新着Pick
SPD3O1U73D3VNGWO

ソニー 株式会社

代表者
代表執行役 吉田 憲一郎
設立年月日
1946-05-07
従業員数
111,700 人
上場年月日
1958-12-01
平均年齢
42 歳
平均年収
10,571,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
ソニーは「第2のテスラ」になれるのか!? ソニー製のEVが東京で公道走行開始へ
VAGUE
|
ソニーは2020年7月27日、東京都内で電気自動車(EV)の試作モデル、「VISION-S」を公開した。2020年度中に日本の公道で走行実験を予定しているという。現時点では販売の計画はないというが、現時点での作り込みを見ると、すぐにでも市販化されてもおかしくないレベルだ。ソニーは「第2のテスラ」になることができるのだろうか。
3Picks
ソニーがEV公開=年度内に公道試験
時事通信社
|
 ソニーは7日、電気自動車(EV)「VISION―S」の試作車を東京都内の本社で報道陣に公開した。流線形のボディーが特徴の4人乗りクーペ。市販予定はないが、今年度内に複数台のEVを開発し、公道で...
10Picks
「カメラ事業売却」の衝撃 業務提携中のオリンパスとソニー、祖業を巡る両社の分岐点とは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
カメラ映像事業の売却を発表したオリンパス。好対照なのが、業務提携関係にあるソニーだ。コロナ対応を巡る両社の分岐点とは?
8Picks
ソニー最強のノイキャンヘッドホンがAIで進化! WH-1000XM4は便利&高音質、もはやプライスレス
ギズモード・ジャパン
|
Photo:西谷茂リチャード業界でも最強クラスと名高いソニー製ノイキャンヘッドホンWH-1000XM3。その後継機としてWH-1000XM4が発表されました。M3でよかったところは(ほとんど)そのままに、M4ではノイキャン、音質、便利機能、デザイン性などががさらに向上しています。数十分ほど試用する機会があったので、その時の体験を交えながらM4の進化ポイントをご紹介!ソニー製チップ&アルゴリズムの新
3Picks
任天堂&ソニーがにっこり。連日連夜のおこもり日によりゲーム業界絶好調期に
ギズモード・ジャパン
|
Image:JoeBuglewicz/Gettyimages中古ハードの買取相場も上がってるんですよ。不要不急の外出は極力避けておこもりして、というこの時代。足を運ばなくてはならない外食産業や、ライブ・エンタメ業界は極めて厳しい現実にさらされています。新型コロナ禍によって、ビジネスのスキームを一変せざるをえない事態が浮き彫りすぎる今日このごろ。しかし、映画・ドラマのサブスクやゲームなど、ご自宅で楽
13Picks
JAXA・東大と宇宙事業に挑むソニーの狙い
ニュースイッチ
|
ソニーと宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大学は5日、「宇宙感動体験事業」の創出に向けた共同開発・技術実証契約を結んだと発表した。ソニーのカメラ機器を搭載した人工衛星の共同開発を始める。地上からリアルタイムで遠隔操作できるカメラシステムを人工衛星に構築する。撮影した宇宙空間の映像を地上に届けることを目指す。 同事業はソニーが主体となって技術実証と事業探索を行い、東大とJAXAが技術や検討...
1Pick
ソニーがEV公開 年度内に公道試験:時事ドットコム
時事ドットコム
|
ソニーは7日、電気自動車(EV)「VISION―S」の試作車を東京都内の本社で報道陣に公開した。流線形のボディーが特徴の4人乗りクーペ。市販予定はないが、今年度内に複数台のEVを開発し、公道での走行試験を国内や欧米で行う計画だ。 試作車には計33個のセンサーを搭載。周囲の車両の動きなどを検知し、加減速やハンドル操作を支援する。座席に自社製スピーカーを内蔵。休憩時には、前席だけでなく後席にも配...
3Picks
ソニー、ノイキャンヘッドホンWH-1000XM4発表 テレワーク向け機能搭載
Engadget 日本版
|
ソニーは、ノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」を9月4日に発売します。市場想定価格は税別4万円です。 現行モデル「WH-1000XM3」の後継機にあたる製品で、ノイズキャンセリングやハイレゾ級の高音質などに加え、AI(人工知能)を活用した機能を新たに搭載したことがポイントです。 ノイズキャンセリング性能については、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー...
3Picks
ソニー、さらなる静寂を実現するノイキャンヘッドホン「WH-1000XM4」--発話検知で音楽ストップも
CNET Japan
|
ソニーは、ノイズキャンセル機能を搭載したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」を発表した。ノイズキャンセリング機能をさらに高めたほか、ヘッドホンを外さず会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」など便利な機能を備える。
2Picks
ソニー、会話するときだけ外音を自動取り込みできるヘッドフォン ノイキャン性能も進化
ITmedia NEWS
|
ソニーがノイズキャンセリングやユーザーの声を検知して他人と会話したいときだけ外音を取り込む機能を搭載したヘッドフォン「WH-1000XM4」を発売する。店頭予想価格は4万円前後(税別)。
64Picks
ソニー、カメラ付き人工衛星開発へ リアルタイム宇宙映像をエンタメ活用 東大、JAXAと共同で
ITmedia NEWS
|
ソニー、東京大学、JAXAが、ソニーのカメラを搭載した人工衛星の共同開発を始める。
47Picks
マネックス松本社長が20年を振り返る、「人を活かす」スタートアップ投資の本質
INITIAL
|
マネックスグループ代表の松本大氏は、起業家として、また投資家として20年以上日本のスタートアップの最前線に立ってきた人物の一人だ。 東京大学卒業後、ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに入社。同社史上最年少でゼネラル・パートナーに就任する。その後はソニーとの共同出資でマネックス証券を設立。2000年には設立わずか2年目に東証マザーズ上場を果たした。 また、これまで金融審議会専門委...
2Picks
ソニー、装着したまま人と話せるNC/BTヘッドフォン「WH-1000XM4」
AV Watch
|
ソニーは、ノイズキャンセリング(NC)機能付きBluetoothヘッドフォンの新モデル「WH-1000XM4」を9月4日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。カラーはブラックとプラチナシルバーを用意する。
4Picks
任天堂、カプコン、ソニー 巣ごもりで絶好調のゲーム業界、活況いつまで続く
産経ニュース
|
任天堂が6日に発表した令和2年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期の約2・1倍にあたる3581億円、最終利益が約6・4倍の1064億円と大幅な増収増益となった。新型コロナウイルスの影響で多くの業界が苦境に陥る中、「巣ごもり需要」をとらえたゲーム関連各社の業績には好調な数字が踊る。新型コロナの収束が見えないなか、ゲーム業界の活況はまだまだ続きそうだ。
268Picks
ソニー、今期26.7%の営業減益に スマホ向けセンサーがブレーキ
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - ソニー<6758.T>は4日、2021年3月期の連結営業利益(米国基準)が前年比26.7%減の6200億円になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの影響でスマートフォン市場が変調、そこに供給している主力のイメージセンサーが減速している。十時裕樹副社長兼CFOは「変化に適応し、危機を機会と捉えていく」と、戦略の調整を進める考えを示した。
14Picks
ソニーとサムスン、イメージセンサーのシェア差が40%→20%まで縮小
コリア・エレクトロニクス
|
イメージセンサーをめぐるソニーとサムスンのシェアが縮小している。 3日、韓国経済新聞は市場調査会社オムディアの調査結果を基に、ソニーとサムスン電子の「CMOSイメージセンサー」のシェア格差が大きく縮小しており、昨年第3四半期56.2%まで上昇したソニーのグローバルイメージセンサーの市場シェアは、今年第2四半期(推定値)は42.5%となり13.7%下落したと報じた。一方で、同期間の世界第2位サムスン
2Picks
ソニーの最上位ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」発売 ── マイク性能向上でテレワーク需要も狙う
Business Insider Japan
|
ソニーは8月7日、新型ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」を発表した。WH-1000XM4は、耳を覆うオーバーイヤー型のヘッドホン。強力なデジタルノイズキャンセリング(以下、ノイキャン)性能とワイヤレスながらも圧縮音源をハイレゾ音源相当まで引き上げるアップコンバート機能などを搭載する最上位機...
9Picks
ソニー、東大・JAXAと人工衛星を共同開発へ
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - ソニー<6758.T>、東京大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、「宇宙感動体験事業」の創出に向けた共同開発・技術実証契約を締結し、ソニーのカメラ機器を搭載した人工衛星の共同開発を開始すると発表した。
1Pick
ソニー、人感センサで家電操作できるスピーカー搭載LED照明
AV Watch
|
ソニーネットワークコミュニケーションズは、「マルチファンクションライト」の新製品として、人感センサーを使ったモーション操作に対応したハイエンドモデル「MFL-2000S」を8月21日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は47,000円前後。発売に先駆け、7日より予約受付を開始する。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ