新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3M6H12EY8KG5G

共和薬品工業株式会社

共和薬品工業株式会社(きょうわやくひんこうぎょう)は、大阪市北区に本社を置くジェネリック医薬品メーカー。 ウィキペディア
大阪府大阪市北区中之島3丁目2番4号 中之島フェスティバルタワーウエスト27階
詳細を見る
概要
・代表者:代表取締役社長 角田礼昭
・所在地
 ・本社:大阪市北区中之島3丁目2番4号中之島フェスティバルタワーウエスト27階
 ・工場:兵庫県三田市テクノパーク11-1・鳥取県鳥取市南吉方3-201-2
 ・研究所:兵庫県三田市ゆりのき台6-7-2
代表者
代表取締役社長 角田礼昭
設立年月日
1954-01-29
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
認知症診断にAI活用、10分程度の会話で機能障害や重症度を判定
Ledge.ai
|
共和薬品工業株式会社と株式会社FRONTEOが業務提携に関わる基本合意書を締結した。これは、認知症診断支援システムに関するものだ。認知症診断支援システムはFRONTEO独自の自然言語解析AIを使い、患者と医師との間の5〜10分程度の会話から認知機能障害の有無や重症度を判定することを期待されているシステムである。
6Picks
自然な会話からAIが認知症診断をサポート--共和薬品とFRONTEO、事業提携契約
CNET Japan
|
共和薬品工業とFRONTEOは6月3日、認知症診断支援AIシステム(医療機器)に関し、事業提携契約を締結したと発表した。
4Picks
日本マイクロソフトがFRONTEOと協業 “認知症診断AI”の基盤にAzure提供
ITmedia NEWS
|
日本マイクロソフトがFRONTEOと医療向けITの分野で協業。医療機関の負担増を防ぐソリューションなどを共同開発する。FRONTEOが共和薬品工業と組んで進めている、AIを活用した認知症の診断支援システムの開発にも協力する。
3Picks
自然言語AIのFRONTEO、日本マイクロソフトと協業を開始
週刊BCN+
|
自然言語処理を得意とするAIソリューションを提供するFRONTEO(守本正宏社長)は10月19日、高齢化による医療・介護リスクへの対応と、それらの課題解決につながるソリューションの提供に向けて日本マイクロソフトと協業を開始すると発表した。協業の第1弾として、FRONTEOが共和薬品とともに開発している「認知症診断支援AIシステム」を「Microsoft Azure」で構築する。
3Picks
【共和薬品工業】塩野義から長期収載品を承継
HEADLINE NEWS – 薬事日報ウェブサイト
|
3Picks
本社を移転 共和薬品工業
人事・組織 – 薬事日報ウェブサイト
|
3Picks
【人事】1日付共和薬品
薬事日報ウェブサイト » 人事・組織 : 薬事日報ウェブサイト
|
アイロム製薬代表取締役社長=鈴木聡
3Picks
2日付で本社を移転アイロム製薬
薬事日報ウェブサイト » 人事・組織 : 薬事日報ウェブサイト
|
共和薬品工業子会社のアイロム製薬=2日付で本社を移転する。 本社東京オフィスとして医薬営業本部を、〒112‐0006東京都文京区小日向4の2の8三井生命文京小日向ビル8階に移転。TEL03・5840・5141、FAX...
3Picks
新社長に角田礼昭氏 共和薬品工業
薬事日報ウェブサイト» 人事・組織 : 薬事日報ウェブサイト
|
共和薬品工業は10日、代表取締役社長の渡邉健二氏が6月1日付で取締役を退任し、新たな代表取締役社長として角田礼昭(つのだ・のりあき)氏が就任する役員人事を内定した。同日開催の株主総会と取締役会を経て正 [...]
2Picks
5~10分程度の日常会話から認知症を見抜くAIシステムが開発へ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
共和薬品工業株式会社と株式会社FRONTEOは6月3日、認知症診断支援AIシステムの開発・販売に向けて、事業提携契約を締結したことを発表した。認知症診断支援AIシステムはFRONTEO独自の自然言…
2Picks
共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
ITmedia NEWS
|
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。
2Picks
新薬開発難航の認知症 製薬各社、デジタルソリューションを開発
製薬業界の転職サイト Answers(アンサーズ)
|
新薬開発が難航する認知症の分野で、製薬各社がデジタルソリューションの開発を進めています。エーザイは認知機能のセルフチェックツールを発売。大日本住友製薬や共和薬品工業をはじめ、国内外で取り組みが広がっています。
2Picks
共和薬品がデジタル技術とヘルスケアを融合、患者個人にあった治療に活かす
ニュースイッチ
|
共和薬品工業(大阪市北区、角田礼昭社長、06・6121・6450)は、4月にデジタル技術とヘルスケアを融合し、新しい製品やサービスの開発を推進する新部署を社内に設置する。同社の中枢神経系に関する知見と外部からデジタルなどの専門性を取り入れ、医薬品では解決できない疾患の治療に結びつける。 デジタル技術を活用し、患者個人に合った治療を施す個別化医療の実現を目指す。新部署が事務局の役割を担い、社内...
2Picks
AIで認知症診断を支援 医療現場での実用化に向け、FRONTEOと共和薬品が協業
ITmedia NEWS
|
医薬品販売の共和薬品工業とAIベンチャーのFRONTEOが、AIを活用した認知症診断支援システムの実用化に向けて協業すると発表。医療現場での早期実用化を目指す。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ