新着Pick
SPD3PMSAND525L70

Facebook Inc

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
1601 Willow Road Menlo Park California United States
+1 650 543-4800
詳細を見る
概要
2004年にマーク・ザッカーバーグと、ザッカーバーグのハーバード大学のルームメイトまたは同級生だったエドゥアルド・サベリンと創業、その後アンドリュー・マッコーラム、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズなどが加わった。当初は、会員はハーバード大学のドメインのメイルアドレスを持つ学生に限定されていたが、ボストン地域の大学、アイビーリーグの大学、スタンフォード大学へと対象が拡大されていった。徐々に様々な大学の学生も対象に加わり、やがて高校生にも開放され、最終的には13歳以上のすべての人に開放された。現在のFacebookでは、ユーザー登録時に13歳以上であることを宣言すれば誰でも会員になれる。

サイトの利用前に必要なユーザー登録を行うと、個人プロファイルの作成、他のユーザーをフレンドに追加、メッセージの交換、プロファイル更新時の自動通知の受信を行うことができる。加えて、ユーザーは共通の関心を持つユーザーグループへ参加することができるようになる。ユーザーグループは、会社、学校・大学、他の属性で分類されている。フレンドを「職場の同僚」、「親しい友人」といったリストに入れて分類することができる。

2012年9月に、Facebookのアクティブユーザー数は10億人を超えた。そのうち、8.7%は偽物である。2011年5月のコンシューマー・レポートの調査によると、サービスの利用規約に違反する13歳未満の子供のユーザーが750万人、10歳未満の子供のユーザーが501万人いる。2012年において、Facebookは180ペタバイトのデータを持ち、24時間毎に0.5ペタバイトのデータが増加している。

2005年5月に、Accel Partnersは1,270万ドルをFacebookに投資し、Jim Breyerは個人資金から100万ドルをAccel Partnersの投資資金に追加した。2009年1月のCompete.comによる調査 は、ワールドワイドな月間アクティブユーザー数によるランキングで、Facebookを最も利用されているソーシャル・ネットワーキング・サービスにランクした。Entertainment Weeklyは、過去10年間の"ベスト"リストにFacebookを選び、「Facebookが存在する前の世界は、どうやって元カノにこっそりつきまとったり、会社の同僚の誕生日を忘れないようにしたり、友人をむかつかせたり、Scrabulousみたいな熱狂的なゲームをプレイしていたんだろう?」と述べている。2012年2月1日にFacebookは最初の株式公開を行い、カリフォルニア州メンローパークに本部を移転した。Facebookは、2012年5月18日からNASDAQ市場で株式の売却を開始した。2012年の売り上げ51億ドルによって、Facebookは2013年5月に発行されたフォーチュン500で462位にランクされ、初めてフォーチュン500に選ばれた。2012年、ウェビー賞を受賞。
2016年第二四半期は営業利益2830億円、前年同期比116%増となった。月間利用17億1200万人(同社子会社インスタグラムは月間5億人)

当初は学生のみに限定していたが、2006年9月26日以降は一般にも開放された。日本語版は2008年に公開。実名登録制となっており、個人情報の登録も必要となっている。

公開後、急速にユーザー数を増やし、2010年にサイトのアクセス数がGoogleを抜き話題になる。2011年9月、世界中に8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSになった。2012年10月に、10億人を突破。


カスタマイズ性の点においては、基本的にプレーンテキストのみに対応しているが、Ajaxに対応していたり、自分の好きなアプリケーション(アプリ)を選択して追加できたりするなど、最新の技術に対応している。これらアプリケーションは、Facebookが開発したものよりも、一般のユーザーが開発したものが多い。一般ユーザが様々なアプリケーションを開発し、Facebookのツールとして公開できることで、Facebookはそれ自身が持ち備えている性能を超えてサービスを提供することができる。

また、モバイル端末にも対応しており、BlackBerryやAndroidなどでは専用ウィジェットが用意され、iPhoneやiPod touchに搭載されたSafariでアクセスすると、専用画面でサービスを提供している。iPhone、iPadなどのiOS搭載端末や、Android用のアプリも別途用意されている。

中古品売却や住宅・求人など様々な募集広告を出せる「Facebook Marketplace」、他のユーザーに直接メッセージを送ることのできる機能もある。また、写真や動画のアップロード(Facebook Video)にも対応している。容量制限はない。604ピクセルを超える写真に関しては、長辺が604ピクセルになるよう縮小される。Facebook内の専用ページや外部サイトでの購買活動と連動して、自分の友人が何を買ったか、どの映画や音楽を高評価したかなどの形で広告が出る「Social Ads」もある。
代表者
Mark Elliot Zuckerberg (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
2004
従業員数
39,651 人
上場年月日
2012-05-18
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
57Picks
暗号通貨に暗雲、SECがTelegramの17億ドルトークン売り出しを禁止
TechCrunch Japan
|
暗号通貨(仮想通貨)の暗いニュースが止まらない。米国証券取引委員会は緊急措置を申請し、Telegram(テレグラム)がブロックチェーンで17億ドル(約1842億円)ぶんのトークンを売り出す計画に対する禁止命令が発行された。 今回のSECの行動に先立ち、Facebookが計画する暗号通貨であるLibraを支援する企業提携から脱退が相次いでいた。 関連記事:FacebookのLibra Asso...
2Picks
Facebookの仮想通貨「Libra」から続々パートナー企業が離脱
GIGAZINE
|
2019年10月4日、Facebookが提唱する新しい仮想通貨「Libra」を運営するために設立された「Libra協会」に加盟するパートナー企業から、初めて離脱社が出ました。それから1週間が経過して、さらにVisa、Mastercard、eBay、Stripe、Mercado Pagoといった企業が一斉に離脱することが明らかになっています。
39Picks
来年7月にリブラ規制の最終報告 金融安定理事会が表明
共同通信
|
来年7月にリブラ規制の最終報告 【ロンドン共同】世界の金融システム監視を担う金融安定理事会(FSB)は13日、米フェイスブックが発行...
11Picks
暗号通貨「リブラ」、米イーベイやビザが運営協会を脱退
Reuters
|
[11日 ロイター] - 米クレジットカード大手のマスターカード<MA.N>やビザ<V.N>が11日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」を脱退すると発表した。
152Picks
【1週間要約】シリコンバレーで「婚前契約」が今増える理由
NewsPicks編集部
|
今週1週間、アメリカのシリコンバレーでは何が起きたのか?忙しい読者が簡単に1週間をおさらいできるよう、現地のトピックを5つに絞ってダイジェストでお届けする。今週は、フェイスブック率いる仮想通貨「...
25Picks
クレジット大手リブラ離脱 各国当局、資金洗浄懸念
共同通信
|
クレジット大手リブラ離脱 【ニューヨーク共同】米クレジットカード大手のビザやマスターカードなどが、交流サイト大手フェイスブック...
145Picks
リブラ離れ相次ぐ、ビザ・マスター・イーベイも
The Wall Street Journal
|
米クレジットカード大手マスターカードとビザ、インターネット競売大手イーベイ、オンライン決済のストライプは、フェイスブックが暗号資産(仮想通貨)の「リブラ」をベースとする世界的な決済ネットワーク導入を目指して立ち上げた運営団体から撤退...
32Picks
フェイスブックの「メッセージ暗号化」が問題視される理由
Forbes JAPAN
|
フェイスブックは、利用者のデータを乱用したことで世界中から非難を浴びているが、そのフェイスブックが、政府による個人データへのアクセスを防ぐ最後の砦になっていることは皮肉としか言いようがない。米英などの政府は、当局がコンテンツにアクセスするた・・・
14Picks
「いいね!」数のわからないSNSを、あなたは受け入れられますか | 松村太郎の「FAANGウォッチ」
クーリエ・ジャポン
|
世界に多大な影響をもたらすFAANG(ファング。フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの総称)の最新の動向を分析する本連載。今週は、フェイスブックが作りあげた「いいね!」という“SNSの評価軸”を自ら一新しようとしている意図について解説する。シリコンバレーの都市、メンロパークに本拠地を構えるフェイスブック。もともとサン・マイクロシステムズのキャンパスだった場所を本社屋として
61Picks
フェイスブックCEO、米下院で23日に証言 リブラ計画巡り
Reuters
|
[ワシントン 9日 ロイター] - 米議会下院金融サービス委員会は9日、交流サイト最大手フェイスブック<FB.O>のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が23日の公聴会で証言すると明らかにした。同社が主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」や同社の広告ポリシーなどに関する質問に応じる。
12Picks
中国・習近平が狙う「仮想通貨」の覇権、米国をしのぐヤバすぎる思惑
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
中国政府が独自のデジタル通貨を発行することがほぼ確実な情勢となってきた。米国政府は米フェイスブックの仮想通貨「リブラ」について「国家安全保障上の問題(ムニューシン財務長官)」とまで言及。表面的には敵意をむき出しにしているが、水面下では次世代の通貨覇権の確立に向けた激しい駆け引きが始まっている。
19Picks
米ペイパル、暗号通貨「リブラ」運営協会を脱退へ
Reuters
|
[ワシントン 4日 ロイター] - 米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は4日、米フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」から脱退すると発表した。自社のコア事業に注力するという。
390Picks
米ペイパル、「リブラ」脱退 フェイスブックの仮想通貨
共同通信
|
米ペイパル、「リブラ」脱退 【ニューヨーク共同】米決済サービス大手ペイパルは4日、米交流サイト大手フェイスブックが発行を計画する...
164Picks
10年間好調だった米主要IT5社、今後はどうなる
Forbes JAPAN
|
米主要IT企業5社を表す「FAANG」(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグルの頭文字をとった略称)は、アメリカ人たちの日常的なオンライン活動において、かなりの割合を占めている。10年前からずっと事業拡大を続けてきた・・・
10Picks
「ディープフェイク」とは何か?AI技術やフェイクポルノとはどう関係しているのか?
ビジネス+IT
|
今年6月、ある美術展に関連し、フェイスブック CEO マーク・ザッカーバーグ氏、米国大統領 ドナルド・トランプ氏らの偽動画が公開された。こうした動画は「ディープフェイク」と呼ばれ、注目を浴びている。同時に、あまりに本物そっくりなので、社会問題になりつつある。ディープフェイクとはどういったもので、どんな可能性を秘めているのか。タイ・VISTEC(Vidyasirimedhi Institute...
361Picks
Instagramの「親しい友達」とだけ繋がれる新アプリ「Threads」 自動ステータス付き
ITmedia NEWS
|
Facebookが、新アプリ「Threads」を公開した。Instagramで設定した「親しい友達」とだけストーリーを共有するためのアプリだ。絵文字の「自動ステータス」(オプトイン機能)で「移動中」「カフェ」などの自分の状態を表示することもできる。
17Picks
PayPal、リブラ協会から脱退か——ビザ、マスターカードに続く不穏な動向
CoinDesk Japan
|
フェイスブック(Facebook)が主導する仮想通貨「リブラ」プロジェクトを推進する、リブラ協会(Libra Association)から創設メンバーの1社が、脱退するかもしれない。 フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)が10月3日(現地時間)に報じたところによると、決済サービス提供企業のペイパル(PayPal)は、リブラがここ数カ月間受けてきた規制当局による反発もあり...
27Picks
インスタやFBが「AR蚊の群れフィルター」をリリース、そのワケは?
MoguraVR
|
インスタグラムやフェイスブックの「フィルター」機能は、自撮りをカッコよく仕上げたり、あるいはデザートの写真を彩 […]
163Picks
FB違法投稿の削除命令、世界各国に適用可能 EU最高裁が判断
Reuters
|
[ブリュッセル 3日 ロイター] - 欧州連合(EU)の最高裁判所である欧州司法裁判所(CJEU)は3日、EU加盟国の裁判官が米フェイスブック<FB.O>に対し世界各国の違法なコンテンツの削除を命令できるとの判断を下した。
209Picks
【Instagram】グローバルでのブランド認知向上施策
<PR>MarkeZine
|
[提供:Facebook Japan] 月間アクティブアカウント数が10億を超えるInstagramは、国外ユーザーにもリーチできる場です。全日本空輸で海外ユーザー向けにおいてどのようにブランデ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ