新着Pick
SPD3VEUOQ9GOPC1S

BlackRock Inc

ブラックロック(BlackRock Inc.、ニューヨーク証券取引所: BLK)は、世界最大の、資産運用会社であり、シャドー・バンキング・システムである。2014年末、政府系基金協会(Sovereign Wealth Fund Institute)が、ブラックロックの運用下にある資産の65%は機関投資家由来であると報告した。 ウィキペディア
55 East 52nd Street New York New York United States
+1 212 810-5300
詳細を見る
概要
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、中近東を含む世界24カ国にて拠点を構え11,400名超の社員を擁している(2011年現在)。ブラックロックのリーダーは2018年3月現在もローレンス・フィンクであるが、ブラックロックの創業者は主要株主の地位を世界金融危機までに交代している。世界不況と関係なくブラックロックの業績は伸び続けた。ブラックロックジャパンは2015年から会長として井澤吉幸(元三井物産代表取締役、元ゆうちょ銀行社長)が、2017年から社長として有田浩之がそれぞれ就任している。

運用資産は株式、債券、キャッシュ、オルタナティブ、不動産、アドバイザリー戦略と多岐にわたる。その運用資産総額は世界のGDP合計(75兆ドル)の約6%(4.6兆ドル、日本円で約500兆円)にのぼる(2015年時点)。独立ユニットであるブラックロック・ソリューションズ®︎を通じ、リスクマネジメント・テクノロジー(Aladdin®︎) 及びアドバイザリーを機関投資家へ提供する。

主要株主の支配率は2007年時点で、メリルリンチ(バンク・オブ・アメリカの子会社)が34.1%、PNC(第二合衆国銀行の後身)が24.6%、バークレイズが19.9%である。数値は2011年スイス連邦工科大学が行った調査により明らかとなった。そこではオービス(Orbis)というデータバンクが保有する2007年のデータが利用された。大手多国籍企業43000社を調査の対象とし、うちブラックロックをふくむ1318社が全対象企業の80%を支配していることが判明した。総体として株式の持ち合いが行われているという。スチュワードシップ・コードの実効性に大きな疑問を投げかける結果となった。
代表者
Laurence Douglas Fink (Chief Executive Officer,Chairman),Robert Steven Kapito (President)
設立年月日
2006
従業員数
16,100 人
上場年月日
1999-10-01
上場市場
ニューヨーク証券取引所,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(ADR),スイス証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
ft.com: «BlackRock’s black box: the tech hub of modern finance»
Newstral
|
«News, analysis and comment from the Financial Times, the worldʼs leading global business publication»
896Picks
【必見】巨大ファンドが決めた「投資撤退」の衝撃
NewsPicks編集部
|
世界トップのファンドの動きは、投資マネーと気候変動が、切っても切り離せない時代だという現実を浮き彫りにした。今年1月、世界最大手の運用会社、米ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、顧客等に送...
46Picks
ブラックロックの環境重視ETFに660億円超が流入、7日に取引開始
Bloomberg.com
|
気候変動問題重視を打ち出した米資産運用会社ブラックロックは、環境、社会、ガバナンス(ESG)を焦点とした上場投資信託(ETF)に大量の資金が流入した。
36Picks
ブラックロックが投資再配分の方針、気候変動対策の強化求める
Reuters
|
[ロンドン 14日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は出資先企業のCEOに宛てた年次書簡で、各社の取締役会は気候変動問題への取り組みを強化しなければさらに投資家の怒りを買うことになると警告した。投資家は持続不可能な事業慣行によって将来、自身の資産が減ってしまうのではないかと懸念していると指摘した。
88Picks
ブラックロック、アルゼンチンの100年債投資で痛手か-相場急落
Bloomberg.com
|
ブラックロックは今から98年後に償還を迎えるアルゼンチン国債への投資で今週痛手を被った。アルゼンチンの100年債が記録的安値を付けたからだ。
550Picks
世界最大級のブラックロック、リベラルアーツの学生採用を拡大へ —— 変わる金融機関の人材戦略
Business Insider Japan
|
かつては最も権威あるビジネススクールの出身者だけを雇用するのが、ウォール街のトップ企業の慣行だった。しかし、今は違う。ウォール街のデジタル化が金融...
97Picks
ゆうちょ銀を変身させた超低金利時代、今や外債運用の新たなクジラ
Bloomberg.com
|
長引く超低金利時代は金融の世界を意外な形に変えた。例えば、世界の債券市場の主要プレーヤーとして、われわれが通常思い浮かべるのはパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)やブラックロック、バンガードなど資産運用業界の巨人だが、これに日本のゆうちょ銀行が加わったら、どうだろうか。
124Picks
インタビュー:AI投資「6勝4敗でいい」=ブラックロック入山氏
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - ブラックロック・ジャパンの株式戦略部長、入山千恵子氏は、ビッグデータやAI(人工知能)を使った資産運用について「6勝4敗でいい」と話す。
122Picks
AIやロボティクス関連投資の流行、ブラックロックが新しいETFを開始
Bloomberg
|
ロボティクス関連株や人工知能(AI)関連株に連動する大規模ファンドは、ここ数カ月大量の資金を失っている。それでも、このブームに乗ろうとする運用会社の動きは止まらないようだ。ブラックロックは6月2...
114Picks
企業の四半期業績見通し公表は取りやめを-ブラックロックCEO
www.bloomberg.co.jp
|
世界最大の資産運用会社、米ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、主要企業の経営者に対し、四半期業績見通しの公表を取りやめて長期目標を一段と重視するよう呼び掛けた。
111Picks
日本株は「売られ過ぎ」、米ブラックロックが指摘
Reuters
|
[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロック<BLK.N>のグローバル最高投資ストラテジスト、ラス・コーステリッチ氏は12日のCNBCテレビで、日本株は割安で金融市場の中で「明らかに最も売られ過ぎの状態にある」と語った。
95Picks
科学的アクティブ株式運用、市場上回る成績=ブラックロック
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 世界最大の資産運用会社ブラックロック<BLK.N>で科学的アクティブ株式運用部門(SAE)を率いるジェフ・シェン共同責任者は、ビッグデータや人工知能を活用した投資戦略で運用する資産の9割が、1年、3年、5年、10年の各タームでベンチマークを上回るリターンを上げていると明らかにした。11日実施したロイターとのインタビューで語った。
75Picks
ブラックロック、ロボット運用でアクティブ株式ETFに参入へ
Bloomberg
|
(Bloomberg) --世界最大の資産運用会社ブラックロックの上場投資信託(ETF)事業が変身を遂げつつある。その鍵は、ロボットだ。
74Picks
ブラックロックが無制限の休暇導入-人材確保でシリコンバレーに倣う
Bloomberg
|
(Bloomberg) --世界最大の資産運用会社である米ブラックロックは社内ジムや卓球台が一般的な特典として普及しているシリコンバレーに倣い、無制限の休暇を社員が取得できる制度を導入した。
74Picks
資産運用業界は再編へ、パッシブ優位に-ブラックロックのフィンク氏
Bloomberg
|
(Bloomberg) --世界最大の資産運用会社である米ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、資産運用会社がベンチマークを上回るリターンを思うように実現できず、米労働省の新たな規則もパッシブ戦略に有利に働く状況で、業界再編が今後起きると予想した。
71Picks
再び暴落なら保険業界に金融危機よりひどい打撃-ブラックロック (1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) -- 2008年の金融危機で手ひどい損失を被った保険業界が、再び市場の暴落に見舞われたらどうなるか。世界最大の資産運用会社である米ブラックロックが、同業界による5兆ドル(約545兆円)相当の米国投資を検証した結果、当時よりもひどい打撃を受けるという答えが導き出された。
70Picks
ブラックロック:18年は日本株優位、収益体質が良化-PER割安感も
Bloomberg.com
|
世界最大の資産運用会社であるブラックロックは日本株に対する強気を維持し、2018年はグローバル比較で優位性があると予想した。世界景気の回復や国内のデフレ脱却期待などマクロ環境の良さに加え、ミクロでも企業収益の体質強化が着実に進んでいるとみるためだ。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ