさなくなっている。 来る8月には東証1部から東証2部への降格が決定しており、現在難航している半導体メモリ事業の売却が成立しなければ、2018年3月期に2...
15Picks
東芝、米WDと訴訟合戦から「和解」した舞台裏
東洋経済オンライン
|
すったもんだの末、元のサヤに収まった。いや正確にはまったく同じサヤではないが、とにかく一件落着だ。半導体メモリ事業の売却をめぐって訴訟合戦となっていた東芝と米ウエスタンデジタル(WD)が、12月13日に和…
15Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 半導体ブームは西へ ~米国、日本、韓国、台湾そして中国
PC Watch
|
その昔、半導体業界では「半導体ブームの中心は時間の経過とともに西へ動く」という俗説が吹聴されたことがあった。筆者の記憶では、半導体ブームが韓国で勃興し、日本の半導体メモリ産業が脅かされてきた1990年前後に、初めて聞かされた。
15Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 半導体メモリ大手3社の業績が急速に悪化
PC Watch
|
半導体メモリの大手メーカー3社、すなわちSamsung Electronics、SK Hynix、Micron Technologyの業績が急速に悪化しつつある。大手3社の半導体事業における四半期ごとの業績は、昨年(2018年)の初めから夏にかけては、一昨年(2017年)に続いて売上高と営業利益が伸びていた。過去最高の売上高と、過去最高の営業利益を更新し続けてきた。
14Picks
SK HynixがBoschへの車載半導体メモリの長期供給で交渉、韓国メディア報道
TECH+
|
SK Hynixが、自動車部品サプライヤ大手のRobert Boschに車載DRAMを10年以上の長期にわたって供給する契約交渉が最終段階に入っていると複数の韓国メディアが報じている。
14Picks
東芝が復活を賭ける「地味な稼ぎ頭」の正体
東洋経済オンライン
|
同じ東芝の半導体事業で、業績の明暗が大きく分かれている。東芝は2018年6月に、虎の子だった半導体メモリ事業「東芝メモリ」を売却した。当時は東芝の営業利益の大半を占めており、反対の声も少なくなかったが、…
14Picks
世界の工場・中国、なぜ技術者が育たない?判断要する開発やチームワークが無理、サボる
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
サイノキングテクノロジー設立  日本で唯一のDRAM(半導体メモリ)メーカーだったエルピーダメモリは、2012年2月に経営破綻した。そのときCEO(最高経営責…
13Picks
キオクシア、時価総額「2兆円上場」に潜む死角
東洋経済オンライン
|
東芝を救った巨大事業は「独り立ち」できるのか。半導体メモリ大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が10月6日に東京証券取引所に上場する。上場後の株式時価総額は約2兆1300億円にな…
13Picks
中国の半導体メモリ製造戦略は今後どうなる? - TrendForce
マイナビニュース
|
台湾の市場動向調査企業TrendForceは12月21日、中国半導体産業の分析レポートを発行し、その中で、国策で半導体、とりわけメモリの国産化に乗りだしていると報じた。
12Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 富士通が米社と共同開発する次世代メモリの恐るべき正体(後編)
PC Watch
|
カーボンナノチューブ(Carbon Nanotube: CNT)を記憶材料とする次世代の不揮発性メモリ「NRAM(nanotube RAM)」。富士通セミコンダクターと生産子会社の三重富士通セミコンダクターが半導体メモリ技術を、米国のNRAM開発ベンチャーNanteroがカーボンナノチューブ(CNT)技術を提供することで、半導体製品を共同開発すると3社が8月31日に発表した(既報)。
12Picks
最先端3D NANDフラッシュに隠されていた事実 ~国際メモリワークショップ(IMW)2018レポート
PC Watch
|
半導体メモリ技術の研究開発に関する国際学会「国際メモリワークショップ(2018 IEEE 10th International Memory Workshop(IMW 2018))」のメインイベントであるテクニカルカンファレンス(技術講演会)が、5月14日にはじまった。会場は、京都府京都市の「ウェスティン都ホテル京都」である。
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール