新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3T9ZGNWT7L0FH

株式会社トーハン

株式会社トーハン(英語: TOHAN Corporation)は、東京都新宿区に本社を置く、出版物専門商社。 ウィキペディア
東京都新宿区東五軒町6-24
詳細を見る
概要
1949年、日本出版配給株式会社を前身に東京出版販売として創業。以後出版物流通・取次の分野ではコンピュータシステム・オンラインシステムの導入など、革新的なシステムを真っ先に取り入れるなど業界の最先端を進んでおり、出版物取次においては日本出版販売(日販)と共に2大大手として知られている。1992年、CIを導入し現社名となった。

セブン&アイ・ホールディングスとの関わりが深く(セブン&アイ・ホールディングスのCEOを務めた鈴木敏文はトーハン出身者で2015年現在トーハンの役員でもある)、セブンイレブンで扱われる雑誌・書籍はトーハンから配送されるものである。また、イー・ショッピング・ブックス(現・セブンネットショッピング)に関しては出資者の一つであるとともに、物流・在庫を一手に取り仕切っている。

出版流通改革を目指す「桶川計画」を発表、2005年には埼玉県桶川市に世界最大級の書籍物流施設、「トーハン桶川SCMセンター」を開設した。

独自の中小書店支援の取り組みとして、注文した商品を書店の店頭で受け取れるオンライン書店のe-honや、客注商品の速配サービスであるブックライナーを運営している。また、2009年3月よりe-hon連携サイトとしてMedical e-hon(医療従事者向け電子書籍サイト)を開始した。

いくつかの出版社が分野別に「図書目録刊行会」を結成して分野別図書目録を発行しているが、その事務所はトーハン内にある。

フランスで毎年行われているJapan Expoのオフィシャルパートナーであり、日本企業の出展窓口を務め、また会場の設営・管理に当たっている。
代表者
藤井武彦(代表取締役社長)
設立年月日
1949-09-19
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
119Picks
出版取り次ぎ大手の日販とトーハン 発送業務などで協業へ
NHKニュース
|
長年のライバルだった出版取り次ぎ大手の日本出版販売とトーハン。出版をめぐる厳しい経営環境の中、あえて手を組み、新刊の書籍…
32Picks
上半期のベストセラー1位は人気漫画「鬼滅の刃」の小説版
産経ニュース
|
出版取次大手の日販とトーハンは29日付で、今年上半期(令和元年11月24日~2年5月23日)のベストセラーを発表した。日販の集計では、吾峠呼世晴さんによる人気漫…
30Picks
年間ベストセラー総合1位は樹木希林さんの「一切なりゆき」 あらゆる世代から支持
産経ニュース
|
出版取次大手のトーハンと日販は29日付で、今年の書籍年間ベストセラー(集計期間・平成30年11月25日~令和元年11月23日)を発表した。令和となって初の総合1…
23Picks
出版取次の日販とトーハンが物流協業に向けた検討を開始 流通の抜本改革なるか
財経新聞
|
日本出版販売(日販)とトーハンが協業へと向かうかもしれない。
14Picks
日本データサイエンス研究所、創業1年で累計調達額4.4億円──週間AI業界資金調達ニュース
Ledge.ai
|
Ledge.aiでは、AI業界の資金調達ニュースを毎週金曜日にお届けする。7月15日〜19日のニュースは以下の通り。 日本データサイエンス研究所、駿河台学園とトーハンから第三者割当増資を実施 調達額 1.4億円 調達先 学校法人駿河台学園 株式会社トーハン 日本データサイエンス研究所(JDSC)は教育、物流最
14Picks
GWに読みたい2000年代 “ビジネス書”ベストセラーコレクション
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
平成が終わり令和がはじまったこの時期に、過去トレンドとなった知識を身につけて、新時代への足がかりにしてはいかがだろう。そこで今回は、トーハンが発表している2000年~2018年代のビジネス書ランキ…
12Picks
xR技術活用バーチャルライブのLATEGRAが小学館、Bilibili、トーハンから資金調達
TechCrunch Japan
|
ライブエンターテイメントをxRや最新デジタル技術で拡張するLATEGRA(ラテグラ)は7月17日、第三者割当増資による資金調達の実施を発表した。調達額は非公開。引受先は小学館、Bilibili(ビリビリ)、トーハン。 今回調達した資金は、独自のライブエンターテイメント制作基盤ソリューション「LATEGRA engine.」の国内外における拡大展開、新規事業となるバーチャル空間上のライブエンタ...
8Picks
メディアドゥとトーハン、NFTを活用した「デジタル付録」を全国の書店で展開へ 書店の来店者・売上増による出版業界全体の活性化を目指す
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社メディアドゥと出版取次大手の株式会社トーハンは、業務提携の目的である全国書店の活性化を実現するために、ブロックチェーン技術を基盤とするNFT(非代替性トークン)を活用した「デジタル付録」...
8Picks
日販とトーハン、協業で合意 危機感あらわ、「出版流通網維持、従来のままでは不可能」
ITmedia NEWS
|
日本出版販売とトーハンは、雑誌や書籍の返品処理などについて協業を行うことで合意したと発表した。出版物の売り上げが激減する一方、物流費が高騰するなど業界が厳しさを増す中、「もはや従来の構造のまま出版流通ネットワークを維持することは不可能な状況」とし、協業によって効率化を進める。
8Picks
「AI書店員」が本をお薦め、ディープラーニングで表情分析 トーハンがAIに取り組むワケ
ITmedia NEWS
|
Webカメラの映像から、認識した人物の性別、年代、表情を分析して本をお薦めするAI書店員「ミームさん」を体験。トーハンに開発の狙いを聞いた。
7Picks
電子と紙の出版取次大手、メディアドゥとトーハンが資本業務提携
株式会社メディアドゥ
|
最先端テクノロジーと業界における稀有なポジションを活かし、電子書籍を中心としたデジタルコンテンツを世に広め、出版市場全体の拡大に最大限貢献することを目指しています。それにより、コンテンツが世に生み出され続ける“創造サイクル”を実現し、人々をコンテンツの力で豊かにしていきたいと考えています。
6Picks
メディアドゥ、トーハンと資本業務提携 出版業界向けのDXを推進 電子と紙の統合的マーケティングデータの提供も
Social Game Info
|
メディアドゥ<3678>は、3月25日、トーハンと資本業務提携を行うことを発表した。資本提携については、メディアドゥが第三者割当によって発行した新株をトーハンが取得することで発行済株式の3.09%を保有し、第8位の株主となる一方、その第三者割当による調達資金の全額でトーハンが第三者割当によって発行した新株をメディアドゥが取得し、発行済株式の5.56%を保有する。また、両社はこの提携により、メ...
6Picks
日販とトーハン、物流協業へ 出版市場縮小・物流費の高騰受け
ITmedia NEWS
|
出版取次最大手の日本出版販売と2位のトーハンは、両社の物流拠点の相互利用や統廃合など、物流協業の検討を始めることで基本合意した。
6Picks
日販・トーハン、物流拠点を相互活用へ ピークから売上半減、単独展開の効率悪化
ITmedia ビジネスオンライン
|
日本出版販売とトーハンが流面での協業の検討を始めた。両社の物流拠点を相互活用・統廃合する案を中心に着地点を探る。競合同士が手を組むため、独占禁止法の順守にも留意する。
4Picks
トーハンとメディアドゥ、NFTの「デジタル付録」を書店で展開へ
ITmedia ビジネスオンライン
|
トーハンとメディアドゥは4月12日、NFTを活用した「デジタル付録」のサービスを開始すると発表した。紙の書籍に限定版デジタル付録をNFTとして付与し、書店で販売することを想定する。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館と施策を検討中。
4Picks
書店とコワーキングスペースは親和性が高い--出版取次のトーハンが新事業に乗り出す狙い
CNET Japan
|
出版物の取次販売などを手掛けるトーハンは、新規事業となる時間課金制のカフェ型コワーキングスペース「HAKADORU」の展開を開始。1号店となる「HAKADORU虎ノ門店」を3月26日にオープン。カフェとコワーキングスペースのいいとこどりをしたコンセプトで、なぜトーハンが新事業として乗り出した理由について説明された。
4Picks
日販、トーハン/出版物売上ピークから半減、物流協業を検討
流通ニュース
|
日本出版販売は11月19日、トーハンとの間で、両社における物流協業の検討を開始すると発表した。 基本合意書を11月7日に締結し、両社よりメンバーを選出、プロジェクトチームを発足する。 両社は、4月19日から公正取引委員会 […]
4Picks
出版取次大手の日販とトーハンが物流協業へ。拠点統廃合など検討
Impress Watch
|
出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンが、物流協業に関する検討を開始することで合意した。両社よりメンバーを選出し、プロジェクトチームを発足。両社の物流拠点の相互活用や統廃合を中心に出版流通の合理化に向けた物流協業について検討する。
4Picks
朝の読書、2018年度に読まれた本は?トーハンが結果発表
リセマム
|
トーハンは2019年5月15日、朝の読書推進協議会の調査による「2018年度『朝の読書』で読まれた本」を発表。2018年度は、定番の「かいけつゾロリ」「おしりたんてい」シリーズのほか、「5分」シリーズや「ざんねんないきもの事典」シリーズなども人気となっている。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ